ロジカル

パズルみたいな話

こんばんは。さるしまジャックです。

今回はふわっとしていながら絡まった話です。
(なんじゃそりゃ 笑)
日中に読んでいただくほうがいいかもしれません。

仕事のとある事に対して
自分の気持ちのあり方を固めて
行動方針を定めたいのですが…、
なにか足りないのです。

頭の中のイメージをあらわすと、

1+1=3

1が足りないんです。
あくまで自分の仮説ですが、
3という結果(自分の気の持ち方)に

もっとみる
スキありがとうございます!これからもスキがいただけるよう尽力します。

頑固な理屈が恋愛で引き起こす問題

始めは奇妙に思える納得のいかぬ話かもしれませんが、私たちはパートナーと議論しているうちに、あまりにも合理的で、あまりにも論理的な話し方によって、激怒してしまうことがあります。

理性や論理を高く評価するのに私たちは慣れていますし、決して普段から証拠や合理性を敵視しているわけではありません。では、なぜこれらの話し方が愛の過程で問題になるのでしょうか?

注意深く観察し、十分に想像力を働かせて考えれば

もっとみる
ライフ・レッスンは克服を支援しています!
2

なんでもないこと

住宅ローンの低金利時代

5年前に話がされていたことは

5年後は必ず金利は上がる

.

..

...

えっ⁈絶対上がるって話は⁈

これは未来の予知に関して沢山の人が言ってても

信じられるものではないということ

これってすごく大切なことですよ

今現在の学校の教育は

労働者を生み出すためのもの

これは紛れも無い事実です

だから、事業を立ち上げて自分でなんとかしようなんて思わないの

もっとみる
読んで疲れたらカツ食べよう!
5

売ってはいけない 売らなくても儲かる仕組みを科学する まとめ

「売れる価格」よりも「売る価格」
「売れる価格で売らなければ」と値下げすると、価格目当ての顧客が集まるようになる。一方で、価格が下がりサービスが低下して雰囲気が悪くなると、優良客も静かに去っていく。
必要なのは自分が「売りたい価格」「売る価格」で売ることである。
その方法を考え抜くことが必要。
●価格は戦略とセットで考えろ

低価格戦略は、高価格戦略よりもはるかに難しい
「低価格と大量販売で成功で

もっとみる
スキありがとうございます!
8

MUPweek10論理的思考スキル 後編

※このブログはアウトプットブログになります。

続きになります。

サービス設計のながれ

データを元に物事を考えていく、そのベースがあることでサービス設計にはいります。このサービス設計にもそれぞれ分析を行いながら最終的にその市場に向けてサービスをリリースする流れがあります。以下のような流れでやっていきます。

3C分析 ➡️SWOT分析 ➡️4P分析 ➡️デプス調査 ➡️ ペルソナ設定➡️
市場

もっとみる
スキありがとうございます😊
1

売ってはいけない 売らなくても儲かる仕組みを科学する 2

言葉や情報を盛ると、売れなくなる
言葉や情報を盛りすぎると、逆に、伝える力は急激に弱まる。
本当に必要なのは、「盛る」のではなく、「削る」ことだ。
そのうえで、誰も語っていない、ありそうでなかったシンプルな言葉で表現すべきだ。
●本質を考え抜き、シンプルな言葉で伝えろ

このNGワードで、売ってはいけない
「私、私たち」…顧客に関係ない
「違い」…何が違うのかはっきりさせるべき
「ソリューション(

もっとみる
是非フォローもお願いします!
10

ロジカルというのを痛感した

こんにちは。鍼灸という人に鍼を刺せるという資格をとりにいってる学生の飯島渉琉です。毎日Twitterで発信させていただいていて、最近スタンドFMも投稿しています。

記事の構成として 事実→抽象→転用→まとめ となるように意識して作成してます。

昨日ある2つの出来事がありました。

1つはインターン候補先でSEOについてというテーマで、深ぼった質問攻めにあい、パニックって論点が見えなくなってしま

もっとみる
スキ押してくれてありがとうございます。スキ。
1

テレワークで減ったコミュニケーション雑談は思った以上に大切だった

在宅ワークが増え、
職場の人たちと雑談が減って困っている
という記事を見つけました。

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2010/08/news013.html

家で一人で仕事をしていると、
人との関わりもなくなって、
話す相手もいなくて、
なんだかさみしいし息が詰まりますよね。

今回のお話は、

『職場における雑談の大切さ』

について碇

もっとみる
涙がちょちょぎれるほどです。
1

ドイツ人から教わった論理の本質

#ロジカルシンキング の#研修 をすることがある。#ビジネス の#ロジシン 研修では、あまり論理学には触れず、#MECE やらフレームワークやらについて触れることが多い。論理を教える方法は様々あれど、僕は論理の部分について説明するときには論理的とはというところから入る。

論理的とは因果関係の話だけではない。論理的とは、筋道が通っていることだ。

ビジネスで特徴的なのは、相手がいる場合が多く、相手

もっとみる
読んでくれたんですね!ありがとう!
5

白桃円盤の終末世界を現実に見て、葛藤葛根湯エキス顆粒を七千杯飲んだ、四杯酢の無限エンドルフィンマシーン。

白桃円盤の終末世界が、もうすぐそこに来ている、結果なんだ。これは、世界の、歴史の結果なんだ。

パイプ椅子で繋いだドクドクと流れ出るマグマの溶岩石流も、ついには流れ出る。流れ出て、浄化される。転生して、浄化されるのだ。これは、世界の話だ。歴史の話だ。決して、世界の果ての話ではない。歴史の果ての話ではない。もう、世界の果てなのだ。歴史の果てなのだ。「?」マークが残る。

葛藤しているのかもしれない、

もっとみる
記事の閲覧もしてみてください!
16