見出し画像

episodeⅡ


あいつは、最低最悪の野郎だった。

とんがった靴にとんがったヘアースタイル。

黒いジャケットを着て、大股で歩く。

はじめて彼を見たとき、彼は、どこまでも細く長い、1本の、真っ黒い棒のように見えた。

「あぁ、折れてしまいそうだな。」

そんな印象を持った。



そんな彼は自ら、
自分は天使の声が聞こえると言った。

自分は二重人格なのかと悩んだことがあるほど、優しくてあたたかい自分と、厳しくて冷たい自分がいると話した。

そして、
自分が誰かを愛することで、なんとか愛を感じて生きているとも、自分が誰かに注いだ愛が、いつか自分に返ってくるのを待っているとも言っていた。

まるで、彼は自ら、
寂しいと言っているようだった。



ある人は彼のことを、人間としてはクソだと言い、
ある人は、小さな嘘をいくつもつく人だと言った。
またある人は、彼のことをガキだと言った。

けれども彼は、
信頼もされていた。尊敬もされていた。凄いとも思われていた。

そう、人から見られる彼の姿も、二極化していたのだ。



私は、彼の心がどうなっていたのか分からない。

でも、私は、優しい彼から、あたたかい愛をもらった。

私が生きていく中でつくられた化けの皮は、どんどん剥がされていき…

そして、自分のなかのものが隠しきれず出てきてしまったときに、厳しい彼から、冷たくされた。

それにより私は、間違いなく、傷ついていた。

けれども絶対的に彼を信じていたから、裏切れなかった。離れられなかった。

苦しかった。

その中できっと、私も彼を傷つけていた。

私が不幸そうにしているのを彼に見せつけることで、また、私が彼にしがみつくことで、きっと私は彼に復讐していた。


けれどもそれを続けても、''終わり''は訪れないことを知った。

私が追えば、彼は逃げる。
だからいってもっと追えば、彼はもっと逃げる。


疲れる。

彼を追い、いつしかボロボロになっていた私はもう、1人で泣くしか無かった。

1人で苦しむしかなかったし、1人で憎むしかなかった。





今日、私は、
昔、彼と一緒にパスタを食べたカフェで、
一切れのパンと、珈琲を頼んだ。

久しぶりの外出…。

あのとき座った席とは、違うところに座った。

パンはなぜだかしょっぱかった。
珈琲は、真っ黒なのがあの人に似て気に食わなかったので、ミルクをたっぷり入れてやったし、砂糖もたっぷりいれてやった。
入れすぎて不味かった。

こんな珈琲みたいになってしまった私の心を、私はこれから、1人で抱えて生きていかなければならなかった。





ーーーーーーーーーー

ゆったりとした朝にほっとする文章を。

そんなテーマで書いている朝の読み物がこの「パンとコーヒー」です。複数のメンバーで運営しています。

「パンとコーヒー」一覧はこちら

ーーーーーーーーーー

#物語 #短編 #小説 #パン #コーヒー #珈琲 #パンとコーヒー




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もだーいすき!読んでくれてありがとう!
5
自由気ままに書いてます。ほんとはもちょっと精査したい。