見出し画像

film buyerとは(制作者さま向け)

film-buyer

いつもfilm buyerをご利用頂きありがとうございます。
前回は脚本家の方々(投稿者)向けにfilm buyerの紹介をしました。
https://note.com/filmbuyer/n/n8dc1b45fad32


こちらは、制作会社さま、プロデューサーさま、ディレクターさまなど、脚本原案を探している方向けにfilm buyerをご紹介します。

film buyerとは

画像1

film buyerは『脚本投稿売買サービス』です。
良い作品を見つけると脚本家にコンタクトをとることが出来ます。

画像2

『buy』を押すと脚本家とコンタクトがとれます。
すぐには購入になりませんのでご安心ください。
そのままギャランティのお支払いか、脚本家と共に改稿をしていくかは脚本家と話して決めていく流れになります。

film buyerを作ったキッカケ

画像11

film buyerを作ったキッカケは「東京に住まないと脚本家になれない」と言われたことでした。
今ではこの言葉を頂いて感謝していますが、地方でも首都圏に住んでいても才能がある人が輝ける場所を作りたいと思ったのがキッカケでした。

登録者数/投稿作品数

画像13

ご登録頂いている脚本家さまが、2022年1月時点で1137人。投稿作品数は有難いことに1465作となっています。

登録している脚本家

画像4

film buyerに投稿している脚本家さまは、プロの脚本家を目指している方が多い傾向にあります。大手シナリオコンクールなどで受賞されている方、最終選考通過された方、シナリオスクールに通われている方など様々です。
既存の枠に捉われない企画の強い脚本も多数投稿されています。

課題(制作者視点)

画像6

さきほど紹介した通り、現在の投稿作品は1465作となっています。
限られた時間の中で良い作品をピックアップするのは難しい方もいると思います。
また、あらすじを見て脚本を「見る」「見ない」を選択される方もいると思いますが、あらすじになっていないものがあったり、
脚本のフォーマット(柱やト書きなど)を知らずに投稿される方もいます。
時間がない中で、良い作品との巡り合わせが中々できないことが課題と考えています。

一方で脚本家の課題はこういったものがあります。

課題(脚本家視点)

画像7

脚本家の課題は制作者さまとの繋がりです。
作品を投稿すると閲覧数はカウントされますが、制作者に見て頂けているのか実感がない方もいます。

課題解決

画像8

課題解決策として、
一定水準以上の脚本をピックアップし直接ご提案致します。
現在も知り合った制作者の方に定期的に脚本を紹介をしていまして、好評の声を頂いています。

制作者によっては探している作品と相違がある場合もあると思いますが、定期的に投稿作品をピックアップしますので興味のある作品も出てくるのではないかと思っています。

そういった機会創出をするためにも、見ていただける制作会社さま、プロデューサーさま、ディレクターさまに提供しようと考えています。

画像9

脚本家の方々にとっても、良い作品さえ出来れば制作者に直接見ていただくチャンスが増えると思っています。
過去に投稿された脚本で良いもの、新しく投稿された脚本で良いものもあればピックアップしていこうと考えています。

画像10

ピックアップに伴うコストは『0円』です。
作業時間は勿論かかりますが、一番大切なものは『脚本』です。
良い作品に巡り会えたときに、脚本家さまへギャランティをお支払い頂きたいと思っています。

脚本ピックアップ定期便

画像12

film buyerに投稿された脚本で、一定水準を超えた作品をお知らせします。

興味のある制作者さまは宜しければお問い合わせくださいませ。
メールでもTwitter経由でも順次受付けております。

film buyerお問い合わせ先
filmbuyer.jp@gmail.com

Twitter
(個人Twitter サトー兄弟)
https://mobile.twitter.com/sato_brother

(film buyer)
https://mobile.twitter.com/film_buyer


制作者さまにとってはメリットだけで、デメリットはないの、、、?となると思いますが、
あるとすれば紹介した脚本が探しているものと相違があるといったケースだと思います。

今後のこと

画像13

以前から脚本のエージェントとして面白い脚本を紹介したいと思っていました。
全ては日本のドラマや映画をもっと面白いものにしたい!
という気持ちだけで活動しています。

脚本エージェントサービスとして今後やっていきたいことを具体的にお伝えします。

①脚本投稿売買サービス
⇨投稿された脚本を見て自由に脚本家にコンタクトをとれる環境作り。今も行っているサービスです。これは常に稼働していきます。

②脚本ピックアップ定期便
⇨一定水準以上の脚本を紹介。先程ご紹介した脚本をピックアップするサービスです。

ここからは願望を含めたやりたいことです。

③film buyer脚本賞
⇨賛同頂いた制作者の方々に選考に参加頂き脚本賞を設立したいと思っています。

④制作者さまコンペ
⇨映像化を前提にしたコンペをやりたいと思っています。面白い!と思ってくださった制作者さまはご連絡頂けると幸いです。


ここまで長々と記事を読んで頂きありがとうございました。
一緒に面白いことをしてみたい!と思って下さる制作者さまが居ましたら是非ご連絡くださいませ。

film buyerお問い合わせ先
filmbuyer.jp@gmail.com

TwitterのDMでもどうぞ。
(個人Twitter サトー兄弟)
https://mobile.twitter.com/sato_brother

(film buyer)
https://mobile.twitter.com/film_buyer



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!