【記事掲載】静岡新聞「小室さん3年ぶり帰国・国民の理解得られるか」
見出し画像

【記事掲載】静岡新聞「小室さん3年ぶり帰国・国民の理解得られるか」

 本日9月28日(火)の静岡新聞の記事「小室さん3年ぶり帰国・国民の理解得られるか・金銭トラブル問題会見へ」に日本大学危機管理学部・福田充研究室の取材コメントが掲載されています。共同通信配信記事です。天皇と皇室を敬う立場として、小室さんと眞子さまのご結婚について慶事を汚すことは個人的に決してしたくありませんが、民主主義社会においては憲法に規定されている日本国の象徴たる天皇家においても最低限の説明責任があり、リスクコミュニケーションの問題として、この金銭トラブル問題の一点だけクリアする必要があり、それができれば心から祝福してあとは静かに敬い見守りするという状態とするべきだという立場です。よかったらご覧ください。 https://www.at-s.com/news/article/national/964627.html
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本大学危機管理学部教授。博士(政治学)。地震や津波など自然災害や原発事故などの大規模事故、テロ対策、インテリジェンス、戦争などオールハザードな「危機管理学」の研究、リスク・コミュニケーション研究をしています。元コロンビア大学・戦争と平和研究所客員研究員。