カフェスイーツ

コメダ珈琲店のシロノワール「もっと大人ノワール」をミニサイズで食べた感想やカロリーのまとめ!ソフトクリームの甘みとコーヒーの苦みがマッチした大人のスイーツ!ブレンドコーヒーにモーニングを付けましたが、カロリーも高くはなかったです。 ⇒ http://osakadrinker.com/post-39430/

スキ
1
再生

【チーズタルト】パブロコーヒー【スイーツ】

イオンレイクタウンMoriエリア1階にある「パブロコーヒー」で焼きチーズタルトとパブロスムージーシャインマスカットを食べてきました!

スキ
4
+1

306☆乳製品不使用のケーキで朝ごはん

ぼんじょーるの! 降ったり止んだりの火曜の朝です。 今朝はお友だちと待ち合わせしてバールで朝ごはん。 今朝はカッフェアメリカーノ、アメリカンコーヒーにしました。 と言っても本当のアメリカンではなく、エスプレッソをお湯で薄めただけのシロモノです(笑。 イタリアで浅炒りの豆で淹れるアメリカンコーヒーを飲めるお店なんて、あるのかなぁ? うちから徒歩5分圏内にバールは10軒ぐらいあるので、その日の気分や誰と行くかによって使い分けしてるのですけど、今朝は女友だちと一緒だったのでド

スキ
8
+1

パウンドケーキ

 パウンドケーキといえば、焼き菓子の定番。ご進物に使われる人も多いかと思う。  ではパウンドケーキとはどんなお菓子なのかご存知だろうか。今日はパウンドケーキについてお話していこう。  パウンドケーキの材料は、小麦粉、砂糖、バター、卵の4つを同じ分量で作るとてもシンプルなケーキ。シンプルだからこそ色々なアレンジを楽しめるのも特徴だ。  イギリスで生まれたパウンドケーキ。名前の由来はこの材料に関係している。材料を1ポンドづつ使って作るから「パウンドケーキ」。1ポンドはおよそ450

スキ
1

「Cafe 1869」のシフォンケーキ。

見出しの写真は、 丸の内にある丸善の中にあるカフェ「Cafe 1869」のシフォンケーキ。 数年前の写真なので、現在はかわっているかもしれない。 チョコレートのシフォンケーキもあって、そちらも食べたことがある。 どちらも美味しかった。 当時、コーヒーはプラスいくらかでサイフォンコーヒーが頂けたはず。(今はわからない) 窓に向かって座れるカウンター席があり、独りで休憩するのに良い場所だった。 *** 見出し写真は犬のしっぽヤモリの手が撮影しました。 <© 20

スキ
3

イチジクと葡萄のマフィン@DEAN&DELUCA🍇 ドライいちじくのような味わいとジューシーな葡萄の食感がベストマッチ🥰✨

スキ
18
+1

9/14 読了記録

カフェスイーツ 柴田書店 図書館本 菓子店やカフェの開業の仕組みなど経営する方のリアル を知りたくて借りました 当然だけど、開業するには大金が動くんだなあ 「お菓子づくりが好きだから」 なんて甘い覚悟じゃ出来ない仕事、 「社畜は嫌だから」  などという思いで飲食店経営を考えてる人に読んでほしいです お菓子のレシピなどもう一度掲載されていて、読み応え十分でした

スキ
14
+5

239☆クレマカタラーナとクレマブリュレとクレマカラメッラ

ぼんじょーるの! ジッとしててもじんわり暑く感じる木曜の朝です。 日陰にいれば涼しいのですけど。 今日は私の偏愛するカスタードスイーツについて。 イタリアゴハンでは、食後にフルーツを食べてから甘いものを食べて、 そして最後にエスプレッソで〆る、というのがごくごくフツーの流れです。 というわけでたとえピクニックであっても、それは踏襲されます。 この日のフルーツはメロンカップ! メロンを半分に切って、中をくり抜き、ほかのフルーツも一緒に盛りつけたもの。 友だちが持ってきた

スキ
9

フィナンシェ販売開始

フランス発祥のお菓子フィナンシェ。薄力粉や卵白、アーモンドプードル、砂糖、バターで作られるお菓子だが、フィナンシェと言う名前の由来をご存知だろうか。  フィナンシェはフランス語で「金融家」や「お金持ち」を意味する言葉で、金塊の形をイメージした縁起の良いお菓子だ。その昔、金融マンが背広を汚さず片手で食べられるようにと、菓子職人が考案したと言われている。  マドレーヌとの違いを聞かれることがあるが、フィナンシェは卵白と焦がしバターを使うが、マドレーヌは全卵、溶かしバター。食感

アメリカーノ

 「ホットコーヒーどれですか?」オーダーの際そんな声をよく聞く。そう、Café Jack in the Boxにホットコーヒーというメニューはないのだ。あるのは「カフェアメリカーノ」というもの。では今回はアメリカーノについてお話ししていこう。  コーヒーとアメリカーノの違いを話すには、まずコーヒーとエスプレッソの違いを話さなくてはならない。・  一般的にコーヒーといえばドリップで淹れるものを想像するだろう。エスプレッソも実はコーヒーの種類の1つ。圧力を使って濃度の濃いコーヒー