見出し画像

iPhoneでの夜間撮影の楽しみ

keisodo

先日、以下の記事でiPhoneの夜間撮影性能への驚きを記しました。

iPhoneユーザーでありながら、また、カメラ愛好家でありながら、ここまで暗所撮影に強いカメラをiPhoneが搭載していることに今更ながら驚いた次第です。

これ以降、毎晩のウォーキングにiPhoneで撮影するという楽しみが新たに加わりました。
ウォーキングにはなるべく荷物を持ち歩きたくないのですが、iPhoneは緊急時の連絡用にいつも持ち歩いていたので新たに何か持ち歩く負担が増えるわけではありません。
いざiPhoneで夜景が撮れるとわかると、ウォーキングの時に見る光景が全く変わって見えます。
スマホではなくカメラを持っている、と意識が変わるだけでいつものウォーキングルートがこんなにも変わって見えるとは、自分のことながら面白い体験でした。

以下はいずれもiPhone 13 Proの標準カメラアプリで撮影した写真です。

街明かりを反射して光る高圧電線。

26mmレンズ 1/2s

雪国の方ならおなじみの融雪孔。

26mmレンズ 1/5s

残照と鉄橋。実際の空はほぼ暗闇だったが、iPhoneの高感度性能は残照の色を捉えてくれました。

26mmレンズ 1/9s

露出補正してややアンダー目に。

26mmレンズ 1/30s

ほぼ真っ暗闇の公園。昼前に見るとのどかなだけの遊具が、夜にはなにか生き物のような迫力を持って見えます。

26mmレンズ 1/5s

星あかりまで捉えるとは思いませんでした。

26mmレンズ 1s


iPhoneの手ブレ補正が優秀とは言え、薄い板状のスマホの形状はカメラよりは構えにくく、やはり1秒を超える前後から手ブレが気になってきます。
どうにかうまく構える方法はないかと思っていたところ、以下のアイテムを見つけました。

カメラのグリップ部分をスマホにとりつける、ただそれだけの商品なのですが、有ると無いとで大違いです。

底には三脚穴もついており、私は三脚穴に取り付けるタイプのハンドストラップをつけて使用しています。

これらを装着することで手ブレを防ぐだけでなく、まるでミラーレスカメラを持っている感じでiPhoneを持ち歩くことができ、写真を撮るという意欲が湧きます。

グリップの人工革の材質は実際にカメラに使用されているものに近い手触りで滑りにくく、かつベタつかず、極めて快適です。
スマホを保持する力も強く、グリップを持って歩いてもスマホがすり抜けて落ちる不安は感じません。
iPhoneで写真撮影を楽しんでいる方は試してみると新しい発見があるかもしれません。

フィルムカメラ、デジカメに新たにiPhoneが加わり、また撮れる範囲が広がりました。
今後もiPhoneでの撮影を楽しんでいこうと思います。

※追記
続きを書きました。良ければご覧ください。


この記事が参加している募集

おすすめガジェット

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
keisodo
フィルムカメラを中心に、あれこれ書いていきます。 Instagram ↓ https://www.instagram.com/gaolang3c/