スキマインタビュー

「タイタイ病」を広めちゃうひと(後編) ーOKKO YOKKO

偶然行き着いたタイのエネルギーに衝撃を受け、あっという間にタイにどハマりし、OKKO YOKKOを立ち上げた神田陽子さん。そんな「タイタイ病」にかかったよっこさんの仕事は、どのように広がっていったのでしょうか?

前編はこちらから。

ネットショップをはじめれば売れると思っていたのに…

ーOKKO YOKKOとして活動をはじめたのはいつから?

日本に帰って来てから、タイ関係の仕事を経て、元々働

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『ミクロフ』。聖なる丘の絶景を見よ
5

予告:「タイタイ病」を広めちゃうひと

「タイタイ病」をご存知ですか?

それは、タイという国へ流れ着き、タイにすっかり魅せられ、どハマりしてタイのことばかりつい考えてしまうこと…。

そう、それは「恋の病」とやらと似たものなのではないでしょうか。

今回インタビューしたのは、OKKO YOKKO(オッコヨッコ)の神田陽子さん。OKKO YOKKOは、タイのハンドメイド雑貨と、イランのおばあちゃんが手編みした靴下を扱う雑貨店で、よっこさ

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『プラハ』。ブルダヴァ川クルーズをすべし
8

スキマインタビュー総まとめ 5編

こんにちは。「スキマじかん研究所」を書いております、絵はんこ作家のあまのさくやと申します。

日常の中で、ふとした時間に現れる「スキマじかん」。通勤電車の間。友達と待ち合わせの間。ぽっかりと空いたおやすみ。寝起きのぼんやりとした布団の中。日々の中にちょっとしたスキマじかんってありませんか。

きっかけや宝物がつまっている「スキマじかん」

私にとって、いま、はんこを彫ることは仕事でありますが、元々

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『リトミシュル』。スメタナ音楽祭へ行くべし
13

The illustrator who has been fascinated in “shapes” of Tokyo

*本記事は、下記記事の英語版です。日本語版はこちらまで。

Foreigner working in Japan? And freelance?? Wow, that sounds like a challenge. So, there should be several reason to reach here. Let's hear the process from him.

Andrew

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『ブルノ』。ローカルなチェコ文化を楽しむべし
4

東京の「形」に魅せられたイラストレーター(後編)

大学に入学する前に5年間の放浪旅のなかで、偶然日本に漂着した、イギリス出身のアンドリューさん。その後日本に移住し、日本での仕事も開拓していきます。

インタビュー前編はこちら。

(※本記事の挿画は、「The Tokyoiter」部分以外すべてアンドリュージョイスさんによるものです)

さて、冒頭でもちらっと触れたのですが、アンドリューさんと私との出会いはあるコーヒースタンド。そして今回インタビュ

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『プラハ』。古本屋をめぐるべし
17

東京の「形」に魅せられたイラストレーター(前編)

*The English version of this article can be found here.

海外から日本にきて、仕事をする。しかもフリーランスで。それは誰にでもできるようなことではない。その国に住んで、働こうと思うまでにはそれなりの経緯があるはず。

数年前、お互いに行きつけのカフェでひょんなことから知り合ったイギリス人のアンドリューさんに、改めてゆっくり話を聞いてみたいと思

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『プルゼニュ』。チェコビール聖地で飲むべし
19

予告:東京の「形」に魅せられたイラストレーター

ゴールデンウィーク、明けましたね。早々の雨天曇天ですが、みなみなさまご無事ですか?明け初日くらいはあまり無理せず、ほどほどにして切り上げたいところですね〜。

さてさて、スキマじかんを「好き!」で埋め尽くしている人たちに聴く、スキマインタビュー第5弾のお相手は…日本在住、イギリス出身のイラストレーター、Andrew Joyce(アンドリュージョイス)さん。

アンドリューさんは日本にいながら、日本

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『ストラージュニツェ』。伝統の藍染製品ゲット
10

スキマインタビュー:毒物的なニットを作る人(後編)

インタビュー前編はこちらからお読みくださいませ。

さて後編では、もう一つのコンセプトでもある「ケミカル」について聞いていきたいと思います。

ケミカル=「化学的な」、「化学的に合成した」

この言葉は、作品にどのように関わるのでしょうか?

そしてどんなこだわりが隠されているのでしょうか?

ー作品の制作はどういうときにしていますか?

今は週3日、商社でやっていたようなニットの企画提案やデザイ

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『ブルノ』。ローカルなチェコ文化を楽しむべし
6

スキマインタビュー:毒物的なニットを作る人(前編)

今回お話を伺ったのは、岩田紗苗(いわたさなえ)さん。

「FAD distortion」というブランドを立ち上げられ、家庭用ニット編み機を使ってオリジナルの編み柄を作り、バッグなどを制作されています。

しかしそのバッグのコンセプトを聞くと…

「毒物的」で「ケミカル」という言葉が出てきました。

えっ?毒物的なニット…?

一体どういうことですか?

ーまず…ニットって家で作れるんですね?

もっとみる
あなたにおすすめのチェコは『ブルノ』。ローカルなチェコ文化を楽しむべし
4