伊東昌美のもっと!保健体育 第十一回 「ロルフィング®・大久保圭祐先生」

伊東昌美のもっと!保健体育 第十一回 「ロルフィング®・大久保圭祐先生」

この記事は無料です。 中学生の時、保健体育はナゾでした。なんとなくエッチな感じがあって、でも真面目な顔をして先生は講義をしているし……。 その当時から体育が大好きだった私は、いまでも身体のことに興味があります。ただ、その頃のナゾだとかエッチな感じだとかそんな曖昧なことではなく、もっと身体のことを知って、大人になった今だからこそ、改めてこれからの人生を一緒に生きていく自分の身体と、もっと仲よくつきあいたいと考えています。 そこでこの連載では、私・伊東昌美が身体についてのセ

スキ
1
対談 藤田一照×伊東昌美 『生きる稽古 死ぬ稽古』出版記念イベント01

対談 藤田一照×伊東昌美 『生きる稽古 死ぬ稽古』出版記念イベント01

藤田一照、伊東昌美2017年8月17日(木)、新刊『生きる稽古 死ぬ稽古』発刊記念イベントが東京・八重洲ブックセンターにて開催されました。 こちらでは著者である藤田一照先生と伊東昌美さんが、【生と死の不思議を笑って語ろう】というテーマで、本書のできた成り立ちと、そのなかで見えてきた遠くて近い生と死とどう向かい合えば良いのかについてお話しいただきました。 コ2では、当日の模様を連載でお届けします。 また本でも使われている、3年弱の取材の間に撮影された茅山荘でのお写真も紹介し

伊東昌美のもっと!保健体育 第十回 「ひびきと対話」開発者・福島千種先生

伊東昌美のもっと!保健体育 第十回 「ひびきと対話」開発者・福島千種先生

この記事は有料です。 中学生の時、保健体育はナゾでした。なんとなくエッチな感じがあって、でも真面目な顔をして先生は講義をしているし……。 その当時から体育が大好きだった私は、いまでも身体のことに興味があります。ただ、その頃のナゾだとかエッチな感じだとかそんな曖昧なことではなく、もっと身体のことを知って、大人になった今だからこそ、改めてこれからの人生を一緒に生きていく自分の身体と、もっと仲よくつきあいたいと考えています。 そこでこの連載では、私・伊東昌美が身体についてのセ

有料
150
もっと!保健体育 第九回 「進化論的身体ワーク(ESW、愛称:アニマル進化体操)・田中ちさこ先生」

もっと!保健体育 第九回 「進化論的身体ワーク(ESW、愛称:アニマル進化体操)・田中ちさこ先生」

この記事は有料です。 中学生の時、保健体育はナゾでした。なんとなくエッチな感じがあって、でも真面目な顔をして先生は講義をしているし……。 その当時から体育が大好きだった私は、いまでも身体のことに興味があります。ただ、その頃のナゾだとかエッチな感じだとかそんな曖昧なことではなく、もっと身体のことを知って、大人になった今だからこそ、改めてこれからの人生を一緒に生きていく自分の身体と、もっと仲よくつきあいたいと考えています。 そこでこの連載では、私・伊東昌美が身体についてのセ

スキ
2
有料
150
もっと!保健体育 第八回 「ソマティック・エクスペリエンス(SE)・藤原ちえこ先生」

もっと!保健体育 第八回 「ソマティック・エクスペリエンス(SE)・藤原ちえこ先生」

この記事は無料です。 中学生の時、保健体育はナゾでした。なんとなくエッチな感じがあって、でも真面目な顔をして先生は講義をしているし……。 その当時から体育が大好きだった私は、いまでも身体のことに興味があります。ただ、その頃のナゾだとかエッチな感じだとかそんな曖昧なことではなく、もっと身体のことを知って、大人になった今だからこそ、改めてこれからの人生を一緒に生きていく自分の身体と、もっと仲よくつきあいたいと考えています。 そこでこの連載では、私・伊東昌美が身体についてのセ

スキ
23
藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第十一回 死に対する構えを変える

藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第十一回 死に対する構えを変える

この記事は有料です。  イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第十一回は死に立ち会ってもなお、燃え尽きることのない身の処し方について。「GRACEプログラム」を例に、自分自身のコンディションの整え方のヒントが提示されます。 対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」 第十一回  死に対する構えを変える 語り●藤田

スキ
2
有料
150
藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第十回 「今を生きる」ことはできますか?

藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第十回 「今を生きる」ことはできますか?

この記事は有料です。  イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第十回は「今」の捉え方について。輪廻転生はあるか、ないか? という探求から始まったこの対話は、「全き生があって初めて、全き死がある」という生と死の本来のあり方へと、深まっていきます。 対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」 第十回  「今を生きる」こと

スキ
2
有料
150
藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第九回 魂ってなんですか?

藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第九回 魂ってなんですか?

この記事は有料です。  イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第九回は輪廻転生について、さらに深く掘り下げます。そのある/なしを論じることには「説得力がない」とおっしゃる一照さんの口から、生と死の境界線をごまかさない生き方について鋭い指摘が放たれます。 対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」 第九回  魂ってなん

有料
150
藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第八回 輪廻転生はある? ない?

藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第八回 輪廻転生はある? ない?

この記事は有料です。 イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第八回は輪廻転生について。仏陀が「無記」として答えなかったというこの存在は、ある/なしが問題ではありません。仏陀が本当に後世に伝えたことは何だったのかを考えます。 対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」 第八回  輪廻転生はある? ない? 語り●藤田一照、伊東

スキ
1
有料
150
藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第七回 「苦しみ」と「幸せ」の方程式

藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第七回 「苦しみ」と「幸せ」の方程式

この記事は有料です。 イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第七回は死ぬまでにおこなう“練習”について。苦しむか幸せになるかは、“あること”をするかで異なります。それをしない生き方を、死ぬまでに練習するのです。 対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」 第七回  「苦しみ」と「幸せ」の方程式 語り●藤田一照、伊

スキ
2
有料
150