一般社団法人フォレストック協会

フォレストック認定制度を運営しており、CO2吸収量クレジットの発行を行っております。 現在まで延べ140社以上の企業様にご購入頂いており、累積購入量は11万トン以上です。 公式WEBはこちらhttp://www.forestock.or.jp/index.html

一般社団法人フォレストック協会

フォレストック認定制度を運営しており、CO2吸収量クレジットの発行を行っております。 現在まで延べ140社以上の企業様にご購入頂いており、累積購入量は11万トン以上です。 公式WEBはこちらhttp://www.forestock.or.jp/index.html

    最近の記事

    • 固定された記事

    上場企業を含め延べ140社以上が活用しているフォレストック制度とは?

    はじめまして!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 今回は延べ140社以上が活用されているフォレストック認定制度について、どのような制度なのか、具体的な活動内容をご紹介させていただきます。 フォレストック協会とは? フォレストック「Forestock」とは森林を意味する「Forest」と貯蔵を意味する「Stock」を組み合わせた造語です。 健全で豊かな森林が光合成により二酸化炭素(CO2)を吸収し固定化しながら成長することを表現しています。 日本は国土の約7

      • COP27閉幕 途上国支援の基金創設へ

        皆さんこんにちは!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 エジプトのシャルム・エル・シェイクで11月6日に開幕した、気候変動について話し合う国際会議COP27。当初は11月18日までの予定でしたが、交渉が難航したために、会期が20日まで延期されました。 20日現地時間早朝に成果文書を採択し、無事閉幕しました。 「損失と損害」に特化した資金支援の基金創設で合意 COP27で注目されたのが、「損失と損害」についての議論です。 「損失と損害」とは、海面上昇など気候変動

        • COP27が始まりました

          国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27) 皆さんこんにちは!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 気候変動について話し合う国際会議COP27がエジプトのシャルム・エル・シェイクで11月6日に始まりました。 会議は11月18日までの13日間に渡って開催されます。 世界的な異常気象、ウクライナでの戦争の影響によるエネルギー危機など大きな問題が立ちはだかる中、世界が問題解決に向けて足並みをそろえることができるのか、世界中のリーダーが集まるCOP27

          • 最近よく見るFSC®ってなに?

            皆さんこんにちは!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 皆さんはFSC®ってご存じですか? もしかすると、今皆さんの身の回りにあるもの、例えばカレンダーやメモ帳、ティッシュ箱などにFSC®マークがついているかもしれません! 最近よく見かけるこのFSCマークとは、一体どんなものなのでしょうか?  本日はFSCについてご紹介したいと思います! FSC®とは? Forest Stewardship Council® (FSC®)は、責任ある管理をされた森林と、限り

            脱炭素経営EXPOに行ってきました

            皆さんこんにちは!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 先日幕張メッセで開催された『脱炭素経営EXPO』に行ってきましたので、現地レポートをご紹介いたします! 脱炭素経営EXPOとは 2050年カーボンニュートラル実現に向け、企業にも脱炭素経営が求められています。 本展にはゼロカーボンコンサル、GHG排出量見える化、コーポレートPPA、省エネソリューションなどあらゆる脱炭素ソリューションが出展し、脱炭素経営を目指す企業の経営者、経営企画、ESG・サステナブル部

            地球温暖化問題について

            皆さんこんにちは!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 今年は3年ぶりにコロナによる行動制限のない夏休みでしたね。 旅行や行楽に出かけて夏を満喫した!という方も多いのでしょうか? それにしても今年の夏も暑かったですね…。お盆を過ぎてからは暑さが和らいで、秋の気配を感じられるとなんだかほっとします。 近年の猛暑や豪雨などの異常気象の原因のひとつと考えられているのが地球温暖化。気候変動問題は私たちの生活に大きな影響を与えています。 そこで今回は、待ったなしの地

            フォレストック認定取得手続きについて

            皆さんこんにちは!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 フォレストック協会は、日本の森林のCO2吸収量をクレジットとして発行、売買流通を認めるフォレストック認定制度を運営しています。 森林が持つ機能である「CO2吸収量」を価値化し、森林と消費者の接点を創出することで、持続可能な森林経営をサポートしています。 本日は、森林所有者の方がフォレストック認定取得をして、クレジットが発行されるまでの流れを詳しく見ていきたいと思います。 対象森林について まず前提とし

            フォレストック制度とJクレジット制度の違いとは?

            皆さんこんにちは。一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 当協会の運営するフォレストック認定制度は、国の運営するJクレジットと並んで、民間では唯一の森林吸収系のクレジット認定制度としての運用実績があります。 フォレストック制度 Jクレジット制度 「違いはなに?」 実は当協会の制度とJクレジット制度の違いについてのご質問をよくいただきます。 今日はこの違いを徹底解説いたします! 違い① 制度運営主体 フォレストック制度とJクレジット制度、どちらも環境保全活

            Sustainable, GHG, Carbon Offset… 環境に関する英語を学ぼう!

            皆さんこんにちは。一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 環境問題に関して世界をリードし続けているEU。2026年には「国境炭素税」を導入することを発表しており、導入が始まると環境規制がゆるい国からの輸入品には炭素課税されることになります。 国際的な産業競争力を高めていくためには、日本も世界に後れを取らないよう環境問題に対応していかなければなりません! そこで本日は、知っておきたい環境に関する英単語をご紹介いたします。 OK, let’s get starte

            最近よく聞く「カーボンニュートラル」ってなに?

            皆さんこんにちは!一般社団法人フォレストック協会事務局の川西です。 最近いろいろなところでカーボンニュートラルって聞きますよね。 大手自動車メーカーの広告とか、電気事業者が「カーボンニュートラルでんき」を発売していたり。 よく聞くけれど、実はちゃんとした意味は知らない…という方もいるのでは? そこで今回はカーボンニュートラルについてご紹介します! なぜ、カーボンニュートラルが生まれたの? ところで皆さん、今年はなんだか梅雨がすごく短かったり、6月なのに猛暑日が続いたり、