TOKYO WOMEN'S FILM FESTIVAL

はじめましてTWFFです。私たちはジャンルやテーマを問わず女性(自認も含む)が製作した作品、もしくは「性や性別」をテーマにした作品(製作者の性別不問)を発表する市民メディア映像祭の運営を主な活動としています。こちらではそのメンバーが個々の想いを独自の視点で発信していきます。
    • road movie

      その日どこに泊まるのか。翌日どこへ向かうのか。何も決めずに思いつくままに旅した頃がありました。スマホのない時代のことです。 その感覚を思い出してTWFFの蔵原実花子が写真と言葉で綴ります。

    • 荷物をおろして

      • 2本

      荷物をおろして、映画を観たり、美術館に行ったり、本を読んだり、講座に出たり。“私”を通してみるあれこれ。TWFF伯野朋絵

    • Yin & Yang 〜 日常の中の光と陰と 〜

      どんな人にも、どんな物事でも光があれば陰がある。 毎日たくさんのニュースが流れる中で、TWFFの城島めぐみが日常の中で感じた事や皆さんと共有したい出来事などを発信していきます。

    • FINDING MY OWN VOICE

      TWFF・代表のディアス実和子が日々の中で見つけた「忘れたくない思い」を綴っていきます。

固定された記事

怒り…、もう沈黙はやめました。we can change

12/26に発売された文春の記事…年の瀬に衝撃が走りました。私たちのnoteの初投稿、今年最後の投稿…それぞれに重い気分で、でも最後は希望に繋がるように言葉を探しました…

彼の瞳が語っていたこと -エルサレム旧市街-

ファインダーを通していなければ、その視線に耐えきれなかったろう 数秒ののちにシャッターを切って、その場を立ち去った 彼はそこに残る人で、わたしは立ち去る人だった …

73年前の記憶をたどって 〜7歳の私が出逢った「衛生兵」〜

「今まで身内にも詳しく話したことはなかったのよ。話せなかったの 」 バスを降りる時に、文子さん(仮名)はつぶやきました。この摩文仁に足を運ぶことも苦痛でありなが…

観ました『82年生まれ キム・ジヨン』

封切り日、初回に観ました。  エンドロールが終わり館内が明るくなった直後、後ろの席からコン・ユさんのファンと思しき女性ふたりの「男尊女卑の映画?」「そうみたいね…

観ました 『パラサイト 半地下の家族』

コロナ禍で休業中だった映画館が再開と聞いて、早速出かけました。  途中、息が詰まるくらいのドキドキと、悪意なく人を傷つけるセリフを聴きながら(キャンプを切り上げ…

笑顔の裏にある涙。

最近、すぐに心が堕ちてしまう。 目が覚めてから、今日はあれとあれとあれをやろう! そう心に決めて、野菜たっぷりの朝ごはんを食べたのにふとあるものを目にした途端、一…