フローライト・テクノロジーズ

IoT機器開発を行っています。産学連携や中国深圳とのパートナシップで多種多様なソリュー…

フローライト・テクノロジーズ

IoT機器開発を行っています。産学連携や中国深圳とのパートナシップで多種多様なソリューションを提供しています。 noteでは開発実績、自社開発製品のご紹介や中国との開発現場で役に立つ話題をご紹介しています。

マガジン

最近の記事

【実績紹介】協働ロボット修理

レストランで働く一員としてすっかりおなじみとなった配膳ロボット。人手不足の解消に役立ったり、一度により多くの料理を運べたり、店舗側にも顧客側にも大きなメリットがあることが受け入れられ、すでに欠かせない存在となっています。 しかしながら、配膳ロボットが働く環境は店舗により様々で、必ずしもロボットフレンドリーでないことがあります。また日常的に運ぶ物の中にはジュースやスープなど、うっかりこぼれた場合に電気機器であるロボットに悪影響を与えるものも含まれます。そのため、 センサーが

    • NT東京に出展しました

      11月5日、東京の科学技術館で開催されたNT東京に出展しました。「NT=なんか作ってみた」品々を共有して楽しもうという大人の文化祭的なイベントです。 電子工作、そしてそれを通じて深圳に関心を持つ人やハードウェア開発に関わる人たちへのアピールを目的に、当社が開発したいろいろなものを展示しました。展示品は以下の通りです。 CO2センサーライト「空気の美」 「空気の美」は、IoTを身近に感じてもらうことを目的に開発している「萌萌IoTシリーズ」のコンセプト製品です。CO2の数値

      • 電気通信大学西11号館へのアクセス

        当社が入居する電気通信大学西11号棟へのアクセスをご案内します。 入口を入られたら、エレベーターで5階までお上がりください。

        • 今日のIT中国語まとめ1「いらすとやチャレンジ」

          Twitterで連載中の「今日のIT中国語」の人気シリーズをまとめてご紹介します。 今日は「いらすとや」さんにどれだけハードウェア開発関連のイラストがあるのか試してみる、という「いらすとやチャレンジ」の週をまとめました。 まずはこの企画を思いつくきっかけとなった「はんだごて」です。かわいくてポップなイラストが多い印象ですが、工具や部品のイラストは意外と精巧に描かれています。 次は、テスター。 続いては「抵抗」です。 抵抗はあると思っていましたが、コンデンサはどうだろう

        【実績紹介】協働ロボット修理

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 実績
          フローライト・テクノロジーズ
        • Twitterまとめ
          フローライト・テクノロジーズ
        • 萌萌IoTシリーズ
          フローライト・テクノロジーズ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          中国の電子部品調達サイト

          ハードウェア開発に関わる方で、AliExpressや淘宝(タオバオ)などから部品を調達した経験がある方は多いと思います。 その際、「思った通りのものが届かなかった」「リユース品だった」といった経験を持つ人もまた少なくないのではないでしょうか。 AliExpressや淘宝(タオバオ)などの中国系サイトは格安の部品を手軽に調達できるので非常に便利ではありますが、100%確実ではないというリスク込みで利用する必要があります。 では、中国のエンジニアはどこで部品を調達しているので

          中国の電子部品調達サイト

          監修した同人誌が発売になります

          本日2023年5月20日から開催(オフラインは5月21日(日)開催)される「技術書典14」に弊社の老板が監修を務めた『ハードウェアエンジニアのための中国語入門』が出品されています。オフライン会場の配置は「お18」で、「フローライト」として参加します。 ハードウェア開発に必要な部品、設備、素材などの中国語を紹介している他、中国語の基礎や中国と取引する際のコツなどもご紹介しています。 現場での体験に基づいて書かれていますので、ハードウェア開発に関わる方のお役に立つと思います。

          監修した同人誌が発売になります

          自社製品「萌萌IoTシリーズ」第二弾:「猫咪(にゃんこ)管理員」

          1月下旬のYOXO FESTIVALにて、「萌萌IoTシリーズ」第一弾となる「空気の美」とともに、量産を目指して開発中のシリーズ第二弾「猫咪(にゃんこ)管理員」を初お披露目させていただきました。 これは猫トイレ内に設置し、センサーによって猫を検知、クラウドを介して愛猫がトイレに出入りした時間と回数をスマホの専用アプリに通知・記録するというIoTデバイスです。 自社製品開発にあたり、現在世の中に存在しているIoT製品の調査も行いましたが、その中で国内外を含めすでに多種多様な

          自社製品「萌萌IoTシリーズ」第二弾:「猫咪(にゃんこ)管理員」

          YOXO FESTIVALに出展しました

          2023年1月27日、28日両日に横浜みなとみらいで「YOXO FESTIVAL」が開催されました。クイーンズスクエアや桜木町駅前などに設置された各会場で「未来」をテーマとした展示、デモ、ワークショップなどが行われ、弊社も28日(土)の1日のみでしたが初参加させていただきました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。 ブースでは先日ご紹介したCo2センサー連動ライト「空気の美」に加え、現在テスト中の新製品「猫咪(にゃんこ)管理員」を展示し、「IoTでこんなことが

          YOXO FESTIVALに出展しました

          Co2センサー連動ライト「空気の美」のヒミツ

          先日公開した「萌萌IoTシリーズ」第1弾、Co2センサー連動ライト「空気の美」はおかげさまで多くの方に関心を寄せていただいております。 1号機のライトは状態と色が固定(正常=緑、注意=黄色、危険=赤)されていましたが、先日配送が遅れていたマイコン内蔵LEDのライトがようやく届き、アプリと連動させて自由に色を変えるという本来の設計通りのものが完成しました。 この記事では、新バージョンの2号機と、改造の中身をご紹介します。 「空気の美」2号機 まずは以下の動画をご覧くださ

          Co2センサー連動ライト「空気の美」のヒミツ

          自社製品「萌萌IoTシリーズ」始動!第一弾はCo2センサー連動ライト「空気の美」

          お客様「フローライトさんは結局何ができるんですか?」 代表「新しい技術をもっと吸収したい!」 従業員「IoTの会社って言っても理解されない…」 そんな声をまとめて解決するために、「そうだ!自社製品を開発しよう!!」ということでプロジェクトがスタートしました。 IoTでできることはたくさんありますが、現状では工場や第一次産業などでの導入が目立ち、一般の人々にとって身近な存在とはいえません。そこで、生活をちょっと便利にしてくれて、誰もが手軽に手に取れる「小さなIoT」をコンセ

          自社製品「萌萌IoTシリーズ」始動!第一弾はCo2センサー連動ライト「空気の美」

          【開発実績】スマートウォッチの開発サポート

          すっかり生活の中に浸透しているスマートウォッチですが、その開発には様々な技術力が必要です。 筐体は軽く丈夫な素材でスポーツシーンでも使える防水性を備え、1日中腕に装着していても邪魔にならないデザインが求められます。設計面においては「時計サイズの中にいかに各部品を収めるか」がポイント。使用される基板や電子部品はどれも極小サイズで、文字通り「吹けば飛ぶ」ような部品ばかりです。それらを衝撃に負けず、常に安定して動作するよう配慮して配置しなければなりません。 また、ハード側の制約

          【開発実績】スマートウォッチの開発サポート

          【開発実績】金型メンテナンス支援システム

          まだまだ日常生活には浸透していないIoTですが、製造現場では様々なIoTデバイスがその真価を発揮しつつあります。 当社では樹脂成型工場における金型メンテナンスの課題をIoTの技術を用いて解決するお手伝いをしました。 樹脂成型工場において、射出成型のための金型を適切に管理することは、製品クオリティを保持するために重要なポイントです。しかしながら従来は現場の熟練工の勘を頼りにしている部分があり、いうなれば管理が属人的となっていました。 そこで、より効率的な金型管理を実現するため

          【開発実績】金型メンテナンス支援システム

          IoTとは?

          はじめまして。フローライト・テクノロジーズです。 私たちはIoTに関する様々なソリューションを提供しています。ところが、「IoT」について具体的なイメージを持っている人はまだまだ多くないのでは?と日々感じています。そこで、自己紹介として、私たちが考える「IoTとは?」について語ってみたいと思います。 「IoT」は “Internet of Things” の略語で、日本語では「モノのインターネット」と訳され、その名の通り、様々なモノがインターネットに接続する技術やサービス