北田一喜/モノ好キ

芸人さんと笑いをつくりたい。個人の仕事しては、コピーライティング、ネーミング、4コマ漫画のシナリオ制作、動画の台本制作など。仕事がないときは、専ら息子の遊び相手をしています。

北田一喜/モノ好キ

芸人さんと笑いをつくりたい。個人の仕事しては、コピーライティング、ネーミング、4コマ漫画のシナリオ制作、動画の台本制作など。仕事がないときは、専ら息子の遊び相手をしています。

    最近の記事

    ブラックユーモア

    仕事で失敗をしたとき カトウさんは励ましの手紙をくれるし、 ビトウさんはデコピンで許してくれるが、 ムトウさんは覚えたてのシャイニングウィザードをしてくる。 金欠でご飯が食べられないとき カトウさんはご馳走してくれるし、 ビトウさんは空腹を紛らわすツボを押してくれるが、 ムトウさんは高利貸に変身する。 病気になったとき カトウさんは看病してくれるし、 ビトウさんは心配しつつ、うつされたくはないからと電話をしてくれるが、 ムトウさんは新薬の臨床実験を勧めて

    スキ
    1
      • 人生は選択の連続

        モンスターがあらわれた A:たたかう B:にげる モンスターがあらわな姿になった A:絹のローブをそっと肩にかけてやる B:まじまじと見る モンスターが哀れに思えてきた A:話を聞いてやる B:逃がしてやるが所持金は置いていかせる モンスターが戯れてきた A:一緒になって遊ぶ B:ノリが違うと拒絶する モンスターがたわいもない話をしてきた A:時計をチラチラと見て、空気を読ませようとする B:適当に話を合わせながら、さっき出会った町娘にこっそりメールをする

        スキ
        4
        • 10年前に書いた映画短評に、自らコメントしてみる その5

          以前書いた記事の、その5です。 昔の自分に頼って、いま記事を書いています。 『人のセックスを笑うな』 タイトルを見て、「おっ…」となりました。 ただ、セックスと言ってますが、内容としては恋愛と言い換えられます。 人の恋愛を笑うな。 女性と、男性になりかけの男の子と、女の子の恋愛模様が描かれています。いかにも邦画らしい雰囲気で、話がゆるゆると続きます。 面白いなぁーと思ったのは、「タバコ」や「コーヒー」や「甘いお菓子」などの登場アイテムが、その登場人物の“大人度”を反映してい

          スキ
          3
          • ほら音

            ぐうの音も出ない くうの音も当然出ない すうの音は出る つうの音は偶然出た ぬうの音は出ている ふうの音を出せない人はいない むうの音を隣のおじさんが出し続けている ゆうの音を必死で出そうとしているようだ るうの音が出せるかどうかの勝負なのにね

            • 大人のおやつ

              プリッツは、いわゆる箱入りだった。親元を離れ、コンビニで出会ったばかりの男の家にいる。まだ誰にも開けられたことのない口をゆっくり開けられると、芳しい匂いを放ち、まるで自ら彼を誘惑しているようだった。彼は慣れた手つきで覆いを剥ぎ取り、むしゃぶりつくのだった。 スプライトは、激しい上下運動によって極限の状態になっていた。そして、彼女の右手によって、抑圧されていたものが開放された。その瞬間、自らをさらけ出すように、溜まっていたものを一気にぶちまけ、辺り一面をぐっしょりと汚した。

              スキ
              4
              • 言葉は雰囲気でできている

                早速ですが、造語を辞書形式で紹介します。 【はらやかしい】 上品ではあるが、どこか妖艶で、鼻先をくすぐるような美しさを備えているさま 用例 「十余年ぶりに再会した幼馴染のはらやかしさに、思わず唾をのんだ」 【がまりびく】 いかにも屈強そうな者が怯えること 用例 「さすがの池島も、五所川原の前ではがまりびいていた」 【もそこそとい】 大柄で動きの鈍い者が頼りなく動き回り、危なっかしいさま 用例 「関脇のもそこそとい姿に癒される女性が急増中」 【れきぜきに】

                • 10年前に書いた映画短評に、自らコメントしてみる その4

                  以前書いた記事の、その4です。 小出しにすることで、noteのネタを増やすというやり口です。 『十三人の刺客』三池崇史監督がリメイクした映画。 役所広司さん、山田孝之さん、伊原剛志さん、古田新太さん、松方弘樹さん、市村正親さんなど、男臭いキャスト。 前半は、明石藩主の暴君ぶりを描くシーンがグロテスクです。 後半は、ひたすら戦っています。 まさに「斬って、斬って、斬りまくれ!」です。 僕の大好きなEAGLESの『DESPERADO』という曲は、CMで使われていただけで、本編で

                  スキ
                  2
                  • 【実際になかった怖くない話】お客様は神様ですか?

                    僕が働いているファミレスでは混雑時、順番待ちのために、お客様には入口で指定の用紙に名前と人数を書いていただいています。 ある日、そこに "神様 1名" と書かれていました。 中学生ぐらいの男の子たちが、ふざけて "神様" や "王様" と書くことは稀にありますが、どうやら目の前にいる五十路のおじさんが書いたようなのです。 "神様" の順番が来ました。 「次にお待ちのジン様」 僕は赤っ恥をかかぬよう、まずはそう呼びました。 しかし、返事はありません。 「次にお待

                    スキ
                    1
                    • 架空人探し

                      ●氏名 初老坂 登 ●生年月日 1969年6月3日 ●身長 164cm ●失踪時の服装 黒のダウンジャケット(ユニクロ) ベージュのコーデュロイパンツ(ユニクロ) 灰色のランニングシューズ(ニューバランス) 薄茶色の金属フレーム眼鏡(たまにサングラスも使用しています) ●髪型 ふんわりとしたリーゼント ●立ち寄りそうな場所 ヤマダデンキ ユニクロ オートバックス ●失踪時の状況 少年野球の練習を見に行くと言って出かけたっきり、帰って来ない ●その他 犬好き まだ

                      • 映画を倍速で観る理由

                        最初にお伝えしておくと、僕は倍速では観ません。 普通に観たい派の僕が、倍速で観る理由を考えてみた、という記事です。 もうひとつ、僕はビジネス用語が嫌いです。 嫌いな理由は、ビジネス用語を多用する人の話を聞いて、中身がないなーと感じることが多いからです。 ※あくまで個人の見解です 可処分時間という言葉の影響仕事をしている中で、この言葉を数年前から耳にするようになり、「何それ?」と思って、適当に受け流していたのですが、最近僕の想像の中で、可処分時間という言葉がしっくりきたことが

                        スキ
                        2
                        • 2歳児がつくったアート作品

                          親バカっぽいタイトルをつけてしまいましたが、この記事で書きたいことは、息子の才能ではなく、ネームプレートの不思議です。 自慢話ではないので、安心して読んでください。 今年の端午の節句、僕はあることに気がつきました。 息子の部屋に飾っていた兜の置物の横に、工房の名前が記された木製のネームプレートを置いていたのですが、これがあるのとないのとでは、全然印象が違うということです。 ネームプレートがあると高級感があって、ネームプレートがないとちょっと締まりがなくなるなと。 仮説「ネ

                          スキ
                          10
                          • 10年前に書いた映画短評に、自らコメントしてみる その3

                            以前書いた記事の、その3です。 『マイ・ブラザー』同名の映画があるのですが、僕が観たのはトビー・マグワイアとナタリー・ポートマンが出演している作品。 ストーリー展開や心情の変化など、すごくわかりやすく描かれています。 誰に感情移入することもなく、推量することもなく、ある意味で、まったく感動させるものではないです、多分。 現実の差し迫った問題を受けとめ、考えるしかないと思います。 関係ないけど、ナタリー・ポートマンってこんな美人になってるんか…。 【コメント】 『レオン』で

                            スキ
                            6
                            • 一言多い辞書(あ行)

                              【味付け海苔】 醤油と砂糖、香辛料などで味付けした加工海苔製品の総称。 上質な海苔は、味を付けるまでもなく、おいしい。 【イリオモテヤマネコ】 ネコ科ベンガルヤマネコ属に分類されるヤマネコの一種。 一時的に都合よく取り沙汰された一発屋動物。 【うろ覚え】 ある事柄について、覚えている内容が曖昧なこと。 元々興味がなかったことの表れ。 【エコ】 生物学という本来に意味から派生し、環境に優しいといったニュアンスで使われているエコロジーを省略したもの。 物を売るための

                              スキ
                              2
                              • 無計画富士登山

                                今日、仕事の帰りに富士山に登ってきました。 そこに富士山があったからです。 人生初の富士登山は、あっという間でした。 午前中に雨が降ったため、足元は悪く、決して簡単なことではありませんでした。 しかし、富士登山にかける僕の心は、そんなことでは折れませんでした。 あまりしつこくするのもあれなので、白状すると、富士山に登ったと言っても、富士塚です。 撮影の立ち会いが終わり、駅まで歩いてると、お祭りような雰囲気を醸し出す神社を発見。 ふらっと立ち寄ってみたところ、「お山開き」が行

                                スキ
                                4
                                • 10年前に書いた映画短評に、自らコメントしてみる その2

                                  以前書いた記事の、その2です。 『ばかもの』成宮寛貴さん演じる秀成が、内田有紀さん演じる額子に童貞を奪われ、最初の30分間どっぷり溺れる。 その後、額子に捨てられた秀成がアルコール依存症になる。 学校とかで教育目的で見せられそうな転落ストーリー映像が続く。 それで、色々ありながら…という話。 何だ、これ。 何だ、終盤の画の無駄な美しさ。 離婚してからの内田有紀さんは、強くて、キレイ。 【コメント】 作品名で検索をかけて、画像を見たり、あらすじを読んだりしたけど、この映画を

                                  スキ
                                  10
                                  • 河童遊び

                                    【河童の川流れ】 どんな名人も時には失敗することがあるということ。 【河童と川流れ】 名人の失敗を目の当たりにし、見てはいけないものを見てしまった気がした際、その場を何とかしようと気を遣った結果、誤った選択をするということ。 【河童と急流すべり】 同じ苦しみや危険を経験した者同士は、生まれや育ち、肌の色が違っていても、打ち解けやすく、休日を利用して遊んだりする仲になるということ。 【河童に胡瓜】 相手を喜ばせようともてなすこと、また、ちやほやすること。 【河童

                                    スキ
                                    2