最近の記事

10/2 ベイスターズvsスワローズ

何とも言えない負け の巻 もうね、勝ち負け云々いう試合ではないのだから いいっちゃ言えばいいんだけどね。 なんとも後味がすっきりしない、 違うな。なんか、もったいない試合だった。 先発は浜口。 先頭の吉川にいきなりレフトポール下フェン直の2塁打。 ふらふらっと上がって、取れるかなと思ったのだけど、 風にのってしまったね。 で、丸にタイムリーを打たれて先制されてしまうのだけど、 この1点で収めたのは、立派。 ま、初回に、30球 20分使ったけどね。 2イニング目もヒットを打

    • 9/23 スワローズvsベイスターズ

      大一番は浜口!結果をみれば最後まで行くべきだったの巻 心が強いですねぇ。ここぞの試合での強さはチーム一じゃないかなぁ。 もう、本当に、本当に負けられない試合で この雨の中で、これだけのピッチング。痺れますよ。 さて、さて、試合開始から振り返っていきます。 雨の予報は試合途中からだったのだけど、 大外れで、初回から本降りでの試合開始。 その雨の影響もあったのか、 ベイスターズがフルスロットルで試合に臨んだか、 楠本四球、佐野ヒットで宮崎が3ランで先制。 2回は三凡も、3回は

      • 9/12 ベイスターズvsスワローズ

        昨日のお返し、倍返しじゃ!の巻 スタジアムについたのは2回裏だったかな。 すでに1点取られてて、今日もダメかと思った所からの始まり。 先発は、今永。 なんかね、もう着いたら40球くらい投げているの。 頭抱えたよね。 ブルペンはベイスターズの強みでもあるけど、 2回でこの球数だとねぇ。もって5回かみたいな感じだもんね。 3回、4回も先頭打者を出塁させて、 もういつ追加点を取られるのか、って感じだったけど、 終わってみたら7回119球1失点。 いやー、よく纏めたとおもうよ。

        スキ
        1
        • 9/11 ベイスターズvsスワローズ

          いい試合ではあったが、勝たないといけない試合なんだよぉ。 先発は大貫と小川。 ほぼ互角の立ち上がり。 3回まで各々45球前後。小川の方が5球くらい多かったかなぁ。 終わってみてもほぼ互角の成績 大貫 7回106球 被安打4 奪三振7 四死球2 失点1 小川 7回110球 被安打5 奪三振4 四死球0 失点0 いやぁ、しびれる試合でしたよ。彼らが投げている間は。 先にチャンスをつかんだのはベイスターズだった。 4回裏関根と牧のヒットで1死1,2塁となって 宮崎、ソトを迎えた

          スキ
          1

          9/9 ベイスターズvsタイガース

          粘りの差の巻 ルーキーイヤーから今の今まで、藤浪とは相性が悪い。 投げるほうだけではなく、打つ方でもたくさんやられている記憶がある。 満塁ホームランも打たれた記憶があるからね。 投げる方は、ベイスターズは割とブンブン振っていくチーム。 荒れ球を持ち味としているピッチャーとは相性がよくないよね。 ってことで、今日の藤浪。 なんか今までに比べて力感がないんだよね。 力が抜けてしまって、逆にまとまっているというかなんというか。 ま、それでも、打てないんだけどね。。。 あ、そう

          スキ
          2

          8/27 ベイスターズvsスワローズ

          村上だけじゃないけど、核は村上の巻 先発は石田。 初回2死から山田、村上に連続ヒットを浴びるも 無失点で滑り出し。 その裏、先頭桑原が出塁して、佐野が返す。 攻撃面も絶好の滑り出し。 が、しかし、ここからヒットが出ない。 あれよあれよと下位が進み 気づいたら大量得点差。 開いた口がふさがらないとはこういうことだね。 3回表、キブレハンに特大のアーチを食らうと、 山田がヒット。盗塁したところで村上を敬遠。 サンタナは打ち取るも、オスナに四球。 2死満塁となって内山にタイムリ

          8/20 ベイスターズvsカープ

          力不足?力で押し切った?の巻。 先発は石田。 この日はエスコバーと伊勢がそろってお休みなので なんとか長いイニングを投げてほしい所。 でも、気持ちは5回は行ってくれるだろうけど その先は未知数だし、つかまることも考えると、、、。 なんて考えてたら初回に、ワイルドピッチがらみで失点。 ん~~、昨日から気になる所で失点。 しかーし、そんなのかんけぇねぇ。 2死から佐野が出塁すると 牧がドーン。 佐野がドーン。 と2連発。 真夏のカープ戦。期待するは3連発!! だったのだけど、

          スキ
          1

          8/19 ベイスターズvsカープ

          余計なことをしても勝ってしまう。まだ強さではなく勢いかなの巻。 先発は大貫と玉村。 大貫はあまり良い出来ではなかったかな。 去年?一昨年?までのテンポの悪い投球。 ランナーを出したら、もう我慢ができないくらい(笑) 嶺井と相性悪いのかしら。 まぁ、それでもしっかりとゲームを作っていくところはさすがといった所。 広島は玉村。 まぁ、こんなものかなぁって所。正直、実力をよく知らないからね。 頑張ってはいたが、今のベイスターズ打線には力不足という印象。 さて、それでは試合の方に

          8/10 ベイスターズvsタイガース

          危なげない浜口の巻 仕事終わりに行ったので、観戦は3回裏途中から。 スタンドに入って、スコアボードを見てすぐに目についたのは 3回ノーヒットの表示。 ベイスターズがではありませんよ。阪神がノーヒット。 おおお!!!浜口、大当たりの日か?って思ったんだけどね。 思ったほどストレートが走ってないし、球数もまぁまぁ多い。 けど、なんかね、危なげがないんだよね。 フルカウントとかになっても 四球を出さないし、出すような雰囲気がないんだよね。 出来がいい時はね、ビュンビュンストレート

          2022 選手権神奈川決勝

          守備のミスではない。結局は2本集められたかどうかの巻 予想通りであり、予想外の試合だった。 予想通りなのは、好試合になったこと。まぁ、ここまでの試合になるとは思ってなかったけど。 予想外なのは、投手戦というか守り合いになったこと。 先発は横高 杉山。東海 庄司。 杉山は3回ノーヒットと素晴らしい立ち上がり。 庄司の方も、初回先頭の緒方にヒットを打たれて 2死3塁までランナーを進められるも、 3回までヒットはその1本と。 抜群の立ち上がり。 横高としては、この初回に何とか

          7/17 ベイスターズvsスワローズ

          ヤクルトがまるで悪い時のベイスターズのよう の巻 観戦記を書くのは1か月ぶり。 実はスタジアムには3試合いっていたのだけど グループ席とかであまりちゃんと野球みてなかったのでね。 さてさて、本題。 ヤクルトはコロナのせいで選手、コーチ含め30人くらい離脱と。 勝ってほしい気持ちもあるのでね、 ラッキーとは思いつつも 見世物としてどうなのだろう?と。 で、結果は、、、んーー、やっぱりという感じ。 先発の浜口が立ち上がりにつまずいて2失点。 でもその裏、桑原がレフトポールに

          スキ
          1

          6/11 マリーンズvsベイスターズ

          大和は打の選手の巻 先発は京山と佐々木。 はい、令和の怪物初見です。 いやーーーー、速い。これに尽きる。 そして、いつまでも速い。 8回でも158とか平気で出てくるからねぇ。たまらんよ。 でも、どちらかというと快速球って感じで、 ボールの重さは感じられなかった。 伊勢の方がズドンと質のいいストレートを投げているように見えたね。 とはいってもね、そうそう打てる投手ではなかったね。 ヒットは牧がホームランを打ったものの、 それ以外は佐野と関根の計3本だけ。 でも、ベイスター

          6/5 ベイスターズvsイーグルス

          やっぱり四球かなぁの巻 いやねぇ。いろいろありすぎたので、 サクッと振り返ったあとに、感想を。 まず、初回にヒット、バント、ヒットとスモールベースボールで先制も 追加点ならず。 で、直後の2回表、三振ゲッツーで乗り切ったかと思った直後に 四球でホームランで逆転を許す。 3回裏、ヒット、ヒット、四球、ヒットで同点も その後が続かず、マシンガンでも1点のみ。 5回表、サード強襲、ショートボテゴロどこにも投げれずと 記録はヒットながらも守備のミスで無死1,2塁。 ここでバントを

          スキ
          1

          6/2 ベイスターズvsバッファローズ

          点が取れなきゃ勝てないの巻 先発は浜口と山崎福。 立ち上がりは浜口の方がいいと思ったのだけどねぇ。 試合終わってみれば山崎に手も足も出ずという感じに。 まったく、わからんものだよ。 ということで、初回の浜口は、これが浜口か? っていうくらいいい立ち上がり。 それに対して山崎の立ち上がりに、蛯名がホームランを打って先制。 今日は開港祭。そう、花火の日。 横浜スタジアムからもガンガン打ち上げますよ~っていう雰囲気で始まったのだが、 2回に杉本、安達に連続ヒットを浴びて、 シ

          スキ
          2

          5/22 ベイスターズvsスワローズ

          取った後の失点はダメージでかいよ の巻 先発は有吉。 とうとう出番が回ってきました。 ファーム手は快刀乱麻だったらしいからね。 とはいえ、しょせんファームだからね。 そのピッチングがそのまま上でできるとも思ってはなかったけど、 ん~~、先に点を与えてしまったのが運の尽きというか。 こういう下から上がってきて 投げてみなきゃわからない投手は ビジターで1回表に先に点をとってあげたかったなぁ というのが感想かな。 というこで、この日もあっという間に点を取られちゃうんだよね。 1

          5/21 ベイスターズvsスワローズ

          悪くない試合なんだけど、眠かったの巻。 試合前にBBWで1杯、いや3杯飲んでのスタジアム入りって所もあったと思うけどね、 中盤、すごく眠かった。 どっちも点が取れそうにないんだもの。 さて、先発は上茶谷。 初回、いきなり塩見にホームラン。 ふらふらっと上がった打球で、風に流されたとしても ウォーニングゾーンくらいで取れるだろうと思ったのだけど、 ストンとスタンド入り。 さらに2回、川端のヒットのあと、ボークがあって、 内山タイムリー。長岡ホームラン3点。っと。 でもね、昼

          スキ
          1