Atria

教育学部に通う大学生のつぶやき。

今やってるアルバイト、とにかく私物を使う。これ良くないよなぁって毎回思ってるのに、言い出せない自分も自分だと感じる。先輩は私物を使うことに対してなんも思ってない様子だし、後輩は私物使うことが義務みたいに感じてて、見てると辛い。おかしい。はっきり言えばいいのに、言えない自分がいる。

なんだろう。
毎日何かに追われている気がする。
毎日全力で生きてるはずなのに。
もしかして自分は全力で生きてるって思ってるだけで、本当は全力じゃないのかも。
授業課題も、今やってる生徒会みたいな大学の委員会も、バイトも、合唱も。やるべきことがまだ大量に残ってる気がしちゃう。

教員は世間知らずちゃん。そんなこと言われたくないけど、きっと将来を見据えて教育系バイトをしている人が多いからだよね。逆に一生懸命になりすぎなのかもしれないな。他のことにも目を向けた方がいいのかもしれないな。

大学生という身分である以上、先生というバイトをしていても必ず学生には舐められるマイナス面もあれば、親近感を持って接してもらえるため学生の悩み共感しやすいプラスの面があると思う。でも将来的に教壇に立つのであれば、親近感を振り払って己を貫くべきなのだろうか。硬さを求めるべきなのか。