Yoshiki Goto

NYワインプロデューサー/ 認知科学コーチ修行中/『GO-TO WINE(ゴートゥーワイン)』代表 NYと日本を繋ぐ人。そのツールがワイン、空手、日本文化だったりします。現在、これからの人生を劇的に変化させるために、コーチング勉強中。「読者は自分」のつもりで書いてます。

Yoshiki Goto

NYワインプロデューサー/ 認知科学コーチ修行中/『GO-TO WINE(ゴートゥーワイン)』代表 NYと日本を繋ぐ人。そのツールがワイン、空手、日本文化だったりします。現在、これからの人生を劇的に変化させるために、コーチング勉強中。「読者は自分」のつもりで書いてます。

    マガジン

    最近の記事

    ソムリエと職業定義

    「あなたの職業は何ですか?」 「〇〇にあるXXというレストランで、ソムリエをしています。」 たぶん、ソムリエにとってこれらは一般的なやりとりだと思います。 しかし、これは職業定義として、正しいやりとりでしょうか? 私は現在、認知科学コーチングのプロコーチになるために学校で学んでおります。本業はニューヨークワインの輸入。日本ソムリエ協会の「ソムリエ」資格も持っております。 このnoteでは、認知科学コーチングの観点から「ソムリエとしての職業定義」について考えてみたいと思い

    スキ
    13
      • 認知科学に基づくコーチングとは

        「コーチング」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか? 一般的には、スポーツ選手のメンタル・トレーナーや、企業が仕事の効率やパフォーマンスを上げるために行う社員への教育を思い浮かべる人が多いと思います。選手やクライアントの設定したゴールに向かって一緒に伴走し、彼らの悩みに対して共感、傾聴してサポートする。しかし、これはコーチングというよりも、本来はカウンセリングに近いものです。 認知科学に基づくコーチングとは認知科学に基づいたコーチング(以下コーチング)とは、認知科学に

        スキ
        7
        • ゴール設定が超絶下手だった話

          「今年の目標は?」 新年になる度に、誓いを新たに決めようとする今年の目標。 しかし、この歳になると、仕事の売上目標、収入UP、ダイエット、海外旅行、新しい資格の取得程度のことしか思いつかず。大した目標も決めないまま、2月、3月となってしまっておりました。 ゴール設定が苦手だった理由これまでの人生で様々なゴール設定をしてきて、達成出来たものと、出来なかったこと、いろいろあります。私の人生を振り返ると、勝率30%程度の感覚。そして、その時にはこのゴールを達成することが全てと思

          スキ
          9
          • NYワイン、をプロデュース

            「あなたは何屋ですか?」 今年4月から「認知科学に基づくコーチング」を学んでいます。 現在は徹底的にコーチング理論を学び、自己適用するフェーズです。 その中で、頭を悩めたのが上記の職業定義についての質問。 職業定義コーチングにおける職業定義とは、「自分の機能を社会に提供すること」。仕事のゴールを設定する上で、これは非常に大切な要素です。 私の場合は、「ニューヨークワイン・インポーター」でした。 しかし、ここで疑問が生まれます。 私が社会に提供している価値はなんだろう?

            スキ
            32

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • ニューヨークらしさってなんだろう?

              ニューヨーカー達の宴 先日、ニューヨークの超一流レストンランで経験を積んだ2人のシェフ・米澤文雄氏(No Code)&富永暖氏( 京都 Another C)、と私の扱うニューヨークワインのコラボイベント『THE NEW YORK NIGHT』を開催しました。 現在、我々には東京に拠点となるお店がないので、レンタルキッチンを借りての一夜限りのディナー・イベント。お客様も16名限定の一体感のあるイベントでした。キッチンは本格的で、ダイニングスペースの雰囲気や形式もバッチリ。隅

              スキ
              8
              • スーパーボウルCMに見る時代の変化

                スーパーボウルアメリカ最大のスポーツイベントと言えば、アメリカンフットボール・NFLの優勝決定戦「スーパーボウル」。アメリカでは毎年年間最高視聴率を取るスポーツゲームの域を超えたイベントになっています。 試合だけでなく、ハーフタイムショーや番組中に流れるCMも毎年大きな話題になります。たった30秒のCM枠も6〜7億円するようで、各社この日のために最高のCMを制作。また、スーパーボウルのCMは世相を反映しているとも言われています。 今年イチ良かったCM私が今年一番良かったと

                スキ
                11
                • ワインで世界を旅しよう!!

                  『世界を旅するワイン展』ってご存じでしょうか? これは伊勢丹新宿店が毎年春先に開催する、 世界中の珍しいワインが一堂に会するワインの祭典。 その数はなんと、1,000種類以上‼ 当社GO-TO WINEも出展し、ニューヨークワインを販売いたします。 【世界を旅するワイン展2021】 日時:3月17日(水)〜 3月22日(月)    10:00〜19:00 (最終日は18:00終了) 場所:伊勢丹新宿店 本館6階 催事場 フランス、イタリア、ドイツなど有名国はむしろ少な

                  スキ
                  3
                  • Clubhouseの熱狂とNYワイン

                    つい先日、彗星の如く現れ、日本中のイノベーターたちを熱狂させているClubhouse。 すでにクラブハウス廃人なんていう言葉も出るくらいのめり込んでいる人達もいるみたいですね(笑)。昨日も夜中の3時半に目が覚め、アプリを開いたらずっと喋っている人達が大勢いてびっくりしました。 Clubhouse内でも、なぜこれほどまでに急速に広まっているかのを多くの人が解説をしています。それを聴いていて、このClubhouseの熱狂感はNYワインの面白さとも共通点があると思いました。

                    スキ
                    4
                    • なぜ極寒のニューヨークでワインがつくれるのか?

                      「NYみたいに寒いところでワインつくれるの?」 ニューヨークのワインを販売していてよく聞かれる質問の一つです。ニューヨークというと冬の大雪や極寒の中でのタイムズスクエアでのカウントダウンなどが有名だからか、NYは寒いというイメージを持つ方が多い気がします。 もちろん答えは ”YES‼” NYでも美味しいワインが造れます。 ワインを造るために最も重要なのはブドウ栽培です。寒い冬のイメージの強いニューヨークですが、夏はブドウを成熟させるための十分な気温はあります。そして、ブ

                      スキ
                      5
                      • 400年の時を超えて花開く、ニューヨークワイン

                        ニューヨークワインと言うと新しいイメージが強いと思いますが、実は400年以上の歴史があるのはご存じですか? その歴史はカリフォルニアワインよりも遥かに長く、長い冬の時代を超えて、いま花開き始めたばかりなんです。 黎明期(17世紀初旬~19世紀前半)入植者時代(17世紀初旬) 16世紀にアメリカ大陸東海岸から入植したヨーロッパ人が自分たちで飲むために、その地で自生するアメリカ系品種でワインを造り始めました。ニューヨークでワイン造りが始まったのは17世紀初旬。 しかしこれらの

                        スキ
                        9
                        • 夏の終わりを告げる、レイバーデー

                          2020年の夏が終わる。 今日9月7日(月)はアメリカではレイバーデー(Labor Dary)の祝日。この週末はアメリカ中の人達、ニューヨーカー、そしてニューヨークのワイン業界の人達にとっても大きな節目となる日です。 レイバーデー(Labor Day)とは9月第一月曜日はアメリカ連邦政府の定めるLabor Day(労働者の日)の祝日。毎年、この3連休が終わると夏が終わると言われています。夏の始まりは5月末のメモリアル・デーからなので約3か月半に渡る夏の終わりです。 この

                          スキ
                          6
                          • クールでエレガントなNYワイン

                            ニューヨークワインの伝道師の後藤芳輝です。 日本でNYワインを販売していてよく言われる言葉が、 「ニューヨークのワインって、どんなワインか想像もつかない。」 ニューヨークワインを一言で表現するならば、 「クールでエレガントなワイン」 その主な理由は下記の3つです。 ① エレガントな味わいエレガントなワインとは、程よい果実味と酸のバランスが良く、アルコールは低めのワインです。一口飲んだインパクトよりも、全体的なバランスの取れた飲み心地の良いワイン。 これはニューヨー

                            スキ
                            6
                            • ニューヨークの大きさ

                              「ニューヨークにワイン造る場所なんてあるの?」 ニューヨークワインを販売する時に、よく聞かれることの一つです。 「ニューヨーク」は誰でも知っているが、実はその定義や大きさについて知らない人がとても多いんです。 マンハッタン「ニューヨーク=マンハッタン」が世界中の人達のイメージだと思います。タイムズスクエア、エンパイア・ステート・ビル、セントラルパーク、ウォール街、1ワールドセンターなど全てマンハッタンにあります。 ニューヨークの政治、経済、文化、ファッション、エンターテ

                              スキ
                              14
                              • ニューヨークの夏といえばハンプトン

                                ニューヨークでは、夏になるとお金持ちはみなハンプトンに行ってしまうというのはよく聞く話。ニューヨークワインとも縁の深い場所です。 ハンプトンとはニューヨークで最も有名な避暑地で、超高級別荘地として知られています。NYの富裕層にとって、ハンプトンに別荘を持つことが一つのステイタスとも言われています。日本で言えば、軽井沢をもっとレベルアップさせたイメージでしょうか。 場所はマンハッタンから東に延びる島・ロングアイランドの先端に位置します。正確にはハンプトンズ(The Hamp

                                スキ
                                11
                                • ワインを通して見る、ニューヨーク

                                  はじめまして。後藤芳輝(ごとうよしき)と申します。 『GO-TO WINE』(ゴートゥーワイン)代表として、ニューヨークワイン専門のインポーターをしております。 ミッションは「ニューヨークワインの普及」です。 http://gotowine.jp/ プロフィールニューヨークには2009年までの約14年間住んでいました。渡米のきっかけはマンハッタンの空手道場の指導員としてでした。その後、NYで大学院を卒業し、ロジスティック企業や日系の商社で働きながら、ライフワークとして空手を

                                  スキ
                                  28