丸顔めめ

谷原書店 丸顔めめ『スーパーベイビー』

谷原書店 丸顔めめ『スーパーベイビー』

谷原章介さんがおすすめの書籍を毎月紹介する「谷原書店」。 今月号はweb記事だけでなく、けさの朝日新聞朝刊にも載っています。 丸顔めめさんの漫画『スーパーベイビー』(芳文社)。 熊本出身のギャルと、冴えないスーパー店員の恋愛、夢、自己実現の物語。 谷原さんは「とにかくスカッとして、ほんわかしてじんわりします。皆さんとシェアしたい」と語っています。 https://book.asahi.com/article/14279085 #谷原書店 #谷原章介 #好書好日 #丸顔めめ

4
そのうち心臓が張り裂けるのかしら

そのうち心臓が張り裂けるのかしら

おはようございます。起きたのでもう朝です。 創外固定をつけて退院して、ほぼ寝たきりの状態の私はTSUTAYAプレミアムに登録した。一度に5本まで借りられる。それとスマホとかで映画やドラマ、アニメなんかも観られる。 テレ東系のドラマも無料(課金なしという意味で)で観られるのでとてもありがたい。テレ東系のない地域に住んでいるものなので。TBSは岩手さんの力を借りて観られるけどいずれ地方なので放送しないドラマとかもあるから、それもTSUTAYAプレミアムで観られて満足。キメツノ

3
にほんごはむずかしい。

にほんごはむずかしい。

  日本語って本当に難しいと思う。他言語もよくわかっていないのにアレだけど、、、同じ読み方でも変換を間違えるととんでもないことになるし、「てにをは」の使い方一文字で相手に与える印象も違う。正しい敬語が使えないと相手からがっかりされたりもする。難しいというか、もはや怖い。 なぜこんなことを書こうかと思ったかというと、よく行くマーラータン屋さんの店内看板に「辛さをお選んでください」と書いてあるのを見たから。ちなみに、「お選んで」の「お」には、白いテープが貼ってある。。きっと、丁

154
カースト下層の暗黒の民が読んで興奮した「令和版身分違いの恋」『スーパーベイビー』

カースト下層の暗黒の民が読んで興奮した「令和版身分違いの恋」『スーパーベイビー』

陰キャと陽キャが出会い、惹かれ合ったら……。 最近「自粛警察」という言葉をあちらこちらで見かけますが、誰しも心になんらかの警察を飼っているのではないか、と竹谷は思います。 こと竹谷に関しては、まず「国語警察」を飼っています。 たとえば、「足元をすくう」という表現を見聞きする度「すくうのは足元じゃなくて足なのになあ」とモヤモヤします。 また、「陽キャ警察」でもあります。書いていて少し悲しくなりますが、竹谷は混じりっけなしの高純度陰キャなので、会う方々から陽キャ素粒子の放

17