KAI BAND MY STORY

25
記事

甲斐バンド45th Anniversary Tour 「HEROES 2019」in NHK Hall

■甲斐バンドのドラマーは

「松藤さんがずっとドラムを叩いてる!」
ステージが終わった瞬間、そう思った。
自ら歌った『メガロポリス・ノクターン』を含め、ドラムを叩いていなかったのは、全22曲中4曲だけだった(と思う)。
2008年の活動再開以降、ドラムを叩くのは、冒頭の数曲とアンコールの数曲だけ、
「ドラムを叩かず、ネットで叩かれる」
と甲斐さんにネタにされていていたけど、今回はそんなことは言わせ

もっとみる
サンキューです<m(__)m> よろしければシェアもお願いします。
3

CIRCUS & CIRCUS 2019 甲斐バンド45Anniversary Tour

■きんぽうげ

「ドラムからの入りじゃないんだ。いきなりGuitarで始まるの。初期のスタイルなんだよ」
オープニング間際、隣に立っていた男性が連れにそう説明していた。「きんぽうげ」について熱く語っていたのである。

甲斐バンドのオープニングは「きんぽうげ」。そういうイメージが強く残っている。この曲が発表されてから1980年までは、いつも「きんぽうげ」で始まっていた。

とはいえそれをライブアルバ

もっとみる
サンキューです<m(__)m> よろしければシェアもお願いします。
4

甲斐よしひろBillboard LIVE 2019「EAST in WEST」

『汽笛の響き』の歌い出しを聴いて、なぜか涙が流れた。理由はわからない。
なぜか胸を締め付けられるような想いになった。きっと過去の自分、この曲を聴いていた高校時代のなにかに触れてしまったんでしょう。このLiveのあと、高校の同窓会に行くことになっていたので。

5年目を迎えた甲斐よしひろのBillboard LIVE。毎回、
「この選曲は微妙だなあ」
と思う曲が含まれるものの、終わってみると「来て良

もっとみる
サンキューです<m(__)m> よろしければシェアもお願いします。
2

愛のろくでなしツアー4 RockN' Roll Tonight 2018

『翼あるもの』というソロアルバムがある。1978年、HEROが発売される1年前、25歳の甲斐よしひろが、単身ナッシュビルに乗り込んでレコーディングしてきたものだ。

収録曲はほぼ全曲カヴァー。きっとこんな曲を聴いて甲斐さんは育ってきたんだろうな、というラインナップになっていた。
僕はこのアルバムがマニアックに好きで、高校生の頃、手に入る限りのオリジナルと聴き比べていた。『恋のバカンス(ザ・ピーナッ

もっとみる
サンキューです<m(__)m> よろしければシェアもお願いします。
4

甲斐よしひろ Billboard LIVE & Blue Note 2018 EAST with WEST

イントロが流れても曲名がわからない。「ああ、この曲か」と気づいても、まるで違う曲のように聞こえてきた。一緒にいた友人は「こんな曲だったっけ?」と繰り返し口にしていた。もちろん、いい意味でだ。

「港からやってきた女」以降、ずっとそんな感じでラストまで進んでいった。失恋ソングのはずの「観覧車」は、祝婚歌に聞こえてくるほど明るかった。
圧巻は「汽笛の響き」。オリジナルもいい曲だけど圧倒的に今回のアレン

もっとみる
サンキューです<m(__)m> よろしければシェアもお願いします。
8

公開後、1年半以上たったものについて、一部有料化させていただきます。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします<m(__)m>
https://note.mu/h_chugun/m/m84934a253cf8

面白かったですか? よろしければフォローを<m(__)m>

僕は変わりゆく事が望みです

昔、大好きだったシンガーが、自著の中でこう語っていた。

「たくさんの本を読むことも必要かもしれないし、いろんな人に会って話をすることも必要かもしれない。だけど、それよりも、1冊の本を深く読む人生でありたいし、ひとりの人間を深く愛しつづける男でありたい。」

もっとみる
面白かったですか? よろしければフォローを<m(__)m>
7

甲斐よしひろ  Billboard LIVE 2017 EAST to WEST @ TOKYO

1曲目は「クール・イブニング」だった。
後期サウンドストリートのオープニングテーマだった曲。ノスタルジーとともに一瞬で甲斐よしひろの世界に引き込まれていた。

Billboard LIVE も今回で3回目。

最初の年、映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の中に出てくるセリフ、
”古くて新しければフォークソングだ”
にインスパイアされて「フォークをやろう」ということで始まった

もっとみる
面白かったですか? よろしければフォローを<m(__)m>
1
サンキューです<m(__)m> よろしければシェアもお願いします。

甲斐よしひろ VS 押尾コータロー MY NAME IS KAI Ⅳ “MEETS RETURNS” @中野サンプラザ

「バンドの音だ」
オープニングの『ブルーシティ』を聴きながらそう感じていた。

近藤真彦への提供曲であり、ソロファーストアルバム『ストレート・ライフ』収録曲。当時の甲斐さんの言葉を借りれば「ハードボイルド」タッチな曲。アコーステックギクのイメージが強い”MY NAME IS KAI”らしくはないと思える曲だ。だが、そんなことはなかった。しっかりはまっていた。

今回のツアーは、押尾コータローととも

もっとみる
サンキューです<m(__)m> よろしければシェアもお願いします。
2