マガジンのカバー画像

対話のカケラ

27
クライエントさんとの対話の切り取り (個人情報に配慮しています。)
運営しているクリエイター

記事一覧

「書く相談」と「聞く相談」のちがいとは

最近、相談室バオバブもメッセージ相談を始めました。 メッセージ相談をやっているカウンセリ…

決められない時にアドバイスをもらう相手は

壁です。 なんの話かと言うと、「迷った」「決められない」「どっちにしよう」みたいな時に、…

ぜんぶ、私がきめる。

最近は、恋愛の話をすることが多くありました。 先日は若者の中に入って「告白された相手にど…

一回で最大級のやくわりを果たしておわる相談がある。

昨日のnoteに書いたことなのですが。 「定期的に来てくれる方がもう十分いるので(まあいいや…

相談の口コミ(クチコミ)のはなし。

口コミって見ると、「ろこみ」って読んでしまう私です。今日はクチコミの話。 noteを毎日書き…

「変えられるのは自分だけ…」その本当の意味とは?

最近、よく耳にする「他人は変えられない、変えられるのは自分だけ」という言葉。 これを「だ…

言葉は染み込むまでに時差がある。

「1年前にハマダさんから言われたことを、本当の意味で最近感じるようになりました」という言葉をいただきました。 素敵な言葉をいただいて嬉しい!と喜ぶと同時に、改めて思ったのです。言葉が染み込むまでには時差があるんだと。 その素敵な言葉を私にくれた人は、1年前に私が伝えた「自分にかけてあげる言葉たち」(私の行きたい道を選んでいいんだよ〜とか、私には私を守る権利があるんだよ〜など)を使いながら、自分への声かけをゆっくりされていたのです。 月日が流れて、一緒に作戦会議をしている

理解してもらえないかも…がつくる孤独感

バオバブでお話する人の中には、「誰かに相談というものをするのが全くの初めてです」という方…

私たちが過去を感じ直すことについて

私の仕事は、思いがけず、誰かが過去を感じ直す場面に遭遇することがあります。 たとえば、す…

失恋した日は独立記念日

誰かとの関係を解消しなければいけない時を、私は独立記念日と呼んでいます。 たとえば好きな…

誰かの代わりに怒ること

相談室バオバブで私が意識していることの中に、「自分のために怒ることができない誰かのために…

「ふつうの相談」だった。

※個人情報に配慮してお届けします。 東畑開人さんの「ふつうの相談」を読んでいる。ソーシャ…

感じるように聞くこと。

相談の仕事をする中で、「理解しようとしないでいい。感じるように聞くんだよ」ということを大…

誰かと比べて自分を保つ

辛い経験をした時に、「どこかの国の子供たちに比べたら、あなたはまだ幸せなんだから」と言われ、深く傷ついている人に出会うことが多い。 どんなに辛い時でも、「あの人に比べれば、自分の辛さなんて大したことないな」なんて思いながら、飲み込んでいる人に出会うことも多い。 そんな人たちに、「あなたが感じた『辛い』はあなただけのもので、他の誰かと比べるものではない」という話をしてきた。 あなたの「辛い」を、誰かが否定するのはおかしい。誰かと比べるのもおかしい。あなたが辛かったら、辛い