《絵本レビュー》お?かお!
見出し画像

《絵本レビュー》お?かお!

こんにちは、只今の気温21℃!暑いですねぇ。
そろそろ、衣替えをせねばと気持ちばかりがあせるコボシです。

さっ、今日の絵本はコチラ《お?かお!》です。
これって、《お?かお!=おかお》って言いたいのかなぁ?
作者は、ひらぎみつえさんで、あかちゃんがよろこぶしかけえほんシリーズをたくさん出されてます。
そして、一児のママさんです。

ふと、《あかちゃん》っていつからいつまでかなぁって思ったのでググってみました。

出生後28日未満を「新生児」、生後0日から満1歳未満までを「乳児」、満1歳から小学校就学までを「幼児」と表現しています。そのため、新生児・乳児=赤ちゃん、幼児=子供と解釈すると、0歳から1歳までが赤ちゃんということになります。(母子保健法)

なるほどですねっ、1歳までかぁ。
たしかに、この絵本は次女が生まれてすぐに購入した記憶が....。

ちなみに、初版は2017年4月みたいですね(^^)
しかけ絵本なので、しかけがあるわけです(笑)

各ページ目・鼻・口などを動かせるようになっており、その表情に沿ってシンプルな文がそえられてます。

笑った顔や、しょんぼり顔、あっかんべぇ顔など、赤ちゃんが指でしかけを動かせます。

1ページ1ページだいぶ分厚いので、カミカミしてもやぶれることはないでしょうね。かなり頑丈です‼︎

しかけ絵本って、しかけを動かすスピードで、いろんな想像力がかきたてられますよね。赤ちゃんって、好きなモノは集中して繰り返すじゃないですかっ。

指も五感も鍛えられますね。そして、母と子の共同コミュニケーションですよっ(^^)

娘たちは、まゆげのページがお好みらしく片方の眉を上げ下げ上げ下げに夢中になっていました。
わたしの声なんて聞いてなかったと思います(笑)

指でコネコネしてたんですよねぇ(かわいい)
懐かしいし、もうあの頃は戻ってこないけれど絵本と共にいろんな思い出が蘇ります。

かわいいんですけど、育児って本当に大変なんですよね。ワンオペで、孤独で気が抜けないですしね。
口に入れても危なくないモノが、購入するときの最低条件だったな(笑)

わたし、個人的にしかけ絵本ってダイスキなんです(精神年齢ずっと5歳)そういうのもあって、ワンオペ真っ最中のとき、本屋にわざわざ散歩がてら行って、しかけ絵本探してましたねぇ。

今思えば、わたしの欲求も満たされるし、ストレス発散してたのかもしれません。
だいぶ話がそれましたが、それくらい、しかけ絵本は偉大ということです。しかけさまぁ〜。

あぁ、また探したくなってきました。
ちょっと、本屋へ行ってきまぁーす!

#お ?かお!
#ひらぎみつえ
#ほるぷ出版
#凸版印刷
#絵本



この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コボシ

サポートしてもらう→絵本を購入→絵本レビューで紹介します!

すごくよい日になりました☆彡
ひたすら、絵本レビューしてます。 《みらいパブリッシング (出版社)HPにて、絵本レビュー掲載中☆彡》https://miraipub.jp/series/8568/