ハマダ ユイ|相談室バオバブ

ソーシャルワーカー | 大学教員 | 公認心理師 | 相談室バオバブ主宰 | 写真ブー…

ハマダ ユイ|相談室バオバブ

ソーシャルワーカー | 大学教員 | 公認心理師 | 相談室バオバブ主宰 | 写真ブーム到来中

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【プロフィール】インタビュー記事など

最近、紹介していただいた記事などはコチラ。 __________________ ■支援者のためのウェルビーイングnote|2023年12月20日 Streatメンバー紹介 ■ピアアドボケイト研究論文(共同研究者として)|2023年11月15日 精神障害者が認識する権利擁護支援が必要な状況と対処方法 ■Poshulou|2023年5月26日 #10 ポシュロウの人たち【濱田 唯さん】 ■フクシのみらいデザイン研究所|2023年2月24日 【精神医療人権センター】私の

    • 今ピンチなあなたに、とりあえずの助言

      風邪をひきました。 喉は腫れているし、お腹もゴロゴロする。熱はないし食欲もあるので、お菓子をボリボリ食べながら(飲み込むのが痛いんだわこれが)家の中でのんびりしています。 友人が「今は何もやるなってことだよ、寝てな!」と言ってくれて、なんだかそれが効いて、心安らかにのんびりしています。 私たちは、「とりあえずの助言」なるものに助けられているな〜と思います。 以前ソーシャルワーカーの先輩が、鬱(うつ)でベッドから起きられなくなってしまった人に対して、電話で「お家の人に、

      • 一緒にいると辛くなる人がいるあなたへ

        「あなたのその健全さが辛い」と言われたことがあります。 大事な友人の一人でした。相手も私のことを大事に思っていたからこそ、話してくれたのだと思います。 あなた(私)は何も悪くないのだけど、そのひたむきに努力できちゃう感じとか、未来は明るいって根拠なく信じられてしまう感じとか、人の良いところばかり見ることができちゃう感じとか、全て辛いと。 私はその人が、辛い気持ちでいるだろうなということもなんとなくわかっていたので、「そうかぁ」と言いました。そして、そういう気持ち、とても

        • ほしい言葉は相手に伝えてみるといい

          たまに、仕事が忙しいことに対する文句を言います。 友人は言います。 ええそうです。そのとおりです。 たしかに私が選んだ仕事たちです。別に誰かに強制されて仕事しているわけじゃないし、やめたいと思ってる訳でもない。私にとってすんごい大事な仕事たちです。 でも、重なって忙しいな〜みたいな、文句言いたい時あるじゃないですか。雨が降って「ちぇ!!」と同じようなものですよ。ただ「大変だねぇ」と言ってほしいのですよ。 そんなわけで、私はすかさず言います。 友人は言います。 そ

        • 固定された記事

        【プロフィール】インタビュー記事など

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Enjoy the things until YAMEPI
          ハマダ ユイ|相談室バオバブ
        • 人と人のアイダ
          ハマダ ユイ|相談室バオバブ
        • Yui's photo is here!
          ハマダ ユイ|相談室バオバブ
        • 兼業日記
          ハマダ ユイ|相談室バオバブ
        • ソーシャルワークひとりごと
          ハマダ ユイ|相談室バオバブ
        • 対話のカケラ
          ハマダ ユイ|相談室バオバブ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          愚痴る時はマナーが大事

          ただ愚痴りたい時ってある。 でも愚痴るという行為には、ある程度マナーが必要だと思っている。だって、愚痴を聞くって大変だ。共感を表したり、同情したり、相手はいつだってたくさん考えて聞いてくれている。それを理解してこの行為を行わなくてはいけないと思っている。 というわけで(どういうわけで)、突然だけど愚痴る時のマイルールを紹介しよう! 相手を楽しませる愚痴を まず、ただ愚痴るんじゃなくて起承転結を意識すること。ユーモアを忘れず、相手をエンターテインする気持ちが大事。誰かへ

          愚痴る時はマナーが大事

          結局は、わからない中で生きている

          突然ですが、SPSSという統計ソフトを使いながら論文を書いています。 私は昨年に大学院で修士課程を終えたピヨピヨ研究者。 大学院を終えたことによって私の生活は結構変わりました。教員募集の知らせや、研究発表の機会、共同研究のお誘いなど、予想しない出来事がいろいろやってくるようになりました。 今回書いている論文は、初めて統計の分析を用いた内容で、手探りでSPSSを使いながら書き進めています。これがあれば難しい計算は勝手にやってくれるのでありがたいですが、どんな計算が行われて

          結局は、わからない中で生きている

          「嘘つく人はどう?」と問われた時は・・・

          先日、「嘘つく人ってどう思いますか?」と聞かれました。 ソーシャルワークの仕事はおもしろい。いろんな人から、いろんな問いかけをされる。 「嘘つく人かぁ。そうですねぇ。そうねぇ。」なんて、言いながら、コーヒーを飲んだり、おしぼりを触ったりして考えました。 嘘をつく人について考える時は、自分も嘘をつくということを一回棚に上げて考えないとうまく考えられない気がします。私も人生でいろいろと嘘をついてきました。しょーもない嘘もありました。でも、最近は、別に嘘をついてまで説明しなく

          「嘘つく人はどう?」と問われた時は・・・

          「がっかり」するのは相手の勝手

          最近、「がっかりだわ〜」と言われて傷ついた方からの話を聞きました。 私は「がっかり」もしくは「残念だよ」という言葉の持つ攻撃力に、いつも圧倒されています。「がっかり攻撃」と名前をつけていて、過去にはこんな記事も書いています。 (この過去記事、ちょっと読みづらいな…) いまいちど、言いたいのですが。 「がっかりだわ〜」は、相手をコントロールしたいという大きな意図を持って発される言葉です。 言われた方は、相手を失望させた自分が悪いと感じる。もっと頑張らなくてはと思う。と

          「がっかり」するのは相手の勝手

          ままならない体と どう付き合うのか

          朝から血液検査を受けてきました。 すごい寒い朝。凍えながら病院へ行きました。朝食も抜いているから(もともと食べないけど)、「終わったらマックとか食べたいな〜今日は特別だよな〜」なんてニヤニヤしてました。 そしたら、看護師さんもびっくりなくらい、血管が出てこなかったのです。 うすうす、気づいてはいたのです。いろんな病院で、「血管、出てこないですね〜」「さすってもいいですか?」「叩いてもいいですか?」などなど、血管と格闘する看護師さんたちを見てきたから。でも今日の戦いは特に

          ままならない体と どう付き合うのか

          その感情は、私たちがつくった枠組みの中で起きる

          ケネス・ガーゲンとメアリー・ガーゲンの「現実はいつも対話から生まれる」を読んでいました。 心理学者であるガーゲン夫妻は、「社会構成主義」という考え方を提唱していて、私はその理論に沿って物事を考えることが多くあります。今回もいろいろ考えたので、シェア。 本はこちら 社会構成主義とは? ざっくり言うと、社会構成主義とは「社会の様々なことは、人の頭の中でつくられたものである」ということです。私たちが普段から使っている概念は、もともとあったわけではなくて、私たちが生きていく中

          その感情は、私たちがつくった枠組みの中で起きる

          「書く相談」と「聞く相談」のちがいとは

          最近、相談室バオバブもメッセージ相談を始めました。 メッセージ相談をやっているカウンセリングルームは結構あって、私も別の場所でメッセージ相談を受けています。何人かは定期的にご予約をくださって、書いて、読んで、たまに電話で話す・・・そんなやりとりを続けています。 普段zoomや電話でお話するような「聞く相談」と、メッセージを「書く相談」は、根本的に違いがあるように感じています。 聞く相談って、相手が話しながら自分の考えを整理したり、自分の感情を出すことに集中できる時間をつ

          「書く相談」と「聞く相談」のちがいとは

          「折り合い」に口を出さない、その2

          過去にこんな記事を書いていて。 去年の1月6日は、修士論文の提出直前だったのですが、その時に思わず書いた記事です。 ソーシャルワーカーは、人の折り合いに触れやすい立場だなと思うのです。 自分が生きていくために、「本当はこうしたかった」と「現実」の間でゆっくりと折り合いをつけていく。 それは人間誰しもが行う作業なんだけど、障害があったり、環境的な困難があることによって、「本当はこうしたかった」に対して折り合いをつけることが多いと感じます。そして私たちは、そんな場面に立ち

          「折り合い」に口を出さない、その2

          書くと矛盾が出てくるけど、いいのさ。

          noteを書くと、「あの人に伝えたことと矛盾するな」とか「この前書いたことと矛盾するな」など、ポロポロ矛盾が見えてくる。 相談というのはとても個別に閉じられた作業で、一方noteとはとても開かれた場所で。対象者が違うと話す内容も違う。その人にスポットを当てた内容だから。それが、開かれた場所に引っ張り出されると、「あれ、この前と違うこと言っている」となります。 たとえば、この「良い印象は道を拓くよう」の記事。 これは学生にむけた言葉を切り取った記事なので、少しでもあなたの

          書くと矛盾が出てくるけど、いいのさ。

          自分に嘘をつく関係にとどまると、つらい。

          娘二人と食事している夢を見ました。 ただの夢です。私に娘はおりません〜。高校1年生と3年生の姉妹でした。 顔にモヤがかかっていて、ちゃんと見えないのですが、話の流れを聞いていると、どうやら妹は美人で彼氏持ち。姉はそうではないらしく、彼氏がいたことはないということでした。 妹が言うのです。「お姉ちゃん、私の方が先に彼氏ができたね!お姉ちゃんも、いつかできるといいね!彼氏がいて、私幸せだよ!」 姉は悲しそうに、「良かったね」と言うのです。 そこで、何かを伝えなくてはと、

          自分に嘘をつく関係にとどまると、つらい。

          「つまんないなぁ」はサイン

          たまに思い出すのですが、以前、一人暮らしをしていた家で、マリオカート(スマホアプリの)を一人でやりながら、「つまんないなぁ!」と身体に電気が走ったことがありました。 マリオカートのアプリが開始した直後でした。それっていつだろうとWikipediaで調べたら、2019年9月だった。 その日、私は家で週末を過ごしていました。そうじをして、ご飯をつくって、あとはゆっくり過ごしていて。そういう週末が好きでした。平日に職場で戦った疲れを、土日に解消する…という流れで日々を過ごしてい

          「つまんないなぁ」はサイン

          いい印象はちょっと意識したらつくれる

          本日は、後期の授業最終日でした。最後のおまけで学生に伝えた言葉はこちら。 相談は情報収集だという話は割愛しまして、「良い印象は道を拓くよう」の話を、noteでもう少し話したくなりました。 よく、「印象がいい」「頑張っている感じがする」「感じがいい」と言われます。 ええ、私の話です。ほんとなんです。信じてほしい。ちらりと会ったことある人は、感じてくださっているのではないでしょうか。そうでしょう?そうですよね(圧)。私をよく知っている人は、「時と場合によるけどな」と思ってい

          いい印象はちょっと意識したらつくれる