見出し画像

(短編小説)じゃこらんたん宙を舞う


「大変です!ご覧ください!大量のじゃこらんたんが空中を飛び交っています!」
ヘリから中継するレポーターの声が異常に甲高い。しかも、ゴンだのドンだの、ヘリにじゃこらんたんがぶつかる震動音がする。しかし墜落する気配はない。なぜだろう、ヘリの回ってるあのへんだけ当たらないのだろうか?

自宅のテレビでそれを見ていた人たちは、何が起きているかよく理解していなかった。

「何これ」
「合成じゃない?」
「ハロウィンのドッキリ映像?」
「ママ、ドッキリって何?」
「えっ?知らないの?」


「皆様!これは本当にマジ、いや真剣な中継で(ゴン)あっ!また頭上からじゃこらんたんがぶつかる音がしました!怖いです!これは怖すぎます!我々は無事に帰れるのでしょうか!?なぜ?なぜ運転してる人は余裕で半笑いなのでしょうか?プロペラはなぜ無事なので(ゴン)イヤァァァ」


「やっぱりCGじゃない?」
「この人演技すごくね?」
「パイロットさあ、絶対こいつがおかしくて笑うのこらえてるよね」
「笑い過ぎで墜落したら笑えなくね?」



「あっ!今!今巨大なじゃこらんたんが目の前を凄まじいスピードで横切っていきました!危ない!あれは危ないです(ゴン)このヘリ本当に大丈夫なんですか!?えっ?原因?はっ、そうでした。原因は不明(目の前をまた巨大なじゃこらんたんが横切る)ヒィー!これはなんでしょうか!?異常気象?自然界から人類への警告でしょうか!?それとも(ハイスピードで小さなカボチャが飛び交っている中に突っ込む)うわあああ!これは猛攻撃です!凄まじい勢いでカボチャが激突して割れて落ちていきます!なぜ我々はここまでカボチャに恨まれているのか!?なぜプロペラは普通に回っているのか!?」


「あれさ、農家から苦情来ない?」
「そもそもなんで空飛んでんの?」
「あの中にヘリで突っ込んでくのバカじゃない?」
「あ、そのマカロン一個もらっていい?」


「サイドの窓がカボチャまみれで外が見えません(ゴンゴンゴン)まだ来るの!?いや、まだ止まりません。いくらハロウィンでもこれはひどい!なぜこんな怪奇現象が(ゴン)ほんとにこのヘリ大丈夫なんですか!?パイロットが爆笑してます!大爆笑です!怖い!怖いです(ゴン)嫌です!僕、じゃこらんたんに殺されて墜落死はイヤァァ!!」


「殺されてさらに墜落死すんの?」
「あれ?この人マジでパニクってない?」
(ゴン)
「え?何今の?」
(ゴンゴンゴンゴンゴンゴン)
「やだ!ほんとにカボチャが降ってる!!」
「カボチャじゃないよこれ!顔ある!」
「じゃこらんたん降ってる!!」
(ゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴン)


一同「イヤァァァァァァァァ!!」







[教訓]
自分の身に起こらないと、
その出来事の怖さはわからない。










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
水島素良

お読みいただきありがとうございます。 いただいたサポートは、学習・創作のための資料、趣味、生活費などに使わせていただきます。

あなたに幸せがありますように!
旧名、河上彩。 小説メイン。たまにエッセイ。 「小説家になろう」というサイトに長編小説が2作品、エブリスタにも作品があります。