ハルサーズ

この島の人たちが本音で話せるように〜石垣島・ハルサーの闘わない闘い〜 ⑧

「“りゅうちゃ〜ん”とか、それがだんだん“りゅうた〜ん”ってなって。これはいい話だからって伝えてくれる時の安里さんの第一声です。あの時もそんな風に話がはじまりました」

訴訟に至った背景をたずねた。
龍太郎さんはその日のことをよく覚えているようだった。

家族と外で昼食をとり、その後は別々の用があって、ひとりで車に戻ろうと駐車場を歩いていた時に携帯が鳴った。

暑い石垣島でもその日はとびきりの暑さ

もっとみる

この島の人たちが本音で話せるように〜石垣島・ハルサーの闘わない闘い〜 ⑦

勝手にぃ〜、ラジオ議会〜♫
ーラジオから、若者たちの楽しげな声が、聞こえてくる

高虎)いつの時代でも猛威をふるっていた重病、恋の病。その中でも症状の重い、好きな人に彼氏・彼女ができたパターン。あきらめるべきか否か、教科書ですら教えてくれません!住民投票を実施して市民の声を聴き、議会として早急に対策を練る必要があると思います。
龍太郎)議長!
央)はい、龍太郎くん。
龍)個人的すぎるのではないかと

もっとみる

この島の人たちが本音で話せるように〜石垣島・ハルサーの闘わない闘い〜 ⑤

「ものすごく悲しかったですね。こういうことが、あり得るのかなー、って」

マンゴー農園でのお話の中で、最も印象に残ったのは、この言葉だった。
発する音が耳に残った。龍太郎さんは、ずっと標準語で受け答えしていて、今の若い人はそうなのかなとか、私に合わせてくれているのかなと思ったけれど、この言葉だけははっきりと沖縄なまりだった。

2019年2月1日
龍太郎さんは、石垣市議会本会議場の傍聴席で、住民投

もっとみる

この島の人たちが本音で話せるように〜石垣島・ハルサーの闘わない闘い〜 ④

石垣島のほぼ中央に位置する於茂登岳(おもとだけ)。沖縄県内で最も高い山だ。東側にはその山の名の通り、「於茂登」という集落がある。戦後沖縄本島や与那国島から計画移民として渡って来た人たちが住んでいる。何人かは、本島の北谷(ちゃたん)村から移り住んだ。彼らは家や畑を米軍基地として奪われ貧しい生活を強いられたため、自分たちの土地を求めてこの地に渡って来た。63年前のことだ。於茂登岳周辺には、他にもたくさ

もっとみる

この島の人たちが本音で話せるように〜石垣島・ハルサーの闘わない闘い〜 ③

僕らのまちに 雪が降る
なんてことのない あたたかな島

僕らのまちに 雨が降る
いつかは止むさ 人生も同じ

僕らのまちに 風が吹く
南から 北から 東から 西から

僕らのまちは まち自体が素敵で
ほんとはどこにも 流されちゃいけない

これは「大署名運動会」が始まってすぐの頃、市街地で行われたライブの中で披露された、ハルサーズの曲の歌詞だ。
ハルサーズはその名の通り農家の若者3人で組まれてい

もっとみる

この島の人たちが本音で話せるように〜石垣島・ハルサーの闘わない闘い〜 ②

石垣島は歌と踊りの島、芸能の島、と表現されることがある。

沖縄本島の名護で「沖縄では有形の文化財はことごとく壊されて来た歴史がある。だから歌や踊りのような無形の文化を大切につないできた」という話を聴いた。大津波、台風、戦争マラリアなど海の向こうからやってくる天災あるいは人災に苦しめられてきた石垣島にもそれは当てはまる。

しかしそれは「文化」というより「生活」そのものだったのではないだろうか。琉

もっとみる

この島の人たちが本音で話せるように〜石垣島・ハルサーの闘わない闘い〜 ①

「受粉を蝿でやってるんです。銀蝿を呼び込むためにお刺身屋さんから魚のアラをもらって来て、ハウスに入れておきます。沖縄では一般的なやり方です。蜜蜂は理想的ですが、コストが高いわりにマンゴーの花粉の匂いを好まないんです。」

石垣島の中部、嵩田(たけだ)でご両親とともにマンゴー農家を営む金城龍太郎さん(29)。2代目のハルサー(沖縄の方言で、畑仕事をする人)である龍太郎さんに、ハウス栽培中のマンゴーを

もっとみる