メタルバタフライ

金属製蝶ネクタイ誕生のきっかけ。

今回は「Metal Butterfly」が誕生した経緯をお伝えしようと思います。
私達がなぜ金属で蝶ネクタイをつくることになったのか?
そしてなぜ蝶ネクタイがサプールと関係しているのか?
皆さんからご質問を頂くことが多かったトピックでもあったので、これからお話する内容は「Metal Butterfly」と「サプール」に関する私たちの物語です。

(コンゴで出会ったサプール達と)

プロローグ 日青

もっとみる
ありがとうございます!
10

ナイジェリアの激アツな"BOY"達(最新アフリカ音楽特集)

昨年から現代のアフリカンポップミュージックを巡り始めたアオキです。
色々な音楽を聴いていくうちにあることに気付きました。
それは「○○BOYっていうアーティスト名がナイジェリアに多い」ということ。
なぜ「○○BOY」が多いのかについては引き続き調査中なんですが、今日はその注目すべき4人の「BOY」を紹介させて頂きます!

Wizkid(a.k.a STARBOY)

言わずと知れた世界的アフリカン

もっとみる
励みになります!!
5

今聴きたいアフリカンミュージック

昨年9月にJICA横浜で開催されたTICAD7連携事業「アフリカ浴衣ランウェイ」でアフリカ音楽のBGMセレクト&DJを担当させて頂いたアオキです。

当日参加されてた何人かの女性の方から「さっきランウェイでかけてた曲教えてください!」という問い合わせを頂き、凄く嬉しかったことを思い出します。

その時の選曲について「いつかnoteに書いておきたい」と思いながら早4か月。今日ようやく記事を書くに至り

もっとみる
ありがとうございます!
21

2020年決戦 ❝和歌山❞

決戦だ。
この大会に出場する事が
来年のミッション。

第3回 日本社会人選手権水泳競技大会

競泳の実業団選手権。
あのテレビに出る有名選手も
出るのだ。(きゃー)

の開催場所。

和歌山県
秋葉山公園県民水泳場。

タイムの出やすいプール。

高速プールと言われているところである。

(ちなみに富山県の県総合、高岡(外プール)はタイムが出しにくいと感じている。)

標準記録を切れば出場可だ。

もっとみる

アンバサダー・ストーリー③

結婚を間近に控えたカップルにMetal Butterflyをプレゼントする「Happy Wedding Campaign!」の3組目は、なんと私が通う洋食バル「ARUKAS」からお届けします!登場するカップルは啓太さんと実和さん。そして今回は弊社インターン生のサラもインタビューに参加しました。

「僕はずっと祖父に憧れてたので、『おじいちゃんみたいになりたい』
って思ってましたね。」啓太さん

もっとみる
ありがとうございます!
2

アンバサダーズ・ストーリー②

お待たせしました!
結婚式を間近に控えたカップルにMetal Butterflyをプレゼントする「Happy Wedding Campaign!」の2組目にインタビューさせて頂きました。

待ち合わせ場所は埼玉県久喜市のとあるカフェ。しかし待ち合わせ時間がお店の休憩時間と重なってしまい、急遽場所を変更し古河市のカフェでインタビューを行いました。

お店の名前は「羅布乃瑠沙羅英慕」(ロブノール・サラ

もっとみる
Obrigado!感謝です☆

アンバサダーズ・ストーリー①

結婚を間近に控えたカップルにMetal Butterflyをプレゼントする「Happy Wedding Campaign!」は、見事3組のカップルがアンバサダーに決定しました。今日はその1組目をご紹介します。

優さんと咲さんは、私アオキと同じ千葉県我孫子市在中。とある日曜日の昼下がりに手賀沼沿いのカフェ「Cafe Garden Hasegawa」で待ち合わせし、お二人からお話を伺いました。

もっとみる
ありがとうございます!
3

僕が勝手に選ぶ蝶ネクタイブランドBEST3。

こんにちは、Metal Butterflyのアオキです。
暑いですね。ここまで暑いと蝶ネクタイ付けてる場合じゃないです。
ブランドやってる側なので、外に出る時は可能な限り自分の商品をつけてプロモーションしたい気持ちはやまやまですが、ついつい涼しい恰好を選んでしまいます(笑)

さて、今日は僕が勝手に選ぶ蝶ネクタイブランドベスト3をご紹介します。
そもそも蝶ネクタイというもの自体が大好きなので、常日

もっとみる
Obrigado!感謝です☆
5

ブランドロゴに込めた想い。

先日ついに「Metal Butterfly」を正式リリースすることができました。リリースに合わせてブランドロゴも完成。今日はこのブランドロゴにまつわるお話です。​

「Metal Butterfly」の開発段階から現在に至るまで、私たちのブランドコンセプトは一貫していました。それは、

「人と人を結び、人生最高の瞬間を彩る。」

という想いです。
私たちは蝶ネクタイを付けるシーンをもっと素晴らしい

もっとみる
ありがとうございます!
3

サプールをめぐる冒険 第6話(コンゴ3日目)

午前4時。

薄いピンク色の朝焼けに染まったブラザヴィルの街並み。
ここでは毎朝、太陽が昇るまでの間に2回ほど、街のどこかに設置されてるスピーカーからアザーンの放送が流れます。
それをぼんやりと聞きながら、昨日のことを振り返っていました。

運よくサプールと会うアポイントが取れた。とてもラッキーだったと自分でも思う。
でも、本当に本物のサプールが来るんだろうか?サプール写真家のCHANOさんからは

もっとみる
Obrigado!感謝です☆
7