見出し画像

「会社はだれも君に残って欲しいとは頼んでないよ」と、新卒時代の上司は言った

『会社は誰も平岡に、会社に残って欲しいとは頼んでいないよ。』

これはぼくが社会人1年目の頃に、上司に言われた言葉だ。それもずっとずっと役職が上の上司に。

新卒入社した会社の本社は東京・六本木。「東京で働くんだ。」そんな希望と憧れを持って大阪から出てきた。研修で仲の良い同期ができた。東京の電車にも、人の多さにも少し慣れてきた。

研修が終わって配属の内示で言い渡されたのは、縁もゆかりもない名古屋営業所だった。

会社で決まったことだから仕方がないこと。頭では理解できても、心では納得していなかった。

「採用時に東京勤務と聞いていたのに」
「採用部と事業部の連携ができていない結果だ」
「本人の意向が一切配慮されていない」

いかにも正論のように会社を批判することは簡単だった。地方配属になった新入社員の愚痴を、ほとんどの人は同情をもって聞いてくれた。

そんなときに上司との1on1で言われたのが、冒頭の言葉だった。

『会社は誰も平岡に、会社に残って欲しいとは頼んでいないよ。厳しい言い方だけど、今辞めると言っても誰も止めない。』

内定をもらって丁寧に懇親会や入社式をしてもらった。自分は必要とされてこの会社に入ったのだと思っていた。でも会社にとっては、別にぼくがぼくである理由はなにもなかった。

「3年くらい働いたらステップアップのために転職する。」

当時は心の中で密かにそんな風に思っていた。先の上司の言葉が『3年お前にいて欲しいなんて誰も頼んでいないぞ』と言っているように聞こえた。ぼくは完全にお客様気分だった。

でも、その上司は後にこう付け加えた。

『でもそれはぼく自身も同じこと。だれもぼくが辞めると言っても止めはしない。だからね、ぼくは自分の意思でこの会社で仕事をしているんだ。』

会社と自分は常に対等な存在。会社は別に自分を求めているのではない。でもそれと同時に自分もその会社にこだわる必要はない。

別にぼくは頼まれて会社に入ったわけではないはず。自分の意思で選んで、この場所に立っている。続けるのも辞めるのもぼくの自由だ。そしてそれは新入社員でも役職者でも同じ。

そう思った途端、自ら選んだ環境を愚痴っている自分に恥ずかしくなると同時に、気持ちがスッと楽になった気がした。

縛るものが何もないのに自分がここにいるのは、他ならぬ自分の意思なはず。なんでここにいるんだっけ。そうだ、この会社でやりたいことがあるんだった。

ーーー

結局ぼくはその会社を3年勤めて辞めることになる。何が嫌だったわけではなく、会社でやる以上にやりたいことが見つかったから。

辞めると告げてから最終出社日として希望したのは、有休消化を含んできっちり1ヶ月後。異例のスピード退職だ。

「本当にいきなりのことですみません」と詫びたぼくに、やっぱりその上司は『会社は最初から平岡に残って欲しいとは頼んでいないよ。うち以上にやりたいことがあるなら、もちろんその意思を尊重したい。』と言ってくれた。

『会社は誰も平岡に、会社に残って欲しいとは頼んでいない。』という当時の上司の言葉は、当たり前の社会の厳しさを教えてくれると同時に、自分はどこにいても自由だと教えてくれた。

今日から新たに社会人になる人は、きっとこれからいろんなことを経験すると思う。それは楽しいことはもちろん、納得できないほど理不尽だと思えることも。

偉そうなことは言えないけどぼくが伝えたいのは、今の環境を選んだのは自分の意思で、それを変える自由も常に自分の手の中にあるということ。

だから自分がやりたいことは、会社員だからと遠慮する必要は無いと思う。あなたは自由だから。

そしてもし愚痴を言いたくなった時は、今の環境は自分で選び取っていることを思い出そう。あなたは自由なのだから。

ーーー

ちょうどこの3月末に、その上司も20年近く勤めた前職を辞めて別の会社に行くことになったとFacebookの投稿で見かけた。

きっと彼も今以上にやりたいことを見つけて、自分の意思で新たな一歩を踏み出したのだと思う。大きすぎる背中を見ながら、次に会う時に恥じないようぼくもまた頑張ろうと思う。満開の桜が上司の栄転を祝福しているように見えた。

今日の1枚

東京で桜を見ると、希望と不安を抱えて上京してきた時のことを思い出します。使ったフィルムはFUJICOLOR 業務用100。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、もし文章を良いと思っていただけたらアカウントをフォローしていただけると更新の励みになって嬉しいです。

よかったらどこがスキだったかこっそり教えてくださいね!
801
祐天寺で暮らすファッションと写真が好きな28歳。DRESS CODE.という個人ブログを運営しています。日々の生活の中で心が動いたことをとりとめなく文章にしていきます。DRESS CODE.:http://www.fukulow.info/

この記事が入っているマガジン

無料noteまとめ
無料noteまとめ
  • 16本

定期購読マガジンではない、無料で読めるnoteをまとめています。マガジンをフォローすると、noteが更新された時にタイムラインに表示されます。

コメント (5)
仕事を辞めたいと思ってしまった今日、この記事に出会えて良かったです。ありがとうございました。
そうですね。私も選んで、今の道を進んでいます。もし真実というものがあるのであるならば、それに向かって頑張ろうと。昔、妹の就職のときに、送った言葉があります。社会に振り回されるのではなく、社会を利用してほしいと。
読ませて頂きました。
私は今の職に悩んでいます。
人生変えたいです。
この記事の通りだと思いました。勇気づけられました。ありがとうございます。
この4月から新卒で入社した者です。記事の、『内定をもらって丁寧に懇親会や入社式をしてもらった。自分は必要とされてこの会社に入ったのだと思っていた。』『ぼくは完全にお客様気分だった。』という部分にギクッとしました。
私はまだ配属も決まっておらず、コロナの影響もあって5月中旬だと言うのに出社したのは3回だけで、同期との交流も少ないです。人事の方もそんな私達の不安を少しでも減らそうと、まるで腫れ物を触るように接してくださいます。その優しさにあぐらをかいていた自分に気がつきました。私も完全にお客様気分でした。
まだ仕事という仕事は始まっていませんが、今の職場でもし心が折れそうな事があったり愚痴っぽくなってしまった時、またこの記事を読み返して自分と向き合ってみようと思います。
長々と申し訳ありません。私に一喝入れてくださり、ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。