萩原慶太郎

ラジオ局勤務。なぜか担当するのはエンタメイベントが多い。フエルサブルータとか。世界中の面白い演出が気になる。好きなモノは「タコス」そして「オリンピック開会式」は毎回正座して観る。

誰かから会社届く素敵な(不思議な)便り 8月5日「しゃくれ」

それは8月上旬のある日。 会社のデスクに置かれた1枚の紙。 雑にきられたA5の紙。 「こつりん便り」...保険のお姉さんの売り込みか。 それにしても字も雑だし、変なイ...

閉会式の雨は、本当は恵みの雨だった

演出に込められた想いとは?恵みの雨と太陽は樹を育てレガシーを残こす。 東京へ繋がるリオ五輪の閉会式。東京の約8分におよぶプレゼンテーションは世界的にも好評で待ち...

大量の球体が動き、輝き、驚異のアート空間を作る!キネティックアートの演出

すでに写真だけですごい世界観だが当然CGではない。動く映像を見ると「すごい?なにこれ?」となる。是非、観てほしい。 どうなっているのか?CG?では無い。無数の小さな...

映像モニターとロボットアームの素敵な関係

コンサート演出などには未来がある。ロボットアームの先に映像モニターを取り付けたら、色々表現できちゃう。そんなかっこいい装置も、世界のコンサート演出や商業施設で登...