マガジンのカバー画像

中学校サポート!

35
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

NPO法人ふるさと未来創造堂公式ホームページはこちら!

【避難所】新潟市立小針中学校「避難所運営ゲームさすけなぶる」の体験

2022年5月50日 8:45~12:35 新潟市立小針中学校にて、避難所運営シミュレーションゲーム「さすけなぶる」の体験を行いました。 避難所運営の際に起こりうる「正解のない問題」についてチームで考え、よりよい対応・アイディアを話し合いました。 自分はこう思っていても、他の人の意見が同じとは限りません。また、「起こりうる正解のない問題」ですから、様々な意見が出てきます。 「さすけなぶるの5つのキー」を使い、避難所運営の大切な視点を忘れないように、自分たちが一番良いと思う対

【洪水防災】洪水ハザードマップの見方と地域の洪水災害の危険性を知る

2021年9月30日(木) 13:45~15:35 見附市立今町中学校1年生の皆さんに、洪水の防災学習を行いました。 1時間目は、学年全体で洪水ハザードマップの見方について学んでいただいた後、自分の家を探してその周囲を見てもらったり、もしも災害にあった時の避難所を確認してもらいました。 また、「見附市豪雨災害対応ブック」の洪水浸水想定図を紹介しました。 その上で、河川ごとに浸水想定が違うことについて伝えました。 休憩後、各教室に分かれ、「洪水マイタイムライン」を作成しまし

スキ
5

【洪水災害】ハザードマップを知り、避難行動を考えよう

2022年2月3日(木) 13:45~15:35 長岡市立宮内中学校1年生を対象に、洪水災害から命を守る避難行動について考える学習を行いました。 最初に、要町上町町内会長の盛澤文雄様より、令和元年台風19号の時の様子をお話いただきました。 浸水のあった宮内中学校近辺の写真を見せていただきながら、2時間前に外に出た時はいつも通りだったのに、あっという間に気づいたら浸水していたといった当時の様子を教えていただきました。 ハザードマップの見方の説明をした後、自分の家はもしも〇

スキ
4

【雪災害】大雪による被害を知り、身を守る方法を考えよう。

2022年1月31日(月) 14:05~14:50 長岡市立東中学校全校生徒を対象に、雪災害による防災学習を行いました。 今回は「雪災害」について、防災士の小林俊晴様からお話していただきました。過去に起こった雪による災害の写真を見せながら、降雪時や積雪時の危険について学生さんへわかりやすく伝えていただきました。 学生の皆さんもメモを取ったりしてお話をきいていました。 実際に大雪が降った街を歩く時気を付けることはどんなことだろう、学生の皆さんに考えてもらいました。 「視界が

スキ
3

【避難訓練】刈谷田中学校 防災訓練

2021年11月24日(水) 14:35~15:35 長岡市立刈谷田中学校にて、火災避難訓練後に防災学習を行いました。 学年ごとにローテーションして、3つの体験学習です。 ①栃尾消防署の方より、消火器体験 ②長岡市防災玉手箱サポーターによる煙体験 ③火災予防に関する映像学習 刈谷田中学校の生徒さんは、毎年、煙体験を行い、煙の中を避難することの難しさや避難方法を体感していただいています。 そして、今年は待ち時間に火災予防の映像を見ることにしました。 生活の中に潜んでいる火

スキ
3

【防災玉手箱】与板中学校 全校防災学習

2021年11月4日(木) 14:05~15:55 長岡市立与板中学校全校生徒の皆さんと、長岡市の避難所備蓄品の組み立て体験を行いました。 縦割り班で協力し、段ボールを使った「トイレ」「パーテーション」「ベッド」「更衣室兼授乳室」を組み立てました。今回は8名の地域サポーターにご協力いただき、皆さんと共に実施しました。 水道が使えなくなったらいつも使っているトイレが使えなくなってしまう。組立体験をしてみると、段ボールを工夫して自分でも作れるかもしれないと気づきました。 ベッド

スキ
5

【防災玉手箱】岡南中学校 全校防災学習

2021年10月20日(水)13:50~14:30 長岡市立岡南中学校の全校生徒の皆さんと防災学習を行いました。 今回は、災害が起こった際に、様々な状況下の中で自分はどのような行動にでるか、「正解のない問題」に対して「YESかNO」で答えてもらい、それについて話し合う活動を行いました。 何故自分はこの答えになったのか、他の人は何故その答えでどういう理由があるのか。 災害時には突然のことでパニックになってしまうことも予想できます。 岡南中学校の皆さんは、万が一の際、今自分が

スキ
3

【避難所】青葉台中学校3年生 防災学習

2021年10月15日(金) 13:25~15:05 長岡市立青葉台中学校3年生の皆さんと防災学習を行いました。 万が一地震が来て避難所へ行った場合、どんなものが必要だろう? 今は感染症も怖い!それならば、どういう環境が必要なんだろう? 災害時の避難所についてのお話をさせていただいた後、 2グループに分かれ、順番に以下の活動を行いました。 ①市内の避難所に備蓄されている 「段ボールパーテーション」「段ボールベッド」の組み立て体験 ②「新聞紙スリッパ」、「ペットボトルラン

スキ
2

【防災玉手箱】栖吉中学校 防災講座

2021年9月15日(水) 13:45~15:35 長岡市立栖吉中学校 1 学年の皆さんに防災講座を行いました。今回は洪水災害についての防災学習でした。 近年の多発している洪水災害の紹介や長岡方式の避難行動について伝え、自分や家族の命を守るために、まずは洪水ハザードマップを学習しました。 そして、台風が近づいていることを想定し、川があふれそうな時、家族全員が「適切な早めの避難」をするために、どのような準備や行動をするかをハザードマップで調べたことを元に、いつ・どのタイミン

スキ
2

【避難所】栖吉中学校「さすけなぶる」

2021年7月19日(月)9:40~11:30  長岡市立栖吉中学校1年生を対象に、避難所運営シミュレーションゲーム「さすけなぶる」の講座を実施しました。 小さな声にも耳をかたむけて避難所運営することの大切さを伝え、避難所で実際に起こった課題について、対応策をグループで考えました。 「みんなにとってより良い過ごし方は」「あの人がいるからいきたくない」を出題テーマとして、それぞれの対応策・理由を考えてもらいました。 グループで話し合った結果について、一部ご紹介します。 「全

スキ
3

【避難所】起震車・車いすの操作体験

2021年7月12日(月)13:55~15:45 新潟市立臼井中学校にて、全校防災学習を行いました。 起震車体験は、震度4~5弱程度のゆれと東日本大震災のゆれの2種類を体験。 地震はいつ起きるかわからないことを伝えて、家の中を安全にする対策(家具固定等)の大切さを確認しました。 車いすの操作体験は、車いすの操作方法や人の乗せ方について説明後、操作する人と乗る人を交互に体験しました。 操作される側の気持ちになることの大切さを伝えました。 グループワークでは、避難所の様子の写

スキ
4

【避難所】防災グッズの組み立て体験

2021年7月10日(土)8:25~9:15 新潟市立味方中学校にて、全校防災学習を行いました。 洪水災害から身を守る基本的な避難行動や、新たな避難情報・警戒レベルについて伝えました。 実際に2階まで水に浸かった家の写真を見せると、「やばいじゃん!」との声が上がり、真剣に洪水被害の様子を見入っていました。 その後、中学生として避難所でできる支援活動として、避難所生活で役に立つ防災グッズを紹介。 「ダンボールベッド」「ポップアップテント」の組み立て体験を、班で協力しながら作

スキ
3

【避難所】小針中学校「さすけなぶる」

2021年7月7日(水)8:45~15:25 新潟市立小針中学校3年生を対象に、避難所運営シミュレーションゲーム「さすけなぶる」の講座を実施しました。 「さすけなぶる」とは、「正解がない状況をどのように解決していくのか」を考えていくことの大切さを福島のリアルから体験するシミュレーションゲームです。 避難所では想定外のことがたくさん起こります。 「さすけなぶる」は、想定外の事例に対し、どのように対応すればよいのか考えていきます。 これまでの人生経験を生かして、様々な課題に臨

スキ
3