見出し画像

アイディアが生まれやすい議論の進め方とは?

今読んでいる「イノベーションの作法」
という本にアイディアが生まれやすい
議論の進め方が書いてあった。

みなさんの生活に役立ちそうだと
思ったので共有させてもらいたい。


この記事は2分で読み終わります。



作者紹介


今回紹介するのは濱口秀司さんという人が
書いた「イノベーションの作法」という
本に書いてある内容。


濱口さんは京都大学卒業後に
松下電工(現パナソニック)に入社。

そこでUSBメモリやマイナスイオンドライヤー
など数々のヒット商品を企画。

現在はポートランドを拠点に、
世界中を飛び回っている。


なぜこの本に興味を持ったかというと、
この方が最近リクルート社長と対談を
していてそれを見たからである。

彼のイノベーションへの深い見識と
鋭い視点を聞いて感銘を受けたのである。



とある実験


こちらの本にはイノベーションを起こすために
最適な議論の方法が述べられている。

そこで紹介されてる実験でkuumという積み木を
グループで作るという課題を行うというのがあった

画像1

3つのグループに分けて、その中で1番すごい
作品を最後に投票して決める。

ただし、各グループに下記のような
時間配分を行うように指示されている。

画像2

Aグループ:指示なし
Bグループ:最初の40分だけ個人作業
Cグループ:20分個人作業→シェア→個人作業→バイアス(思い込み)を考える


結論から言うと、Aグループは結論が出ず、
BグループとCグループが同率1位となった。



個人がどこまで考え切れるか


濱口さんがここで言っているのは


専門家が何人集まろうとも、最終的に、
新たなアイデアは個人の頭の中で発想される。
つまり「個人が考え抜き、頭脳を使い切る」
ことなくして、そのチームが
「1+1=2を超える成果」は上げられない。


言い換えれば、個人が考えることなく
いきなり話しあってしまうと貴重な時間が
コミュニケーションに消費されてしまう。

実際に先ほどのグループの例でいくと、
グループAは「積み木の本質とは何か?」など
コミュニケーションコストに消えてしまった。


では40分間個人で考えたグループBと20分間
個人で考えてシェアして、再び20分間個人で
考えてバイアスを考えたグループCは
どちらがいいか?

こちらはグループCの方が
良いアイディアが生まれやすいとのこと。


実際に実験では、グループB、Cは
同率だったものの内容には差があった。

グループBはメンバーの1人がめちゃくちゃ
クリエイティブな意見を最初から
持っておりそれが採用された。

一方グループCは最初なにも良いアイディアが
なかったにも関わらず、お互いの意見を聞く
ことで「新たな着想」を得たのである。


つまり、グループB、Cは共にAと比べて
「個の力」を生かすことに成功したがCはそれに
加えてアイディアの「アップグレード」に成功した



思い込みを可視化する


ではここでグループCはなぜグループBと
比べてアイディアのアップグレードができたのか。

ここで大事になるのが、赤丸をつけた
バイアスモデルを選ぶという段階。

画像3

バイアスモデルを選ぶというのは、個人で
アイディアを考えた後、自分たちがどんな
思い込みをしてるかを可視化する。


思い込みを可視化しろと言われても
イメージしづらいと思うので、本書の
「新しい桃太郎を考える」という例を使いたい。


まず自分たちでアイディアを考えて共有する。

例えば、川から流れずに滝から落ちてくるとか、
戦い方が現代風にロケットランチャーを使う
とか色んなアイディアが出てくると思う。


そこでアイディアを出した後に僕たちはどんな
思い込みをしているのかを考えてみる。

そうすると以下のような意見が出てくる。


僕たちは桃太郎のこと勧善懲悪するヒーロー
って考えているけど今はグレーな
ヒーローとかもありだよね。


みんな桃太郎って仲間たちと戦うって
考えてるけど1人で戦ってもいいよね。


そして、自分たちの思い込みを図にしてみる。

画像4

その上で、チーム×勧善懲悪というのの逆である
単独×グレーという全く違う方向に発想転換する。


そうすると、


善悪の狭間で苦悩する孤高なヒーロー桃太郎


という今までにはない発想を
思いつくことができる。


このように、思い込みを可視化することで、
より斬新なアイディアを生み出すことが
できるのである。



以上まとめると濱口さんが考える新しい
アイディアが生まれやすい最適な議論の進め方は


まず個人でアイディアを考え抜く時間を用意。
その上で、アイディアを共有して、
みんなが持つ思い込みを可視化。
最後にその思い込みとは逆方向に
発想を転換してみる。




いかがだったでしょうか?

僕も含めてとりあえずみんなで話し合おうは
日本人がやりがちな議論の進め方だと思います。

そうなると、途中でグダグタになって
結局まとまらないなんてことも多い気がします。

濱口さんがオススメするように、まず個人が
考え抜いた上で議論すれば、より生産的な
議論になると思うので是非試してみて下さい!


現在オンライン合コンサービスを運営中!
興味ある方はこちらから↓

画像5


昨日も一日お疲れ様でした!
今日も良い一日を☺️


#私のイチオシ
#ビジネス
#毎日更新
#日記
#アイディア

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただいてありがとうございます^^

嬉しくて涙出そう( ;∀;)
26
東大→アメリカ留学→中国留学→リクルート3年目 NiziUの影響を受け韓国語を勉強中! 身の回りの気になる事の掘り下げが中心 踊ってみた動画が13万回超↓ https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=6hTcWDVzHwc
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。