パフェが一番エラい

斧屋×水野仁輔「いちご信仰、スパイス主役問題…終らない僕らの探究」-『パフェが一番エラい。』刊行記念対談【後編】
+7

斧屋×水野仁輔「いちご信仰、スパイス主役問題…終らない僕らの探究」-『パフェが一番エラい。』刊行記念対談【後編】

パフェ評論家・斧屋(おのや)さんとカレー研究家・水野仁輔さんの対談、最終回です。斧屋さんによるパフェ愛あふれる新刊『パフェが一番エラい。』を、水野さんはどう読んだのでしょうか。そして、それぞれが惚れ込むパフェとカレーの魅力を、時間の許すかぎりどこまでもディープに語り尽くします。 構成=編集部/撮影=山口真由子 『カレーが一番エラい。』でもいける!――パフェを堪能していただいたところで、水野さん、本書のゲラを読んだ感想はいかがですか? 水野 第一に、すごく僕の好みの本だなと

スキ
9
斧屋×水野仁輔「どう食べる? カレーとパフェ」-『パフェが一番エラい。』刊行記念対談【中編】
+8

斧屋×水野仁輔「どう食べる? カレーとパフェ」-『パフェが一番エラい。』刊行記念対談【中編】

単行本『パフェが一番エラい。』刊行を記念してお届けする、パフェ評論家・斧屋(おのや)さんとカレー研究家・水野仁輔さんとの「異種格闘技」対談。前編から引き続き、東京・目白のCAFE CUPOLA mejiroからお送りします。今回はいよいよ、斧屋さんが監修した期間限定パフェが降臨! 構成=編集部/撮影=山口真由子 カレーの料理人として、僕がどうしてもきけないこと――前編で、パフェは完成品ではなく食べ手が「どう食べるか」が重要という話が出ましたが、水野さんはご自分でカレーを料理

スキ
5
斧屋×水野仁輔「“美味しい”はゴールじゃない」-『パフェが一番エラい。』刊行記念対談【前編】
+6

斧屋×水野仁輔「“美味しい”はゴールじゃない」-『パフェが一番エラい。』刊行記念対談【前編】

パフェ評論家・斧屋さんの最新刊『パフェが一番エラい。』刊行を記念して、カレー研究家・水野仁輔さんと初の対談をおこないました。パフェv.s.カレー、食の「異種格闘技」対談のゆくえは……!? 独創的なパフェが人気のお店CAFE CUPOLA mejiroより、全3回にわたってお届けします。 構成=編集部/撮影=山口真由子 僕はこうして「パフェ評論家」「カレー研究家」になった――まずはHB読者へ自己紹介ということで、それぞれどんな活動をされているか教えてください。 斧屋 僕は基

スキ
4
【新刊情報】「パフェ沼」におぼれる幸せを、あなたも。日本で唯一のパフェ評論家がディープに語る、斧屋『パフェが一番エラい。』8月26日(木)発売
+5

【新刊情報】「パフェ沼」におぼれる幸せを、あなたも。日本で唯一のパフェ評論家がディープに語る、斧屋『パフェが一番エラい。』8月26日(木)発売

この本について 年間365本以上パフェを食べ、「パフェは究極のエンターテインメント」と語る、東大卒にして日本唯一のパフェ評論家・斧屋(おのや)さんによる、本サイト連載を書籍化。 ロイヤルホスト、果実園リーベル、フルーツパーラーゴトーなどの定番から、コンビニやテイクアウトのパフェ、さらにビヤンネートル、ラトリエ ア マ ファソン、エンメ ワインバーなどの最先端パフェまで、写真65点を添えて解説する。 「いつどこで食べるのがいい?」「ビギナーにおすすめのパフェは?」「サン

スキ
9
パフェが一番エラいのか。

パフェが一番エラいのか。

「パフェが一番エラい!」は、パフェ評論家 斧屋さんが好んで使っている標語です。書籍の帯コメントや、連載のタイトルにも使用されています。 パフェ愛好家をしていれば意識していなくとも目に入ってくる文言なのですが、僕はいつも違和感を抱いていました。 年末の余裕が生まれたタイミングに本腰を入れて調べてみると、なんと斧屋さん本人が標語の意味を解説しているラジオ音源があるじゃないですか。 今度お店で見かけたら本人に聞いちゃおうと思っていたくらいにモヤモヤしていたので、早速ラジオを聴いて自

スキ
2
パフェとデートする|斧屋「パフェが一番エラい。」第29話

パフェとデートする|斧屋「パフェが一番エラい。」第29話

本連載が書籍化します。『パフェが一番エラい。』2021年8月26日発売  パフェはだいたい、一人で食べている。その方が自分の都合でお店を自由にまわれるし、味わう行為に集中できる。  しかし、一人でパフェを食べるのが恥ずかしい、という声もある。あるいは、男性がパフェを食べるのは憚られるという話も聞く。その気持ちを、理解はできる、が。  ちまたで、一人ぼっちで行動する意味の「ぼっち」という言葉が流行ったときには、「ぼっちパフェ」なる語もちらほら見かけるようになった。  そうじゃ

スキ
17
食べにくいという楽しさ|斧屋「パフェが一番エラい。」第13話

食べにくいという楽しさ|斧屋「パフェが一番エラい。」第13話

本連載が書籍化します。『パフェが一番エラい。』2021年8月26日発売  パフェの仕事で打ち合わせをする時は、できるだけパフェの食べられる場所を提案している。パフェを食べながらの方がパフェの話はしやすいし、経費でパフェが食べられるのはありがたい。  まだ多くの人類は、何かのきっかけがないとパフェを食べない。打ち合わせの相手(仮にA氏としよう)も、これを機会にとパフェを頼んで、実に何年ぶりというパフェとのご対面になる。  かたや1日1本のペースで食べる私と、かたやいつ食べて以

スキ
5
パフェ界(ぬま)への第一歩|斧屋「パフェが一番エラい。」第2話

パフェ界(ぬま)への第一歩|斧屋「パフェが一番エラい。」第2話

本連載が書籍化します。『パフェが一番エラい。』2021年8月26日発売  パフェがブームである。  飲食物を提供する八百万(やおよろず)のお店に、パフェはある。食べようと思えば、いつでもどこでもパフェが食べられる、とは言い過ぎだが、気をつけて街を歩くと(ネット上を散策すると)、思いのほかパフェは遍在している。  レストラン、喫茶店(カフェ)、フルーツパーラー、甘味処、洋菓子店、コンビニ、ジェラート屋さん、デパ地下の洋菓子店、カラオケ、居酒屋、デパートの催事場でやっている物産

スキ
15
パフェは食べ物ではありません|斧屋「パフェが一番エラい。」第1話

パフェは食べ物ではありません|斧屋「パフェが一番エラい。」第1話

本連載が書籍化します。『パフェが一番エラい。』2021年8月26日発売 「パフェは究極のエンターテインメント」という話題のパフェ評論家、初の連載コラム! パフェ初心者から上級者まで、魅惑のパフェ界にどうぞどっぷりおハマりください。 メインビジュアル用パフェ提供:フルーツパーラーゴトー  斧屋(おのや)といいます。パフェ評論家をやっています。  あ、カフェじゃないです。パフェです。  はい、そうです。パフェ。  そう。背の高いグラスに盛られたデザートの、あの、パフェです。

スキ
139