ギー  【ベラゴアルドクロニクル】

・・さて何から話そうかの。・・おやその様子さては信じておらんな。・・だがベラゴアルドは在る。在るのじゃよ。・・ワシの名はギー。歴史学者、魔法使い、占星学者、人でなし、裏切り者、他にも山ほどあった。ワシのことは何とでも呼ぶがよかろう。大事なのは物語じゃ。物語こそが魔法なのじゃよ・・
固定されたノート

ベラゴアルドの世界

こんにちは。 ギーが語る物語を代筆しておりますナマケモノです。 先日、「ベラゴアルドクロニクル 竜の仔の物語」も第一章が終わり、一息ついたところでございます。現在...

ストライダの反撃 −終話−白い花束

※物語は最後まで読めます。終話の後の文章が有料となります。 竜の仔の物語 −第2章|3節|−ストライダの反撃 −終話−白い花束  一足先にリパウザが水路警備の持...

200

ストライダの反撃 −その10−古の魔神

竜の仔の物語 −第2章|3節|−ストライダの反撃 −その10−古の魔神  奇怪な音が止むと、未だ頭の中で響く耳鳴りを振り払いながらソレルは立ち上がる。音の元凶を見...

ストライダの反撃 −その9−激闘の果て

竜の仔の物語 −第2章|3節|−ストライダの反撃 −その9−激闘の果て  無数のスメアニフの死骸が散らかるなか、イハータラが崩れ落ちる。片足を切断され、腹と頸の...

ストライダの反撃 −その8−反撃の刻

竜の仔の物語 −第2章|3節|−ストライダの反撃 −その8− 反撃の刻  オーギジアルが吸血鬼の言葉で叫ぶと、怖じ気づいていたスメアニフどもが狂気を取り戻す。目...

ストライダの反撃 −その7−三つの攻防

竜の仔の物語 −第2章|3節|−ストライダの反撃 −その7− 三つの攻防  「なあ、どうだ?おれたちと組まねえか?竜よ。」オーギジアルはもう一度言う。天井ではス...