GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる

いつだって、起業家の感性が常識にとらわれない世界観を生み出してきました。GOB Inc…

GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる

いつだって、起業家の感性が常識にとらわれない世界観を生み出してきました。GOB Incubation Partnersは、起業家の世界観に投資をして、共に事業をつくっています。起業家と共に、社会の枠を飛び越えていきます。 https://gob-ip.net

マガジン

  • 事例|企業・自治体における新規事業開発

    さまざまな企業や全国の自治体に対して、新規事業を生み出す仕組み設計から、プログラム運営、個別プランへの伴走まで広くサポートしています。その事例をまとめました。そのほかの事例はこちら(https://gob-ip.net/newbusiness)もご覧ください。

  • ローカルから「世界観」起業

    「LOCAL START-UP・GATE」は、地域の起業家を対象に、世界観ファーストで事業を立ち上げていく4ヶ月間のプログラム。 2023年9月に第1回プログラムがスタートしました(第1回は秋田、鹿児島、石垣島の3地域で展開中です)。2024年初旬に第2回の開催を予定しています。 詳しくはこちら:https://gob-ip.net/contact-lsg

  • 新規事業開発の罠

    私たちGOB Incubation Partnersでは、企業内から新規事業を生み出すための制度設計や組織開発に伴走しています。輩出事業に対して、投資をして経営参画するケースも増えつつあります。私たちが企業や起業家とともに経験してきた失敗や乗り越えてきた課題を「新規事業開発の罠」としてまとめました。

  • 秋田で“あそぶ”

    秋田でGOBの拠点を立ち上げているメンバーが、日々の活動の様子を届けます。

  • ポスト資本主義の経営モデル|見識業への道

    従来の利潤を中心とした「利潤資本主義」から、人にとって良いことを判断基準とする「倫理資本主義」へと社会がシフトしています。そうした新しい時代に求められる経営モデルを、私たちGOB Incubation Partnersは「見識業」と定義。その実現に向けたプロセスを考察しています。

最近の記事

会社のオリジナル休暇をつくってみました

私たちGOB Incubation Partnersは、2024年2月6日に会社独自の休暇日を設定しました。 その名も「Feel It!の日」。 休暇策定の背景を、ブランディングを担当する私、園部美晴が紹介します。 きっかけはあるメンバーの提案からことの始まりは2023年7月、ブランディングチームの定例会議。 出産を終え、育休から復帰したばかりのメンバーから、「オリジナル休暇をつくりませんか!」との提案がありました。 真央さんによると「育休期間中に自分との時間を設け

    • ハウス食品グループの新規事業提案制度「GRIT」、立ち上げから4年の今を聞く

      ハウス食品グループ本社(以下、ハウス)が、社内から新規事業を輩出するための取り組み「GRIT(グリット)」は、2023年度で4期目を迎えています。 GRIT参加者は、半年ほどのプログラムを通じてアイデアを練り上げ、最終審査を通過すると、専門部署に異動して、事業責任者として実証に注力することになります。 当社GOB Incubation Partnersも、GRITの立ち上げ時から、プログラムの設計や現場でのメンタリングなどを通じて伴走してきました GRITの取り組みや、

      • 保育園で惣菜の自販機販売「タスミィ」、ハウス食品グループから生まれた新規事業の検証プロセス

        ハウス食品グループ本社(以下、ハウス)が、社内から新規事業を輩出するための取り組み「GRIT(グリット)」は、2023年度で4期目を迎えています。 現在、そこから生まれた事業アイデアがまさに事業実証を進めています。 2020年度の第1期生として参加した石井英貴(いしい・ひでたか)さんが手掛けるのは、「タスミィ」です。 検証プロセスを中心に、タスミィの事業について話を聞きました。 保育園に設置した自販機で、パウチ惣菜を販売タスミィは、2023年春から実証をスタートした事

        • 幼児食向け冷凍サブスク「Kidslation」、ハウス食品グループ本社の法務部一筋から新規事業に挑む

          ハウス食品グループ本社(以下、ハウス)が、社内から新規事業を輩出するための取り組み「GRIT(グリット)」は、2023年度で4期目を迎えています。 GRITの1期目から生まれた、幼児食のEC事業「Kidslation(キッズレーション)」は、現在、事業検証を進めています。 Kidslation事業推進者の岸健人(きし・けんと)さんに話を聞きました。 離乳食後の「幼児食」に着目したKidslationKidslationでは、「幼児食期(1歳半〜6歳)」に特化した冷凍食品

        会社のオリジナル休暇をつくってみました

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 事例|企業・自治体における新規事業開発
          GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる
        • ローカルから「世界観」起業
          GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる
        • 新規事業開発の罠
          GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる
        • 秋田で“あそぶ”
          GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる
        • ポスト資本主義の経営モデル|見識業への道
          GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる
        • 小説で読む起業
          GOB Incubation Partners(株)|起業家の世界観を社会に広げる

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          世界観ファーストなビジネスづくりの舞台ウラ——「LOCAL START-UP GATE」4ヶ月の記録

          秋田、鹿児島、石垣島の3地域で同時開催した、事業づくりのためのプログラム「LOCAL STARTUP-GATE」は、昨年末に最終回を迎えました。 初開催の同プログラムで大切にしていたのは「世界観ファースト」。 市場ニーズや社会課題ではなく、個人の感性から事業を立ち上げ、感性に基づいた世界観を事業に込めていく——という実験的な取り組みの手応えを、4ヶ月間のプログラムの流れに合わせて、振り返ってみます。 LOCAL STARTUP-GATEとは改めて、2023年9月から12

          世界観ファーストなビジネスづくりの舞台ウラ——「LOCAL START-UP GATE」4ヶ月の記録

          「産後」領域でサービスを展開する2人の起業家に話を聞いた:Yaala井上裕子×SOCO伊藤博之

          「産後」の領域でサービスを展開している、二つの事業「Yaala」と「SOCO」。 それぞれの代表である井上裕子(いのうえ・ひろこ)さんと伊藤博之(いとう・ひろし)さんが、2023年12月に大阪で開催したイベントで、トークセッションを行いました。 両者の共通点と違いに触れながら、お互いの事業の価値や思い描いている世界観を探ります。 Yaala、SOCOについて Yaalaは一軒家の産後家族向けの宿泊サービスを提供しており、現在は兵庫と広島に4施設と連携し展開しています。「

          「産後」領域でサービスを展開する2人の起業家に話を聞いた:Yaala井上裕子×SOCO伊藤博之

          秋田で自分らしく幸せに生きる人を増やしたい

          起業も新規事業も、人がいきいきと生きるための選択肢だと思うーー。 こんにちは! 鍵谷美波(かぎや・みなみ)と申します。 秋田ではあまり聞き馴染みのない“鍵谷”という苗字、私は北海道函館市の出身です。大学進学を機に秋田へ移住し、今年ではや7年となりました。 大学を卒業したのはコロナウイルスの感染が拡大し始めた2020年3月。 卒業後すぐに企業に就職することにどうしても積極的になれなかった私は、飲食店と病院の受付のアルバイトをしながら、ヨガのインストラクターとして開業届を

          秋田で自分らしく幸せに生きる人を増やしたい

          秋田にAターンしたくて、秋田で仕事を作っています——私が「秋田で」にこだわる理由

          こんにちは!園部美晴(そのべ・みはる)と申します。 私は2023年10月から秋田で働いています。出身でもなく、転勤で来たわけでもありません。 県外出身の私がなぜ秋田で働いているのか? なぜ私が「秋田で」にこだわるのか、「秋田で」何を求めているのか。 少し紹介させてください。 出身は県外、秋田にハマったわけ1999年生まれ、千葉出身、現在社会人2年目。千葉県出身と言いつつ、生まれは香川県出身です。 転勤族の親の影響で、香川、大阪と転々とし、千葉には小学三年生の時から住

          秋田にAターンしたくて、秋田で仕事を作っています——私が「秋田で」にこだわる理由

          その新規事業がスケールしない理由、検証で陥る9つの罠

          新規事業を輩出するために、アクセラレーションプログラムや新規事業提案制度(社内ベンチャー制度)などを通じて、社内から事業アイデアを公募するケースは多いと思います。 私たちGOB Incubation Partnersも、そうした企業の制度設計や組織開発に伴走してきました。さらにここ数年は、それらの制度から生まれた事業に対して投資を行い、経営参画しながら事業成長にコミットするケースも増えつつあります。 投資する際にGOBが大切にしているのが「世界観」です。常識にとらわれない

          その新規事業がスケールしない理由、検証で陥る9つの罠

          日本初の面会交流アプリ「raeru」、ユーザーの養育費支払い率は全国平均の約3倍:GUGEN Software・境 領太

          日本では今、子どもの10人に1人が両親の離婚を経験しています。養育費を受け取れているのはそのうちの3割弱にすぎず、このことが子どもの貧困や経験格差につながっていると言われています。 GUGEN Software株式会社の代表、境領太(さかい・りょうた)さんは、この課題を解決できる、親と子どもの面会交流のサポートアプリ「raeru(ラエル)」を開発しました。 養育費問題の解決と、子どもの面会サポートにはどのような関係があるのでしょうか。サービスの概要や事業立ち上げの経緯など

          日本初の面会交流アプリ「raeru」、ユーザーの養育費支払い率は全国平均の約3倍:GUGEN Software・境 領太

          秋田発の“カブトムシ”スタートアップ「TOMUSHI」、創業の地へ

          秋田駅から車で北におよそ2時間、青森との県境に近い場所に、いま注目を集めているとあるスタートアップの本社があります。 それが、株式会社TOMUSHI(トムシ)です。NewsPicksが主催するピッチコンテストでは、1億円の出資希望額に対して、堀江貴文さんを含む3名が投資に手を挙げ、堀江さんからは「世界を狙える」と賞賛を集めました。 今回は、秋田で開催した事業創造プログラム「LOCAL START-UP・GATE」の一環として、株式会社TOMUSHI本社に見学へ。プログラム

          秋田発の“カブトムシ”スタートアップ「TOMUSHI」、創業の地へ

          80年以上続く鹿児島の水産加工「下園薩男商店」の事業づくりを、3代目の下園正博さんに聞いた

          2023年11月27日、鹿児島で80年以上の歴史をもつ水産物の加工販売業者「下園薩男商店」の本社を訪れました。 鹿児島で開催した事業創造のプログラム「LOCAL START-UP・GATE」の一環です。 ウルメイワシの加工を中心とした歴史を土台に、土地に根ざした現場感覚と代表である下園正博(しもぞの・まさひろ)さんの感性で新たな事業を次々展開している同社の取り組みを1日かけて巡りました。 さてここからは、参加者の一人で、デザイナーの尾形朋美(おがた・ともみ)さんに、フィ

          80年以上続く鹿児島の水産加工「下園薩男商店」の事業づくりを、3代目の下園正博さんに聞いた

          絵本の“読み聞かせ”に代わる対話型オンラインレッスン「YOMY!」のこだわり:YOMY・安田莉子

          米マサチューセッツ工科大学の研究によると、言語処理に関する脳の発達を決めるのは、「対話」の数です。 特に0歳〜1歳では“言葉のシャワー”を浴びることが、もう少し上の年齢では言葉のやりとりが、脳の発達において重要な役割を果たしています。 そうした対話を、絵本を介して取り入れたのが「YOMY!」です。運営する株式会社YOMY役員代表取締役 CEOの安田莉子(やすだ・りこ)さんに、従来の「読み聞かせ」とは違う、YOMY!ならではの効果やサービスの特徴を聞きました。 “読み聞か

          絵本の“読み聞かせ”に代わる対話型オンラインレッスン「YOMY!」のこだわり:YOMY・安田莉子

          目指すは「世界No.1の挑戦インフラ」 AI × プロアシスタントを活用した新しい業務支援サービス:TIMEWELL・濱本隆太

          株式会社TIMEWELL代表取締役の濱本隆太(はまもと・りゅうた)さんは、人生を通じて挑戦者たちを支援し続けてきました。 そんな濱本さんが、時間やスキルが足りずに挑戦を諦めてしまう人をたくさん見てきた経験から立ち上げたのが、AIとプロアシスタントを活用した業務支援サービス「TIMEWELL」です。 事業立ち上げまでの道のりやサービスのこだわりなどを聞きました。 挑戦する人の壁を打ち破りたい濱本さんは、大学を卒業してから2022年に株式会社TIMEWELLを起業するまでの

          目指すは「世界No.1の挑戦インフラ」 AI × プロアシスタントを活用した新しい業務支援サービス:TIMEWELL・濱本隆太

          新規事業提案制度は「2年目」が落とし穴、乗り越えるヒント

          社内から新規事業を公募する「新規事業提案制度(社内ベンチャー制度)」を取り入れている企業が増えました。 リクルート「Ring」やソフトバンクの「ソフトバンクイノベンチャー」などが有名ですが、都市圏の大企業に限らず、中小企業や地方企業でも公募型の新規事業創出の仕組みを採用しています。 当社GOB Incubation Partnersも、大小さまざまな企業の制度設計やプロジェクト運営から実際の事業検証プロセスまで伴走支援をしています。 さて、そんな新規事業提案制度で問題に

          新規事業提案制度は「2年目」が落とし穴、乗り越えるヒント

          石垣島「やえやまファーム」に学ぶ、地域での事業の作り方

          2023年9月に始まった「LOCAL START-UP・GATE」。世界観ファーストでの事業づくりをコンセプトに、秋田、鹿児島、石垣島で開催。3拠点合計20人ほどの参加者とともに、プログラムが進行中です。 過去の様子はこちらから> さて、「LOCAL START-UP・GATE」の特徴の1つが、3拠点それぞれで開催する「フィールドワーク」です。その地域ですでに事業を立ち上げている起業家と共に地域を回りながら話を聞きます。 今回は、10月末に石垣島で開催したフィールドワー

          石垣島「やえやまファーム」に学ぶ、地域での事業の作り方