見出し画像

玄米をそのまま販売するということ

 最近は健康意識の高い人の割合が増えており、米屋のお客さんも例外ではありません。

 以前と比べると玄米や分搗き米(ぶつきまい)で召し上がりになる人が増えています。

 ただもちろんまだまだ圧倒的に白米のお客様の方が多いです。玄米や分搗き米をお買い求めになるお客様は全体の1割くらいとお考え下さい。

画像1

 弊社の名前は「小池精米店」です。文字通り「精米」することを生業としている会社です。つまり玄米を仕入れることが前提になります。

 仕入れた玄米は白米にするために購入しています。そのまま玄米として販売することは、昔はほとんどありませんでした。

 小売りの立場からすると、産地から仕入れた玄米の袋を開けてそれをそのまま小分けにすればいいのですから、玄米販売の方が「楽」です。実際、「楽だから」という理由で玄米専門店にしている米屋もあります。

画像2

 でも…そのまま小分けして玄米を売ってしまっていいのか…と言うとそうではありません。

 生産者さんから運ばれてくる玄米の中には、石や籾、異種穀粒などが入っています。玄米をそのまま小分けにしたのではそういった異物が混入する場合があるのです。

ふくのこ石ころ

 皆さんのお米の購入先は、米屋をはじめとした専門店とは限りません(事実、米屋等の専門店で買う人は全体の3%くらいです)。

 産地から直接購入する場合もあると思います。

 生産者の仕事としては、稲を育て、収穫し、脱穀し、籾を外して玄米に仕立てるまで…が普通です。そこから先は生産者の仕事ではありません。

 玄米は出荷する前に袋に詰めた状態で検査を受けます。その段に前述した異物が「たくさん」入っているとJAや集荷業者からの買取価格が安くなるので、そういった異物を「極力」除去するように生産者は務めます。

 そう…異物はある程度入っていても「許容」なのです。法律で認められています。そしてその背景には、精米の段階でそういった異物を除去する前提があるからなのです。

画像4

 異物を除去する機械として「石抜き機」と「色彩選別機」があります。

 普通の生産者は前者を持っていることはあまりありません。それは後者の機械で石まではじくことが出来るからです。ただ後者も持っていない生産者も多くいます。それは「異物除去は、エンドユーザーに販売する業者=精米店のマター」だからです。

 そのため皆さんが生産者から直接玄米を買う…つまり米屋を介さない場合は、石などの異物が入っていることが多々あるようです。
 事実、皆さんが親戚からもらうお米=縁故米、にはそういったケースが本当に多いです。

 最近はエンドユーザーからの要望に応じて、上記の機械を備えつけている生産者も増えてきていますが、それでも時々そういったことがあります。

画像5

 白米に仕立てるには、弊社のような小さな米屋でも、工場のように様々な機械を組み合わせてラインを組んでいます。それはあくまでも白米を仕立てるためであり、玄米を売るためではありません。

 もし玄米を売るのであれば玄米用のラインを組む必要があります。またはしっかり「石抜き機」や「色彩選別機」を持っている農家から玄米を購入する必要があります。

 小池精米店では以前は玄米用の機械がありましたが、お米の取扱量が増えてくるにつれて場所が狭くなり、泣く泣く手放しました。

 いまは前述のような農家さんから直接購入しています。

 そのため小池精米店で販売しているお米は50種類以上ありますが、すべてを玄米や分搗き米で売ることは出来ず、出来るもの・出来ないものを分けているのです。

画像6

 ただ…残念ながらいまでも米屋のなかにはお客さんから玄米を求められているにもかかわらず、明らかに石抜きしていない玄米を小分けしている店もあります。

 異物が入っていること自体、お客様にとっては危険なことなのですが、一方で未だ生産から販売まで、玄米を売るための仕組みは出来ておらず、玄米で購入することはあくまでもイレギュラーケースであることは覚えておいてください。

画像7

 皆さんがもし玄米を米屋で購入される際は、きちんと石抜き済みなのかどうか、是非ともご確認下さい。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

「楽しくなければお米ではない!」
有限会社 小池精米店
三代目 小池理雄(ただお)

五ツ星お米マイスター
東京米スター
6次産業化プランナー(中央サポートセンター登録)
社会保険労務士

東京都米穀小売商業組合所属
東京都ごはん区メンバー

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-14-17
Tel 03-3400-6723
Fax 03-3400-6735
携帯 090-8515-6501

ホームページ http://www.komeya.biz/
Facebook https://www.facebook.com/tadao.koike
Twitter https://twitter.com/koike_komeya
Instagram https://www.instagram.com/tadao_koike/

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!みんなでお米を食べましょう!
39
1971年、原宿生まれ。明治大学卒業後、出版社入社。社会保険労務士の資格取得後、コンサルタントとして活動。2006年小池精米店を継ぐ。イベントや講演会、テレビやラジオ、新聞等のメディアに多数出演。 https://www.facebook.com/tadao.koike