見出し画像

気になる本と憧れの人

本屋の新刊コーナーとか。ネットのレビュー記事とか。

新しい本との出会いは、そこらじゅうに溢れている。

出会った本の、いくつかは本当に買うことになり、いくつかは買いたいなと思うにとどまる。

買いたいなと思っても買わない理由は、大体の場合金銭的なものだ。

どんなに面白そうでも、よっぽどのことがないと、1冊の本に3千円とか、4千円とかをかけることはできない。

それでも面白そうな本はずっと、心のどこかに引っ掛かり続ける。

そして見かけるたびに「あー」と、なんとも言えない気持ちになる。

・・・

そんなふうに、読んでみたい本のリストは、日々更新されていく。

そして、もう買うことはないだろうなと、諦めていた本が、「やっぱり欲しい!!」となる瞬間がある。

それは、憧れの人が書いたレビューに出会ってしまったときだ。

ずっと気になっていた本を、大好きなあの人が絶賛している。

そんなときは、自分の感性が肯定されたような、満たされた気持ちになってしまう。

そして、本と憧れの人との相乗効果で、自分の中で本への憧れがグンッと高くなってしまうのだ。

こうやってまた、私の本棚に新しい仲間が増えていく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
7
建築学生のスミです。note毎日更新します。