オナラレコード

ONARA RECORD #30「愛のバクダン/B’z」

今回ご紹介するオナラレコードは「愛のバクダン/B’z」です。

B’zは稲葉浩志さん、松本孝弘さんによるロックユニットです。1988年にデビューし、90年に5thシングル「太陽のKomachi Angel」でオリコン1位を獲得し、その後も次々とヒットを連発。これまでにこれまでにシングル15作品、アルバム19作品がミリオンセラーとなっています。
また、2007年にはアジア圏のミュージシャンとして初の

もっとみる
「そこがいいんじゃない」みうらじゅん
19

ONARA RECORD #29「僕が僕であるために/尾崎豊」

今回ご紹介するオナラレコードは「僕が僕であるために/尾崎豊」です。

尾崎豊さんは1883年に高校在学中でありながらシングル「15の夜」とアルバム「十七歳の地図」でデビューしました。当時は売上も伸び悩んでいましたが、徐々に口コミで広まり「卒業」で歌われた過激な歌詞は話題となりました。特に10代からは熱狂的な支持を集め、彼の歌詞に感化されて校内暴力や学生による飲酒・喫煙が横行し、社会現象にまでなりま

もっとみる
「あうんのブレス」ルー大柴
20

ONARA RECORD #28「WHITE BREATH/T.M.Revolution」

今回ご紹介するオナラレコードは「WHITE BREATH/T.M.Revolution」です。

T.M.Revolutionは西川貴教のソロプロジェクトとして、1995年に発足し、1996年にCDデビューしました。発足当時、西川さんとプロデュースを担当した朝倉さんは3つの約束をしたそうです。
1.シングルでオリコンチャート1位を取ること
2.アルバムでミリオンセラーを達成すること
3.東京ドーム

もっとみる
「そこがいいんじゃない」みうらじゅん
18

ONARA RECORD #27「Hero/安室奈美恵」

今回ご紹介するオナラレコードは「Hero/安室奈美恵」です。

安室奈美恵さんは1991年、中学2年生んときに「SUPER MONKEY’S」でデビューします。その後ドラマやCMにも出演するようになり、95年にソロデビューを果たします。そして小室哲哉プロデュースのもと発売した1stアルバムではミリオンセラーを達成しました。その後も最前線で活躍を続け、2017年には史上初の10〜40代の4年代でミリ

もっとみる
「俺に言うな」アントニオ猪木
21

ONARA RECORD #26「栄光の架橋/ゆず」

今回ご紹介するオナラレコードは「栄光の架橋/ゆず」です。

ゆずはフォークデュオのパイオニアとも呼ばれる存在で、元々はストリートミュージシャンとして活動していました。当時からかなりの人気を博していて、最終日には台風が直撃していたにも関わらず7,500人もの人が集まりました。そしてメジャーデビュー後も1stアルバムからミリオンセラーを記録するなど、輝かしい成功をおさめています。
そんな数多くの名曲を

もっとみる
「女性を口説く情熱の半分を仕事に傾けよ」羽柴誠三秀吉
14

ONARA RECORD #25「虹/福山雅治」

今回ご紹介するオナラレコードは「虹/福山雅治」です。

福山雅治さんはシンガーソングライターであり、俳優であり、タレント、写真家、音楽プロデューサーとまさに現代のレオナルドダヴィンチとも言える多才な方です。1987年に歌手になるため18歳で上京し、まずは俳優としてブレイクします。
特に1993年の「ひとつ屋根の下」は社会現象にもなりました。その後94年にはシングル「IT'S ONLY LOVE/S

もっとみる
「女性を口説く情熱の半分を仕事に傾けよ」羽柴誠三秀吉
13

ONARA RECORD #24「青春狂騒曲/サンボマスター」

今回ご紹介するオナラレコードは「青春狂騒曲/サンボマスター」です。

サンボマスターは2000年に東洋大学の音楽サークルで山口さんと木内さんの2人で結成され、後に現在の3人体制になりました。デビュー当時から一部でかなり人気があったのですが、全国区になったきっかけは2005年のドラマ「電車男」で主題歌に「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」が起用されたことです。実際に本編にも出演をしていました。
そんなサン

もっとみる
「女性を口説く情熱の半分を仕事に傾けよ」羽柴誠三秀吉
21

ONARA RECORD #23「HOWEVER/GLAY」

今回ご紹介するオナラレコードは「HOWEVER/GLAY」です。

GLAYは元々、TAKUROとTERUが1988年に結成したバンドを前身とします。その後1994年にメジャーデビューし、1996年の2ndアルバム「RAIN」で初のオリコン1位を獲得。そして同年発売の「BELOVED」でミリオンセラーを達成しました。さらに、翌年発売したベストアルバムは累計売上枚数が480万枚を超え、当時のアルバム

もっとみる
「美熟女ブームは世の中が正常になってきた証拠」高須克弥
16

ONARA RECORD #22「何度でも/DREAMS COME TRUE」 (プロモーションムービー)

本日公開したオナレコ22作目の「何度でも/DREAMS COME TRUE」で、PVを制作いたしました。
宣伝用なのですが、一応本編とは異なる作品なので投稿いたします。

こちらグッと来た方はぜひ、本編の「ONARA RECORD」を読んでみてください。
本編はコチラ(https://note.mu/shanikama/n/ne57723562370

「あうんのブレス」ルー大柴
10

ONARA RECORD #22「何度でも/DREAMS COME TRUE」

今回ご紹介するオナラレコードは「何度でも/DREAMS COME TRUE」です。

DREAMS COME TRUEは吉田美和と中村正人の2人で結成されたバンドです。元々はとんねるずのサポートメンバーを務めていた中村さんが、1988年のコンサートの際に吉田さんをバックコーラスとして招聘したことがきっかけで結成されたそうです。彼らは1990年代から既に頭角を現し、「笑顔の行方」で初のオリコンTOP

もっとみる
「そこがいいんじゃない」みうらじゅん
13