見出し画像

依存症という世界の観察

田代まさしさんが覚せい剤を持っていたとかで久しぶりに逮捕されたというニュースが流れているのを見た。

友人によると、「覚せい剤の利用者に世間は厳しい」らしい。ふ〜ん。依存症を何だと思っているんでしょうか。またお得意の「考えたことない」でしょうか。

ぼくの理解では、依存症というのは、そうなってしまったら──たとえばアルコール依存症なら、「飲んでいる状態」が平常になる。薬なら、「やってる状態」が当たり前になるということ。

だから依存症なんだ。

これは依存症になったことのない人による、依存症の人の観察結果として読んでほしいが、考え方を逆転させなければわからないんじゃないか。

つまり、酔ってない状態を普通だと思っていると、アルコール依存症はわからない。

たとえばぼくは飲まない日がないくらいの飲み助だが、帰宅して、1杯飲み、2杯飲みが続いて飲みすぎたとしても、いつかは、このへんでやめて寝るか、となる。それが延びれば延びるほど二日酔いになるわけだが、二日酔いと言っている時点で依存症とはちょっと違う。アルコール依存症の渦中にいる人には二日酔いなんてものではないはずで、酔ってる状態が普通なわけだから二日酔いにはならない。

で、これは当事者たちがよく言っていることだが、アルコール依存症に「もう2度と飲まない」という誓いは危なくて、快復している人は「今日は飲まない」という選択を1日、1日続けているだけなんだ。

薬物依存症の場合は、違法薬物の問題がからんでくるからさらに厄介なのだろうが、しかし、アルコール飲料は普通にそのへんの店で売ってるから逆に厄介という見方もできるので、どっちが大変ということを言う気にぼくはならない(刑罰が出てきて問題が複雑というのはあるだろう)。

ただ、薬物依存症の人たちの話を聞いても、だいたい似たようなことだなぁと感じる。

ぼくが思うのは、依存症の方へ踏み越えてしまうその線は、その時にはきっと誰だってわからないんだろうということだ。気づいたら、その世界へ来てしまっている。その哀しみに思いを馳せる。いつかぼくも行く道かもしれない。誰だってそうだ。

だから、よく頑張った。大変だったろうが、またこれからだ。人生そのくり返しじゃないか。

依存症からいまのところ快復しているらしい人の家族として、依存症という世界に対する想いを少し書いてみた。

(つづく)

珈琲焙煎舎が今月、8周年を迎えるのを記念して、こんな企画が立ち上がっています。焙煎舎ファンの皆さま、どうぞよろしくお願いします。9日は賑やかし(?)に行かせてもらいます!

オトナのための文章教室(三鷹と横浜)は、11月のスケジュールを更新しています。ぜひご覧ください。

チラシ

日常をふらふら旅する雑誌『アフリカ』最新号(2019年7月号)、相変わらず発売中。在庫が少なくなってきたので、お早めに。ウェブ・ショップからも買えます。

「道草の家・ことのは山房」のトップ・ページに置いてある"日めくりカレンダー"は、1日めくって、11月6日。今日は、今週末に珈琲焙煎舎 でお目見えする「道草だるまのブックマーカー」制作風景を少しご覧あれ。

※"日めくりカレンダー"は、毎日だいたい朝(日本時間の)に更新しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
下窪俊哉=道草家。書く人。編集する人。デザインする人。プライベート出版レーベル「アフリカキカク」プロデューサー。「ことばのワークショップ」「オトナのための文章教室」案内人。ガイドヘルパー。で、やっぱり道草家。 http://kotonohasanbou.weebly.com/

この記事が入っているマガジン

コメント1件

とある本にどんなに少量の飲酒でもその延長には依存症がある、というものがありしっくりきました。境界線はなくてあやふやで、リスクを無くすには断つしかない、という。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。