上原拓郎

僕には感謝する恩師がいます #はじめてのJリーグ 上原拓郎

僕には感謝する恩師がいます #はじめてのJリーグ 上原拓郎

将来の夢はプロサッカー選手と決めていた上原選手。しかし現実では大きな壁にぶつかります。その壁を乗り越えられたのは、お世話になっていた恩師の存在でした。夢をあきらめかけた時にかけられる恩師からの声。人との縁を大切にしてきた話を語ってくれました。 はじめてのJリーグと聞いて思い浮かぶエピソードをお聞かせください。 コンサドーレ札幌でルーキーの2014年に開幕スタメンで出場したジュビロ磐田戦を思い出します。 僕はゴン中山選手が大好きで、磐田と言ったらゴンさんというイメージが強

スキ
102