マガジンのカバー画像

波羅蜜多WAVE

56
神や仏を中心に、心の世界を探究! 文字(note)のほか、音声版(Stand.fm)でも配信しています。座禅・瞑想・マインドフルネス、仏教経典の自由研究、仏教と茶の湯など、個性的… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

楽しみ方いろいろ!神玉巡拝

続きです。 茨城県北の神玉巡拝。昨年2021年夏に巡った2つの神社をご紹介します。 太古から泉が湧く神社 茨城県日立市に鎮座する泉神社。崇神天皇の御代、紀元前42年に鎮祀されたとのことです。驚き! その名の通り泉が湧くことで知られる神社。日本人は太古の昔、巨木や岩などを神様の依代として信仰していましたので、こちらもこんこんと湧く泉自体を神様として崇め、そのあと今のような社殿ができたのではないでしょうか。 フランスのルルドの泉と勘違いしてか、硬貨を投げ入れる人が多いようで

スキ
6

新春!ドラゴンボール神玉巡拝

【✾迎春✾】 新年明けましておめでとうございます。 令和四年も、波羅蜜多WAVEをどうぞよろしくお願いいたします! さて、瞑想中の蜜りんご、こと吉田明乎は年末年始、茨城県の実家に帰省しておりました。昨年の秋に2年ぶりくらいに帰省したのですが、そのときからスタートしたことがございます。 それは、<神玉巡拝>! 茨城県北にある神社の若い宮司さんたちで考えた企画のようで、高萩市や日立市などの神社をめぐり、神玉を集めると願いが叶うというドラゴンボール並みのワクワク企画であります。

スキ
4

波羅蜜多WAVE、2周年!

こんにちは。瞑想中の蜜りんご、こと吉田明乎です。 本日12月22日(旧暦の11月19日)は、二十四節気で「冬至」ですね。太陽が出ている時間が最も短く、夜が最も長い日。 ふとnoteを開いたら、波羅蜜多WAVE、2周年のバッジのプレゼントが届いていました! 【波羅蜜多WAVE】は、仏教サークルのメンバーで始めた媒体で、2019年の冬至の日に結成し、次の新月の日に記事の投稿をスタートしました。 そのときの記事↓ https://note.com/haramitaakko/n

スキ
7

高野山は今、紅葉シーズン

こんにちは。瞑想中の蜜りんご、こと吉田明乎です。あっという間に10月も最後の週末を迎えますね。 29日(金)は「下弦の月」。真夜中に東の空から昇り、明け方に南の空に高くかかります。そして太陽が昇るにつれて西の方角に“弦を下”にして沈んでいきます。弦というのは、弓にピンと張った糸のことを指し、月がそのように見えることから「下弦の月」と呼ばれているのですね。 さて、先日、ローラさんがインスタで紹介してくださった『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』(祥伝社黄金文庫)の件ですが、出版

スキ
7

音声で聴く。お月さまの誘導瞑想でリラックス

『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』(祥伝社黄金文庫)の拙著の件ですが、前回の投稿のとおり、在庫切れを起こしておりまして、ローラさんファンの方にもご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。 少し前のnoteで拙著の内容をお話したものがございます。音声でも聞けますので、よろしければご視聴ください。瞑想イベントで行っている誘導瞑想を、音声の最後の方で流しております。⬇ では皆様もよい週末を♪

スキ
5

不思議でうれしい満月の日

皆さん、満月はご覧になりましたか? 今月は20日(水)23時57分に月が満ちました。ネイティブ・アメリカンの慣習では「ハンターズ・ムーン」と呼ばれ、狩りのシーズン到来、冬の備えの時期が来たよ、という意味の日だそうです。 ■ローラさんがインスタで? そして、今日は朝からとても驚くことがありました! タレントのローラさんが、自信のインスタで私の拙著『高野山に伝わるお月さまの瞑想法』をアップしてくださったのです。ありがとうございます! カリフォルニアから投稿してくださったようです

スキ
6

窗辺茶話(そうへんさわ) 其の三 茶道は最高の瞑想タイム

たまに現れてしばらく出てこないロックンロール三輪そうめんです。 三輪そうめんは温麺にするとコシのあるその威力を発揮するので是非オススメです。 さて今回は茶道のお話。平均年齢はきっと70代、若者離れの着々と進んでいる茶道なんですが、茶道こそ働く現代人(外で働くビジネスマンも自宅で働く主婦主夫も)にやってほしい習い事だと三輪そうめんは信じています。 勝手に強制瞑想タイムマシーンと心の中で思うほどの瞑想に近い身体や心に良いチカラがあります。 はじめに動作を習い体に染みつくまで

スキ
3

週末は、お月さま瞑想でお疲れさま

神と仏を中心に、心の世界を探求する【波羅蜜多WAVE】。瞑想中の蜜りんごです。今日は久しぶりに瞑想のネタをお届けします。 近年、瞑想会や坐禅会を開催するお寺が増えています。皆さまも、ヨガや瞑想会を体験したことがある、という方も多いのではないでしょうか。NYから逆輸入されたマインドフルネスも流行りましたよね。(マインドフルネスももとは日本の禅です)しかしここ1〜2年はコロナ禍で中止になるイベントも多く、せっかくはじめた瞑想や座禅が自分ひとりでは続かなかった、もっと知りたかった

スキ
10

日本の美しい月の呼び名

神と仏を中心に、心の世界を探求する【波羅蜜多WAVE】。文字と音声の両方でお送りしております。ミニコーナー【蜜りんごの森】。 21日(火)は十五夜でしたね。今夜も月がきれいです。 今回は、日本に古くから伝わる月の美しい呼び名をお話します。

スキ
9

十五夜が近いので月の話を。

神と仏を中心に、心の世界を探求する【波羅蜜多WAVE】。文字と音声の両方でお送りしております。 5分間番組のミニコーナー【蜜りんごの森】UPしました。 21日(火)は満月で十五夜。今夜も月が美しいです。そんなわけで、月の話を少し。

スキ
6

天界に咲く花、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

波羅蜜多WAVEの音声版のミニコーナー、【蜜りんごの森】。 今回の音声はこちらです⬇ 今日、道を歩いていましたら、道端に彼岸花がたくさん咲いていて、お彼岸が近いことを知りました。彼岸というのは、あちらの彼方、あの世という意味です。 今年の秋のお彼岸は、週明け9月20日(月・祝)敬老の日から9月26日(日)まで。 彼岸花は、別名を曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ともいいますよね。サンスクリット語という古代インドの言葉(manjusaka)の音写で、漢字をあてたんですね。もともとは

スキ
10

音声版ミニコーナー【蜜りんごの森】。今回は高野山の水脈のことなど

波羅蜜多wave音声版のミニコーナーを新しく作ってみました! 名付けて「蜜りんごの森」です。😆 こちらの森では、お便りのご紹介やインタビューゲストの裏話、日々感じたことなどをゆるーく配信します。

スキ
6

窗辺茶話(そうへんさわ)其の弐 茶色はどうして緑ではないのだろう

お久しぶりです。ロックンロール三輪そうめんです。 さて何から書き始めようとぼんやりしてたらこんなに経過してしまいました。 どうにも時間の流れがコロナ禍になって掴めなくなっています。言い訳半分ですが… 急に涼しくなってきたので温かなお茶で身体を温めてくださいね。 ところで、題名の通りこんな疑問を持ったことはありませんか? 茶色はなんで土みたいな色なんだろうって。 お茶の色ってまず思い浮かべるのは緑色ではないでしょうか。 急須から淹れる煎茶も、甘味処でいただくお抹茶も緑

スキ
5

③高野山の風よ届け!コロナ禍で奮闘する、東京生まれの若女将

神と仏を中心に、心の世界を探求する波羅蜜多WAVE。引き継き、音声にて高野山をテーマにお届けしております。 一の橋天風の若女将インタビューは最終回。高野山に住む馬場さんに、高野山の魅力を聞きました。

スキ
3