小倉 風子

江戸飲食史研究家・野菜ソムリエ・メニュー請負人 江戸時代の食べ物に特にスポットを当てて研究しています。 江戸の人たちの食べていたものの成り立ちや、当時の工夫、今とでは全く違う価値観や今に紡がれる文化を紹介できるよう、日々探求しております。

1400年ぶりのリバイバル?!「蘇」とは?

今、全世界ではコロナが猛威を振るい、私たちはひたすら色々なものに気を付けなければならない日々が続いている。 そんな中、どうやら「蘇」が流行っているという。 まさ…

宇宙の砂浜

今から17年ほど前、まだ世界と自分の距離が近かったころ、ノリでタイへ初の単身旅行をした。 バンコクから長距離夜行バスに乗り、そこから船でパンガン島へ。 着くとす…

大寒の水

昨日、1月21日の節気は「大寒」。一年の内で最も寒さが厳しくなることをいうのだが、翌日の今日は東京でもまとまった雪が降り、まさに今の時期を如実に表している1日だ…

ピリッとニヒルな黒いやつ

先日、TVで胡椒飯のことを取り上げていた。海老でとったお出汁でご飯を炊き上げ、最後に胡椒を振る作り方だったような・・・。 江戸時代の料理本にも胡椒飯の記述が見え…

かべすのきみ。

江戸時代の市民の最大の娯楽と言えば歌舞伎。当時の歌舞伎は今よりはもっと気軽に足を運べるところで、毎日多くの客が詰めかけ、熱狂した。 桟敷席は今と変わらず高級席で…

喰えば断絶、恋しや、ふくふく

寒い時期に欠かせない鍋。その中でも高級でしょっちゅう御目にかかれないのがフグ鍋。関西では福に通じるという意味で「ふく」と呼ばれるあのぽんぽこりんお腹。 てっさに…