瞑想中の蜜りんご(Akiko Yoshida)

編集者・ライター。茨城県生まれ納豆育ち。弘法大師・空海の超人ぶりに惚れています。拙著『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』(祥伝社黄金文庫)HP『旅と巡礼』https://akkoakkoprism.jimdofree.com/

瞑想中の蜜りんご(Akiko Yoshida)

編集者・ライター。茨城県生まれ納豆育ち。弘法大師・空海の超人ぶりに惚れています。拙著『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』(祥伝社黄金文庫)HP『旅と巡礼』https://akkoakkoprism.jimdofree.com/

    マガジン

    • 波羅蜜多WAVE

      • 59本

      神や仏を中心に、心の世界を探究! 文字(note)のほか、音声版(Stand.fm)でも配信しています。座禅・瞑想・マインドフルネス、仏教経典の自由研究、仏教と茶の湯など、個性的なメンバーによる豊かな内容で発信。 /執筆メンバーは、瞑想中の蜜りんご・ロックンロール三輪そうめん・ティータイム中の夢クラゲ・さすらいのバインミーほか(2019年12月の冬至の日に、仏教サークル元メンバーで新たにスタートした媒体です)

      • 波羅蜜多WAVE

        • 59本

    最近の記事

    森林とその癒やしの効果、高野山の森

    本日は4月8日、お釈迦様の誕生日です。「花まつり」とか、「灌仏会」(かんぶつえ)などと言って、各寺院では、お釈迦様の像に甘茶をかけてお祝いします。 さて、そんな花まつりの本日、久しぶりに波羅蜜多WAVEの収録を行いました。前回登場いただいた、高野山のセレクトショップ「一の橋天風」の若女将、馬場麻美さんに再登場していただき、高野槙やそれにまつわる新しい高野山のお土産について聞いています。 そして、今回のお話で紹介した、高野槙の香りを使用した「槙爽香(しんそうか)」シリーズを体

    スキ
    5
      • 渋谷で高野山!

        先週末は、渋谷の観光案内所「Shibuya-san(しぶやさん )」で開催されていた「Shibuya-san de 高野山」に行って参りました。 数年前まで総本山の金剛峯寺にいらした僧侶の永崎さん(左から2番目)に久しぶりにお会いし、タイで修行されていたという、関さん(一番左)にもご挨拶させていただきました。 ありがたいお話しを聞いて、瞑想会にも参加させていただきました。🙏 1回5〜6分の阿字観瞑想を2回。頭がスッキリしました! こぢんまりとしたスペースですが、高野山の雰

        スキ
        3
        • 猫の日にちなんだお話し

          2月22日は「猫の日」ということで、今回は猫関連の話を。 猫のトイレ、されどトイレ では猫トイレのお話を‥‥。しょっぱなから「トイレの話しかよ!」という感じですが(笑)、ニンゲンも猫も、トイレ問題は大切! お盆休みや年末年始の猫連れ帰省に大活躍していた、使い捨て猫トイレ。災害時にも役に立つので、以前記事にしました。時期によってアクセスが伸びるので読んで下さる方がいらっしゃるのだなぁ〜と嬉しく思い、その後の追記をしたいと思います。 うちの愛猫は、小さいころからシステムト

          スキ
          1
          • マインドフルな時間と、風の時代の常陸のお茶

            前回の続きです。 前回、ご自身もおっしゃっていましたが、久原房之助氏にフューチャーしている人は、今、石山敏明さんしかいらっしゃらないかもしれませんね。八芳園の名付け親で、庭園を作った方である久原先生は、茨城の日立にゆかりが深い人だということも分かりました。 インタビュー第2回目の音声では、「木曜日の朝は八芳園の朝のマインドフルネス庭園散策&茶禅休憩時間」企画のきっかけからお話を伺いました。 石山さんのお話しの中にも出てきますが、茶禅で使用されている「白金円融茶」の「円融

            スキ
            10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 波羅蜜多WAVE

            • 59本

            神や仏を中心に、心の世界を探究! 文字(note)のほか、音声版(Stand.fm)でも配信しています。座禅・瞑想・マインドフルネス、仏教経典の自由研究、仏教と茶の湯など、個性的なメンバーによる豊かな内容で発信。 /執筆メンバーは、瞑想中の蜜りんご・ロックンロール三輪そうめん・ティータイム中の夢クラゲ・さすらいのバインミーほか(2019年12月の冬至の日に、仏教サークル元メンバーで新たにスタートした媒体です)

          • 波羅蜜多WAVE

            • 59本

            神や仏を中心に、心の世界を探究! 文字(note)のほか、音声版(Stand.fm)でも配信しています。座禅・瞑想・マインドフルネス、仏教経典の自由研究、仏教と茶の湯など、個性的なメンバーによる豊かな内容で発信。 /執筆メンバーは、瞑想中の蜜りんご・ロックンロール三輪そうめん・ティータイム中の夢クラゲ・さすらいのバインミーほか(2019年12月の冬至の日に、仏教サークル元メンバーで新たにスタートした媒体です)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 茶禅休憩でデジタル・デトックス

              前回の、朝のマインドフルネスと茶禅はいかが?の続きです。 八芳園の庭を散策し、竹林の中で歩く瞑想をしたあとは、茶禅の時間が待っていました。この日は5階のリンデンの間へ。 お茶で心を整える 茶禅休憩では、以下の5つを行って心を整えます。 ①スマホから離れる(用意された袋に入れる) ②調身時間(今ここに集中して身体をリラックス) ③調息時間(今ここに集中して、丹田を意識し、呼吸を整える) ④調心時間(今ここに集中して、心を整える) ⑤所作観察(自身の所作観察をしながら、白

              スキ
              9
              • 朝のマインドフルネスと茶禅はいかが?

                東京・白金台に約1万坪という広大な庭を持つ、八芳園(はっぽうえん)。結婚式場やレストランとして有名ですが、こちらで朝の庭園散策&茶禅が開催されているのはご存知ですか? 「木曜日の朝は八芳園の朝のマインドフルネス庭園散策&茶禅休憩時間」は、その名の通り、毎週木曜日の午前中に八芳園で行われている企画です。ご縁をいただき、私も体験してきました! 八芳園の歴史 まずは、八芳園の歴史の説明から参りましょう。八芳園は、東京都港区白金台1−1−1という、住所を見ただけでも縁起の良い東京

                スキ
                10
                • 楽しみ方いろいろ!神玉巡拝

                  続きです。 茨城県北の神玉巡拝。昨年2021年夏に巡った2つの神社をご紹介します。 太古から泉が湧く神社 茨城県日立市に鎮座する泉神社。崇神天皇の御代、紀元前42年に鎮祀されたとのことです。驚き! その名の通り泉が湧くことで知られる神社。日本人は太古の昔、巨木や岩などを神様の依代として信仰していましたので、こちらもこんこんと湧く泉自体を神様として崇め、そのあと今のような社殿ができたのではないでしょうか。 フランスのルルドの泉と勘違いしてか、硬貨を投げ入れる人が多いようで

                  スキ
                  8
                  • 新春!ドラゴンボール神玉巡拝

                    【✾迎春✾】 新年明けましておめでとうございます。 令和四年も、波羅蜜多WAVEをどうぞよろしくお願いいたします! さて、瞑想中の蜜りんご、こと吉田明乎は年末年始、茨城県の実家に帰省しておりました。昨年の秋に2年ぶりくらいに帰省したのですが、そのときからスタートしたことがございます。 それは、<神玉巡拝>! 茨城県北にある神社の若い宮司さんたちで考えた企画のようで、高萩市や日立市などの神社をめぐり、神玉を集めると願いが叶うというドラゴンボール並みのワクワク企画であります。

                    スキ
                    5
                    • 波羅蜜多WAVE、2周年!

                      こんにちは。瞑想中の蜜りんご、こと吉田明乎です。 本日12月22日(旧暦の11月19日)は、二十四節気で「冬至」ですね。太陽が出ている時間が最も短く、夜が最も長い日。 ふとnoteを開いたら、波羅蜜多WAVE、2周年のバッジのプレゼントが届いていました! 【波羅蜜多WAVE】は、仏教サークルのメンバーで始めた媒体で、2019年の冬至の日に結成し、次の新月の日に記事の投稿をスタートしました。 そのときの記事↓ https://note.com/haramitaakko/n

                      スキ
                      8
                      • 高野山は今、紅葉シーズン

                        こんにちは。瞑想中の蜜りんご、こと吉田明乎です。あっという間に10月も最後の週末を迎えますね。 29日(金)は「下弦の月」。真夜中に東の空から昇り、明け方に南の空に高くかかります。そして太陽が昇るにつれて西の方角に“弦を下”にして沈んでいきます。弦というのは、弓にピンと張った糸のことを指し、月がそのように見えることから「下弦の月」と呼ばれているのですね。 さて、先日、ローラさんがインスタで紹介してくださった『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』(祥伝社黄金文庫)の件ですが、出版

                        スキ
                        7
                        • 音声で聴く。お月さまの誘導瞑想でリラックス

                          『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』(祥伝社黄金文庫)の拙著の件ですが、前回の投稿のとおり、在庫切れを起こしておりまして、ローラさんファンの方にもご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。 少し前のnoteで拙著の内容をお話したものがございます。音声でも聞けますので、よろしければご視聴ください。瞑想イベントで行っている誘導瞑想を、音声の最後の方で流しております。⬇ では皆様もよい週末を♪

                          スキ
                          6
                          • 不思議でうれしい満月の日

                            皆さん、満月はご覧になりましたか? 今月は20日(水)23時57分に月が満ちました。ネイティブ・アメリカンの慣習では「ハンターズ・ムーン」と呼ばれ、狩りのシーズン到来、冬の備えの時期が来たよ、という意味の日だそうです。 ■ローラさんがインスタで? そして、今日は朝からとても驚くことがありました! タレントのローラさんが、自信のインスタで私の拙著『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』をアップしてくださったのです。ありがとうございます! カリフォルニアから投稿してくださったようです

                            スキ
                            6
                            • 週末は、お月さま瞑想でお疲れさま

                              神と仏を中心に、心の世界を探求する【波羅蜜多WAVE】。瞑想中の蜜りんごです。今日は久しぶりに瞑想のネタをお届けします。 近年、瞑想会や坐禅会を開催するお寺が増えています。皆さまも、ヨガや瞑想会を体験したことがある、という方も多いのではないでしょうか。NYから逆輸入されたマインドフルネスも流行りましたよね。(マインドフルネスももとは日本の禅です)しかしここ1〜2年はコロナ禍で中止になるイベントも多く、せっかくはじめた瞑想や座禅が自分ひとりでは続かなかった、もっと知りたかった

                              スキ
                              10
                              • 日本の美しい月の呼び名

                                神と仏を中心に、心の世界を探求する【波羅蜜多WAVE】。文字と音声の両方でお送りしております。ミニコーナー【蜜りんごの森】。 21日(火)は十五夜でしたね。今夜も月がきれいです。 今回は、日本に古くから伝わる月の美しい呼び名をお話します。

                                スキ
                                9
                                • 十五夜が近いので月の話を。

                                  神と仏を中心に、心の世界を探求する【波羅蜜多WAVE】。文字と音声の両方でお送りしております。 5分間番組のミニコーナー【蜜りんごの森】UPしました。 21日(火)は満月で十五夜。今夜も月が美しいです。そんなわけで、月の話を少し。

                                  スキ
                                  6
                                  • 天界に咲く花、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

                                    波羅蜜多WAVEの音声版のミニコーナー、【蜜りんごの森】。 今回の音声はこちらです⬇ 今日、道を歩いていましたら、道端に彼岸花がたくさん咲いていて、お彼岸が近いことを知りました。彼岸というのは、あちらの彼方、あの世という意味です。 今年の秋のお彼岸は、週明け9月20日(月・祝)敬老の日から9月26日(日)まで。 彼岸花は、別名を曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ともいいますよね。サンスクリット語という古代インドの言葉(manjusaka)の音写で、漢字をあてたんですね。もともとは

                                    スキ
                                    11