ぼくらワールド解体新書

20

『ぼくらワールド解体新書』(18)戦争ってなんだろう?

戦争と聞くと軍隊と軍隊がマシンガンや戦車、戦闘機などで戦うイメージがあります。昔は槍や刀、弓矢などで戦っていたイメージですね。

戦争ってなんなんでしょうね?

古いことわざで「隣の芝は青く見える」という言葉があります。自分が持っていないものを友だちが持っていると、ああ良いなあ! って思う気持ちのことです。友だちのお母さんが優しいと、自分の母が鬼に見えるようなものでしょうか? 子どもの時に親に向か

もっとみる
そんなあなたはちゃっかり派であれば・・・
8

『ぼくらワールド解体新書』(17)感染症

冬になるとインフルエンザの予防に関する情報がテレビで流れます。そんなインフルエンザは感染症の一種です。感染症とは、多くの人にどんどん感染し、広がっていく病気のことです。そのため感染症にかかるのを防いだり、感染症にかかっても症状が軽くすむように予防接種がすすめられています。

先進国の多くは予防接種や上下水道の整備などがすすみ、感染症の発症はかなりおさえられているので目立ちませんが、紛争が長くなって

もっとみる
くもり空を照らす太陽じゃないですか!
11

『ぼくらワールド解体新書』(16)交易とお金

農耕技術が向上し、人口がふえ各地に都市国家や国ができると、いろいろな商品が都市と都市の間を行き来するようになりました。

都市と都市のあいだを商品を運びながらつないだのは、遊牧民です。遊牧民は家畜をつれて移動し生活をしています。遊牧民は都市の住人へミルクやチーズ、毛皮、家畜の肉などを提供し、都市の商人から穀物や布、銀や金、青銅、鉄などを含め商品を購入していました。こうしてまた家畜をつれて移動し、別

もっとみる
幸甚!!!
15

『ぼくらワールド解体新書』(15)文字の話

文字ってなんなんでしょう? 日本人は今4種類の文字を使って生活しています。ひとつは漢字、そしてひらがなとカタカナ、最近はWi-Fi、Bluetoothなどの用語をアルファベットも日常生活でつかっています。

文字を最初に発明したのは、中東のメソポタミア地方に住んでいたシュメール人でした。そして文字が生まれたきっかけは、やはり農耕を始めたことでした。

農作物が栽培種へ変化してから、バラバラ

もっとみる
そんなあなたはちゃっかり派であれば・・・
12

『ぼくらワールド解体新書』(14)農耕時代

最終氷河期が終わってから、ヤンガードリアス期と呼ばれる小氷河期が地球にやってきました。紀元前9600年ごろにヤンガードリアス期が終わり、そのころから人類は農耕を始めました。

狩猟採集時代から農耕時代へ移るころには、移動しなくても狩猟採集にこまらない豊かな地域では、人々は定住生活をいとなんでいました。そこへ急激な気候変動がおこった影響で人類は農耕を始めたと考えられます。

紀元前9000年ごろから

もっとみる
スキを押してくださり、恐悦至極に存じまするm(_ _)m
11

『ぼくらワールド解体新書』(13)狩猟採集時代

約10万年前、アフリカを出て世界各地へ移動を開始したホモ・サピエンスはネアンデルタール人と出会いました。ネアンデルタール人は ホモ・サピエンスとは別に進化した人類種で、ぼくらとおなじように言語をあやつり、小型の打製石器をつくって狩猟採集しつつ暮らしていたと考えられています。ネアンデルタール人と出会ったホモ・サピエンスはネアンデルタール人とまじわり、混血しました。

その後、何が原因かはっきりはわか

もっとみる
そんなあなたはちゃっかり派であれば・・・
9

『ぼくらワールド解体新書』(12)人類誕生

ビッグバンによって生まれた放射線だらけの宇宙。そんな宇宙に地球は生まれ、ぼくらも生まれました。

地球が生まれてから、ぼくら人類につながる脊椎動物が誕生したのは、4億1600万年前〜3億5900万年前のデボン紀であると考えられています。

初期の海洋生物から魚類が生まれ、その魚類から水陸ともに生活圏としている両生類が誕生しました。

恐竜が絶滅した後、爬虫類よりも哺乳類が地球で栄えるようになりまし

もっとみる
スキを押してくださり、恐悦至極に存じまするm(_ _)m
8

『ぼくらワールド解体新書』(11)放射線のこと④

宇宙から飛んでくる放射線を【宇宙線】と呼びます。宇宙線とは宇宙空間から飛んでくるガンマ線や陽子や中性子などのことを言います。



ビッグバンによって宇宙が誕生し、その誕生の0.0001秒後に陽子と中性子が生まれました。ちなみに陽子1個は水素の原子核になります。



つづいて宇宙誕生の3分後には陽子が2個くっついてヘリウムの原子核が生まれました。つまりアルファ線の誕生です。

宇宙が生ま

もっとみる
くもり空を照らす太陽じゃないですか!
15

『ぼくらワールド解体新書』(10)放射線のこと③

原子が壊れてでる放射線。最後はガンマ線(γ線)です。

ガンマ線は、原子核の中で中性子が陽子と電子に別れベータ線を出した時に、原子核から飛び出した光です。光なのでぼくらの体を突き抜けていきます。たとえば必須栄養素であるK(カリウム)の同位体であるK(カリウム)40はベータ線といっしょにガンマ線を出します。

ちなみにレントゲンで利用されるX線も光です。日焼けの原因となる紫外線もラジオやテレビの放送

もっとみる
くもり空を照らす太陽じゃないですか!
12

『ぼくらワールド解体新書』(9)放射線のこと②

放射線とは高速でぶっ飛んでくる目に見えない微粒子よりも小さい粒子と体の細胞を壊すくらい強い光のことです。

放射線は基本的に原子が壊れた時に出ます。原子が壊れる仕組みは2つあり、どちらも原子が壊れる時は原子核に変化がおこります。それを理解するために、まずは原子の仕組みをおさらいしましょう。

陽子の数でどんな元素になるか決まるのですが、陽子といっしょにいる中性子の数は同じ元素であっても原子によって

もっとみる
やる気ON!
21