ナースあさみの思い出カルテ

正解のないことに向き合い続けるということ

看護師は、その仕事内容から
ジレンマや葛藤を抱くことが多いと言われている。

自分の理想と現実のギャップが
そうしたものを産んでしまうのだろう。

真面目な人ほど、たくさん抱え潰れてしまう。
そういう人を何人も見てきた。

きっと、私の場合は「わたし」と「あなた」の境界をはっきりさせているので、ジレンマや葛藤とうまく付き合えてるんじゃないかと思う。

けれども、この前ひさびさに
ちょっともやっとす

もっとみる
わ〜いわ〜い☺️
86

丘の上の大きなおうちで起こっていた、語られることのない命の話

こちらのマガジン。

月に1本くらいのペースで更新しようと思っているのですが、バタバタしてたら夏が終わりかけてました。

夏にはもうちょっと、ゆっくりしていってもらいたい。

基本的には、亡くなった患者さんについて書いているんですが、今回は番外編ということで、きっと今もどこかで生きている(と信じている)患者さんの話をさせてください。

そして、今回はじめて有料記事とさせていただきました。

話のほ

もっとみる
今日も健やかでありますように。
33

裏話とカットした部分の話

おかげさまで、こちらのnoteが多くの人に読まれていて大変うれしい。

この類の話は医療用語の解説が入るので、どうしても文字数が多くなってしまう。

でも、出来るだけカットして10000文字を超えないように編集した渾身のnoteなので、まだ読んでない人は読んでみてください…!

ここから裏話。

この、患者さんとの思い出シリーズは、自分で言うのもあれだけど、かなり情報量の多いコンテンツだと思ってい

もっとみる
そんなあなたの晩御飯は餃子🥟に決まり!
9

患者の意志を尊重したら、家族の意志を殺してしまった話

相手の気持ちを尊重しましょう。

うん、頭ではわかっている。でも、心がどうしてもいうことを聞いてくれない。相手を尊重するということは、自分を下げること、もしくは、はじめからなかったことにするということだ。

私は人間が立派にできていない。
だから、私はどうなるの?と思ってしまう。
決して、口に出して言うことはないけれど。

大人であっても、いや、大人だからこそこういう状況に陥ってしまうこと、誰もが

もっとみる
好きな小説は恩田陸さんの「木曜組曲」です📚
276

いやいや、あなた、医者ですよね?

医者だったら、自分の家族が亡くなっても平気そうだよね。
看護師さんなら、そういうの慣れてるでしょ?

友人とこういう話になると

うん、そうだね

と、軽く流してしまいます。

私の性格をよく知っている友人ならば、あさみは冷静沈着で顔に出ないと認知しているので、この返答で話が終わってくれます。

だって、こういう類の話は、自分の倫理観というか、生きる上での根っこにふれる内容になるから。

かっこよ

もっとみる
焼き鳥あげる🐓
39

今度は私から、折り紙の金メダルを

そこそこ大人をやっていると、あの時ああしておけば良かったという後悔のひとつやふたつ、誰もが持っているはず。

もちろん、私もたくさんあって、思い出すたびに自分の不甲斐なさやダメ加減に落ち込んでいます。

中でも、看護師として忘れられない出来事
いや、忘れられない患者さんがいて
その季節になるたびに思い出しては

もう一度会えたら、必ず!
と、誓っていることがあります。

今回はそんなお話です。

もっとみる
シェアしてくれるともっと嬉しいので小躍りします💃🕺
40

もやもやが空高くのぼっていくのをみた日の話

やりたいのにできない、そんな毎日

本当はもっとクオリティを上げたい。
なのに、上司から早く納品しろ!と言われて
渋々入稿するコンテンツ。

今日は大事なプレゼンなのに
こんな日に限って子どもが39℃の発熱。
会社どうしよう…保育園ムリかなぁ…
あぁ、どうしよう!

働く多くの大人たちが
こんな思いを一度は経験したことあるはず。

できること
やれること
やりたいこと
やらなくちゃいけないこと

もっとみる
そんなあなたの晩御飯は餃子🥟に決まり!
85

勇気の出しどころ、覚悟の決めどころについて考える晩夏

突然ですが、質問です。

ここ最近、あなたが一番勇気を出したことはなんですか?

お店で一番高いメニューを頼む。
気になる人のSNSをフォローする。
海外旅行に行く。
プロポーズする。

人によって
勇気の出しどころ
覚悟の決めどころはさまざま
その度合いや熱量も多種多様です。

ちなみに、私の最近の勇気100倍エピソードは大嫌いなセミの死骸をベランダから外へポイっとおいやったこと。

この勇気と

もっとみる
わ〜いわ〜い☺️
87

あなたと家族をつなぐものは、なんですか?

よそはよそ、うちはうち

頭ではそうわかっていても
隣人になにかあったら
覗きたくなりませんか?

不幸なことなら、なおさら。
みんな他人の不幸を知ることで
自分の方が幸せだと信じたい。

そう言うわりに
自分のうちで起こっていることは
誰にも見せたくない、知られたくない。

これが社会で生きる人間というもの。
そう言っても過言ではないと思います。

この点、看護師という仕事は
いろんな人間を、人

もっとみる
そのスキがナースあさみのモチベーションです!
34

人生でいちばん大切なことを教えてくれた、あるおばあさんとの1ヶ月

人は死んでも、死なない

「そういえば、そろそろ5年経つかな?」
「うん、そうだね。」

「今思い出しても、かっこいい旅立ちだったよね。」
「うんうん。あんなにすがすがしいお看取りは
後にも先にもないよね。」

かつての同僚と飲みに行くと
看護師である私たちは、決まってある患者さんの話をします。

名前は田中さん(仮名)
大腸がんで5年前に亡くなった患者さんです。

彼女は私が関わった患者さんの中

もっとみる
わ〜いわ〜い☺️
2930