働く人の想い

+3

医療・研究分野の資金調達をサポートするキュレーターの“守り”の視点と“攻め”の戦略

READYFORには「キュレーター」と呼ばれるポジションがあります。 キュレーターとは、クラウドファンディングの実行者に伴走し、プロジェクトの立案から終了まで、成功に向けてサポートするプロジェクト専属担当者のこと。 “READYFORらしさ”を体現する、組織の中核ともいえる重要なポジションですが、裏方ゆえ、キュレーターが日々どんな戦略を立て、何に苦悩し、どのようにプロジェクトを成功に導いているのかは、あまり知られていません。 あのクラウドファンディングのムーブメントはいか

スキ
35
+10

リモートワークを前提とした組織の最適な働き方とは?人事・労務・コミュニケーション担当が1年を振り返る

2020年2月、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、READYFORではいち早く全社リモートワークを導入しました。 対面コミュニケーションを重視していた会社で、全社員フルリモートワークに移行。その背景では、在宅勤務手当の導入から、オンラインを中心としたコミュニケーション施策、新オフィスの検討まで、さまざまな取り組みがなされていました。 フルリモートワーク導入から1年以上。状況を変えながら長期化するコロナ禍、メンバーが増え組織が拡大するなかで、「新しい働き方」の構築に奔走

スキ
65
+4

「ITの知見と技術で、働き方をよりよく変えたい」コロナ禍で生まれた、“エンジニアリング×労務”の新しいポジション

「コーポレートITを手がけるエンジニアとして入社したつもりが、いつの間にかコーポレートITも労務も手がける新部署の責任者になっていました」 そう笑うのはREADYFORコーポレート部門の新セクション“ワークスタイルデザイン部”で部長を務める若林岳人さん。 ワークスタイルデザイン部とは、いったい何をする部署なのでしょうか。エンジニアだった若林さんが同部署での仕事にやりがいを感じる理由とは――? 若林さんのキャリアの軌跡をたどりながら、コロナ禍でさらに存在感を増すワークスタ

スキ
28
+1

個人の想いへの“共感”から、社会に対する切実な“祈り”をかたちに。コロナ以降のクラウドファンディング論

更新され続けるさまざまな数字と情報では、捉えきれない“わからなさ”が社会を覆った2020年。 混沌とする世の中で、SNSを機軸に広がった社会運動に呼応するように、コロナ禍のクラウドファンディングも、ある種の明確な訴えを携えて私たちの社会に、登場し続けました。 2020年、REDYFORのクラウドファンディングプロジェクトは歴代最高の支援者数・支援総額を更新。コロナ禍の社会において、この結果はどのような意味をもたらすのでしょうか。 そして、私たちが投じた“意思あるお金”は

スキ
91
+8

「想いをつなぎ、叶える未来を、つくる」READYFORのエンジニア組織のあり方を示すTech Vision誕生

READYFORでは、以前から「非エンジニア/エンジニア」と職種で線引きせず、ビジネスとエンジニアリングが融合する組織づくりに励んできました。エンジニアリングが組織全体に広がっている状態=「乳化」を目指しています。 そんなエンジニアチームのあり方を会社のビジョンにつなげて言語化し、社内外に伝えていくためにつくられたのがREADYFORのTech Visionです。 「想いをつなぎ、叶える未来を、つくる」 そもそもなぜREADYFORのTech visionをつくろうと思

スキ
28
+2

「みんなでつなぐ」支援をかたちに。コロナ基金を支えたREADYFORの想いと挑戦

2020年4月3日、「READYFOR」のサイトに「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(以下、コロナ基金)」が立ち上がりました。 コロナ基金は、新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 有志の会が主体となり、公益財団法人東京コミュニティー財団の協力を得て発足したものです。READYFORが運営事務局を担い、支援の募集を開始しました。 7月28日現在、20,574人のみなさまから、838,110,500円と、国内購入型・寄付型クラウドファンディングサービス史上最高

スキ
55
+6

子どもと一緒のリモートワーク、どうしてる? 在宅で子育てしながら働くメンバーのリアル

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言の影響で、在宅勤務・リモートワークが推奨される状態が続いています。 同時に、多くの保育園・学校が休園・休校となり、「家で働きながら、子どもと過ごす」という、これまでにない経験をしているご家庭も多いと思います。 本日、緊急事態宣言が全面的に解除される予定ですが、それでも今後の見通しは立ちにくく、仕事も育児も、“これまで通り”に戻るには、まだ少し時間を要するでしょう。 2月26日からいち早く全社リモートワークを導入したREADYF

スキ
69
+6

人生の転機にREADYFORがあったから前を向けた。シングルマザーの小さな挑戦

人生のなかで予期できない悲しみに襲われても、前を向いて人は進んでいける。 そんな話を聞かせてくれたのが、プロジェクトを実行した後、2018年3月からパートタイムでREADYFORの相談対応チームで働く松浦元子さんです。 松浦さんは夫の仕事の関係でパレスチナとパキスタンに駐在していた頃、READYFORを知り、二度に渡ってクラウドファンディングに挑戦しました。そんな中突然訪れた、予期せぬ夫の死、振ってきた転機。 「READYFORで働きたい」 その想いは“絶望”の最中に

スキ
50
+6

全社フルリモートを導入、コロナ対策として人事・組織ができること

こんにちは、READYFORで人事担当をしている吉川です。2019年10月に中途入社し、人事制度設計や組織開発を担当しています。 今、世の中が新型コロナで大きく揺れていますが、その影響で会社の雰囲気にも変化が起きているなと思うこと、ありませんか? 私たちREADYFORも、全社フルリモートを導入してみて「新たな発見」があり、この変化をどう乗り越えていくか、試行錯誤しているところです。 まだその最中にいますが、コロナ対策として、人事・組織の面からどう動いてきたかについて振り

スキ
70
+5

リモートワークは甘くない。結婚・引越しを機に職場を離れて働く私のセブンルール

はじめまして、READYFOR採用担当の大竹萌音です。キュレーター、事業企画を経て、現在は採用チームにて宮城と東京を行き来するフルリモート社員として働いています。 新型コロナウイルスの影響で、一気にリモートワーク人口が増え、フルリモートを本格的に導入・検討している企業も多いと思います。そこで今回は、フルリモートになって4ヵ月が経過した今だから伝えられる視点や気づき、大事にしているマインドをお伝えします。 「ここで働きたい!」という強い想いで入社まずは簡単に自己紹介を。私が

スキ
85