見出し画像

DUCATI MKⅢ

Band-a-Part

新しいバイク[ドゥカティ]を手に入れました

1971-1974年頃に作られたシングルエンジン450cc
ドゥカティ マーク3

乗り出した感想は兎に角「速い」
この年式でこれだけの加速をするのは
以前乗っていた英車の[BSA A65]650cc
と比べても段違いに速い

seat

トップスピードの速さは
650caのBSAも充分なパワーが
ありましたが、このドゥカティは
その最高速度までの到達時間が
圧倒的に早い

そんなバイクに乗りながら思ったのは
「乗り物の進化は速さよりも止まる事だな…」

50年前のバイクは速いけれども
ブレーキは現代のバイクに比べると
「全く止まらない」
何なら僕のMTB[自転車]のディスクブレーキの方が
ピタッと止まる程

ミッション

「乗り物の進化がブレーキや安全性の向上」なら
カメラは「AF性能の進化?」
ピントを外したら
元も子もない場面での失敗は
格段に減りましたよね
露出も人を認識したら、人を綺麗に
撮る為に露出も合わせてくれますし
「安全に記録に残す」事が1番進化してます

自転車のロードバイクも最近のモデルでは
後ろから車が近づくとアラートを
出すシステムも発売されていて
それも「安全性が進んでいる」

自分の趣味の世界で
とにかく「失敗が少ない」=「安全」が
進んでるなぁ
と、思いながらドゥカティの
スロットルを開けていたら
「美容業界も失敗を避ける為の進化」が
とても進んでるじゃん!

流行りのカラーは補色を考えなくても
単色で作って乗せれば発色する
彩度の高いカラー剤
あれなんかはカラーの進化ですね
,僕が美容業界に入った26年前なんて
ダブルカラーをする時に
「紫を何%入れて…」みたいに
皆、頭をフル回転させてましたね

カラー剤の進化って「傷まない」とかよりも
「オーダーから失敗しない発色」
そちらの方が分かりやすく進化しましたね

勿論、ダメージレスの部分も進化してますが
それよりも「色味を失敗しない」
そこの進化の方が分かりやすく
アップデートされてますよね?


そう考えると
ちょっと飛躍し過ぎかもしれませんが
お客様が求めるヘアスタイルも
「失敗しない」ヘアスタイル選びが
増えてるのも納得

「ちょっと冒険」とか
「少し悪目立ちするかも?」なんて
奇抜なヘアスタイルやファッションが減って
「ノームコア」な時代が来たのも腑に落ちる

「ブレーキが効かなくて事故したり」
してはイケマセンが… 

「ピント外れたボケ写真」を量産したり
それはそれで良い思い出です

日常で「あちゃー!」って
失敗が減るって事は
ヘアスタイルも「黒歴史じゃん」って
事になりたくないお客様が
増える要因なのかもしれませんね


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Band-a-Part
美容師の備忘録 興味のある事から美容業界で思う事を書き連ねてます