やっかいな人々

第十一話 えっ?

「新入生、集合!!」
「はいっ!!」

と言い終わらないうちに駆け出した私は、横を走る美咲と目を合わせニッと笑う。
恐らく今この体育館という限られた距離でも全力疾走しているのは、高校時代に運動部に所属していた人たちだろう。
運動部において先輩の声は神の声。
烏が白いと言われれば、白に見える。
それ位、先輩は怖いのだ。
特にここチアリーダー部は、「昭和」なのだ。
私が入部したチアリーダー部と応援団は

もっとみる
どうもありがとう。きっと良い事がありますよ!

第十話 正子ちゃん

「お先に失礼します。」

パート先の更衣室を出ながら、鞄の中のスマホを取り出す。
やはりランプが点いている。
誰からのメッセージかはわかる。

『ちょっと聞いてよー! さっき買い物に行ったら、赤信号を渡ろうとしていたおじいさんがいてさぁ、「赤ですよ」って注意したら「車が来てないからいいだろっ!!」って逆ギレされたんだよ!!
「赤信号で渡るのは交通違反です」って言い返したら「うるさいばばあだなっ!!

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。

第九話 災 難

私は、悠々自適の生活を楽しんでいる。
やっとである。
舅姑に仕え、娘二人を嫁がせ、舅姑の介護をし看取り、やっと夫婦二人でゆっくり過ごせると思っていた矢先に夫を亡くした。
そこへ早くに未亡人になっていた母が痴呆を発症した為、嫁ぎ先の家は夫の弟家族に譲り、母の介護の為に実家に引っ越してきて大変な介護の末、母を看取った。
やっと、生まれ育った懐かしい実家で悠々自適と言える生活をしているのである。
長年、

もっとみる
スキありがとう。私もスキです(笑)
4

第八話 二時間ドラマかサスペンス劇場か

二時間ドラマやサスペンス劇場みたいなことが、我が身に起ころうとは・・・。
母は若い頃から華道を学び、時折、華展に出展している。
華展の最終日には、片付けや花器などの荷物持ちに駆り出されるのが常である。
しょっちゅうあることではないし親孝行と思い、安物ではあるが着物を着て出かける。
その日は、お仲間の皆さんと食事をして帰るという母に大量の花を持たされた。
母とお仲間の皆さんが展示していた花に加え予備

もっとみる
スキありがとう。私もスキです(笑)
1

第七話 祖 母

「健ちゃん。」

ホテルの地下駐車場に飛び込んだら、そこに立っていたシワシワの塊にぶつかりそうになった。
急いでいた僕はひょいと避けて通り過ぎようとしたその時、懐かしいニックネームで呼ばれた。
振り返ると二人の老女が立っている。
ぶつかりそうになったシワシワの塊は二人のおばあさんだったのか。
頭の中では、シワシワの乾燥した巨大梅干しが映像化されていたのだ。

「健ちゃん、久しぶりやねぇ。」

声の

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
2

第六話 義 姉

ピンポーン。

日曜日の午後一時。夫と昼食を食べ始めた時に玄関のインターホンが鳴った。
口に入れたご飯を呑み込みながらインターホンを取る。
宅配かセールスだろうと思いつつ

「はい。」

「まさちやあああん、あたくし」

「お義姉さん!」

驚きのあまりほぼ叫んでいた。
私の声に夫も箸をもったままフリーズ。
義姉が突然やって来るなんて考えられないが、絶対に義姉だ。
私を『まさちゃん』と呼ぶのは、夫

もっとみる
どうもありがとう。きっと良い事がありますよ!
5

第五話 引っ越し

夫の実家が、三十年居座り続けた社宅から引っ越すことになった。
舅が退職するので、仕方なく引っ越すのだ。
夫の実家は、とにかく汚い。
和室に敷かれたカーペットは、使い古したタオルのように薄くなっている。
我が家の雑巾の方がよほどふかふかだ。
荷物が増えるごとに買い足したのであろうちぐはぐなタンスもかなり年季が入っている。
押し入れは、パンドラの箱だ。
私たちが結婚する時に姑が「綺麗な食器があるから。

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
4

第四話 携帯電話

昼間の電車はすいている。
私が乗り込んだ車両は、数人がパラパラと離れた座席に座っているだけだ。
私も適当な座席に腰を下ろすとシャカシャカと何か音が聞こえてきた。
音源を探すとむかえに座っている大学生らしき青年のイヤホーンから漏れている音楽だ。
あんなに大きな音で聴いていたら耳が悪くなりそうだ。
その青年は、イヤホーンの音にリズムを合わせて軽く体を揺らしながら携帯ゲームに夢中になっている。
 次の駅

もっとみる
どうもありがとう。きっと良い事がありますよ!
3

第三話 ばばあ

その『ばばあ』と『みいちゃん』は、上映の一瞬前に私の左隣りの席にやって来た。
ガサガサと紙袋の音を派手にたてながら

「ああ、ここ!ここ!」

と、大声で座席番号を確認しにぎやかに座った。
ほどなく、バリバリ、ポリポリとポップコーンをみいちゃんがむさぼる音が聞こえてきた。

「みいちゃん、見えるか。子ども用のクッションもろてきたろか。」

でっかい声のばばあ。
まあ、孫を思うばばあ心と思いがまんす

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
1

第二話 善良風無思考人たち

『寝た子を起こす』という言葉があるが、文字通りやっと寝付いた赤子を起こしてくれる迷惑な人々がいる。
例えば、むずがる幼子をやっと寝かしつけたところへやって来る宅配便。
しかし、これはいたしかたない。
先方に非は無い。
インターホンを鳴らさないでほしいと張り紙をするなり、インターホンの音を消しておくなり、こちら側の対処の問題である。
だが、電車やバスの中で、いきなりベビーカーを覗き込んで

「いない

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
3