村上祐資|FIELD architect

宇宙や南極、ヒマラヤなど、厳しい環境にある美しい暮らし方を探すために、様々な極地の生活を踏査してきた極地建築家。特定非営利活動法人フィールドアシスタント代表。www.fieldnote.net

村上祐資|FIELD architect

宇宙や南極、ヒマラヤなど、厳しい環境にある美しい暮らし方を探すために、様々な極地の生活を踏査してきた極地建築家。特定非営利活動法人フィールドアシスタント代表。www.fieldnote.net

    マガジン

    • native | FIELD assistant

      • 130本

      NPO法人フィールドアシスタントがお届けする、世界各地の人たちに暮らしの知恵を求めて話を聞くポッドキャスト「ラジオネイティブ(radio native)」を公開中。このマガジンはnative note版です。

    • 南極経由、宇宙行き。|10年前の南極越冬記

      2009-10、南極の昭和基地で越冬生活を送っていた当時、書き綴っていた紀行文。それらを10年が経ったのを機にまとめたものです。noteの予約投稿機能を使って、当時の日付から10年と5ヶ月後に投稿されるようにしてあります。配信の時間の間隔も一緒に、南極越冬生活を感じて頂けたら。

    最近の記事

    越冬を終えて

    #10年前の南極越冬記 2010/3/23ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 3月19日に日本へ帰ってきてから数日が経った。シドニー港でしらせと別れ、僕らは空路でひと足先に日本へと戻ってきたのだ。成田で出迎えてくれた、もう間もなく子供の生まれる妹の大きなお腹を見て、15ヶ月という空白の時間を実感した。1年前に昭和で別れ、すっかり普通になってしまった50次夏隊の仲間たちの笑顔が嬉しかった。家族友人、世話になった皆さん

      • 小うるさい経験者

        #10年前の南極越冬記 2010/2/12ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 明日13日には昭和基地を離れ、僕ら50次隊と51次夏隊は全員しらせへと向かう。僕らの最後の日は、残される51次越冬隊28人にとっては、本格的な越冬生活の始まりの日だ。一年前、50次夏隊を乗せた最後のヘリを見送ったあとには、急に基地が広く感じられ、「本当に置いてかれちゃったんだな」と寂しく思う反面、「これから自分たちの手で、28人だけの越冬

        • 無停電という誇り

          #10年前の南極越冬記 2010/2/1ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 2月1日、僕らは荷物をまとめ住み慣れた基地主要部から夏宿舎へと移動した。天気は生憎のブリザード。荷物が飛ばされないように、ダンプの荷台で数名が重しとなって荷物を押さえながらの引っ越しとなった。51次へ基地を受け渡す準備を全て整えてから、越冬交代式が行われる。例年ならば「昭和基地」の看板が立つ19広場(イチキュウ・ヒロバ、19次隊の時に整地さ

          • 交代の日

            #10年前の南極越冬記 2010/1/24ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 気が付けば越冬交代まで残りあと一週間を切った。越冬交代式を済ませた後は、僕らは住み慣れた昭和基地を離れしらせへと移る。僕を含め何名かは、越冬交代後も観測や設営作業の都合で51次からしらせが離岸するまでは基地に残って欲しいという要請があり、しらせでは無くて今51次隊が住んでいる夏宿舎へと引っ越すことになっている。越冬交代以降は、観測や建物の

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • native | FIELD assistant
            村上祐資|FIELD architect 他
          • 南極経由、宇宙行き。|10年前の南極越冬記
            村上祐資|FIELD architect

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            補給がこない

            #10年前の南極越冬記 2010/1/6 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 12月18日迄に定着氷から51次隊本隊をヘリ輸送を完了し、その後セールロンダーネ隊が居るクラウン湾へ物資輸送に向かっていた砕氷艦しらせ。当初の予定通りであれば、今ごろ昭和基地へ到着し、ヘリと氷上輸送による本格物資輸送が開始されるはずだった。が、しかし肝心のしらせがまだ来ない・・。 この冬僕らを悩ませてくれた記録的な積雪が、昭和基地から約

            越冬経験者

            #10年前の南極越冬記 2009/12/31 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ もうすぐ新しい歳を迎える。この一カ月間は、先遣隊に続き新しい砕氷船「しらせ」でやってきた51次本隊を迎え入れるための準備、物資の輸送、引継、そして自分たちが持ち帰る荷物の梱包作業と、忙しい日々を送っていた。 日本に居る皆さんは少し前に仕事納めを済ませ、今ごろ家族と共に正月休みを過ごしているだろう。しかし僕らにとっては、今が忙しい夏本

            挨拶がわからない

            #10年前の南極越冬記 2009/11/23 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 11月13日に、51次の先遣隊5人が飛行機で昭和基地入りしてから10日ほど過ぎた。人数が少ないせいもあるが、まるで昔から一緒に暮らしていたかのように、早くも皆馴染んでいる。 先遣隊を乗せたツインオッター機は、ロシアのノボレザレフスカヤ基地からベルギーのプリンセスエリザベス基地を経由し、はるばる昭和基地にやってきたのだが、飛行機がラン

            宇宙の果て、距離を測る

            #10年前の南極越冬記 2009/11/6 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 長い1週間だった。年に2回、2月と11月には、僕の担当する地圏部門の大きな観測イベント、VLBI (Very Long Baseline Interferometry) 観測が行われる。このVLBI観測は、昭和基地(日本、東南極)の他に、O’HIGGINS(ドイツ南極観測基地、南極半島)、TIGOCONC(チリ)とKOKEE(ハワイ、カ

            賑やかな訪問者

            #10年前の南極越冬記 2009/11/2ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 昭和基地にペンギンがやってきた。六羽もいっぺんに。 やってきたのはアデリーペンギンという体長40cmくらいの小型のペンギン。もうすぐ生まれてくる雛たちを安心して孵すことのできるルッカリー(営巣地)の候補地を探しに来たんだろう。 両手を広げて上手にバランスを取りながら、一生懸命にペタペタと前を行く仲間の後を追いかける姿は本当に可愛い。立

            雲の時間

            #10年前の南極越冬記 2009/10/30 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 南極は春から夏へと季節が変わりつつある。日照時間は日に日に長くなり、あと一ヶ月もしないうちに白夜になる。気温がまだ低く日射量も多い今の時期は、オゾンホールが大きくなり地上に降り注ぐ紫外線量も増える。一日外にいるとすぐに顔が日に焼けて黒くなるし、うっかりサングラスを忘れたりすると目が痛いし涙は出るし大変な目に遭う。曇っていて太陽が出てい

            ふぬけ

            #10年前の南極越冬記 2009/10/25 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 1ヶ月半の野外連チャン生活が落ち着いてから約2週間が経った。長い間基地を留守にしていた分、51次の受け入れ準備や持ち帰り物品の整理、観測データの整理、執筆の依頼など色々と仕事が溜まってしまった。加えて長く続いた緊張生活から解放された反動からなのか、少々フヌケのような状態になってしまったせいもあり、この2週間はちょっとばかり気持ちのコン

            遠征ひと段落

            #10年前の南極越冬記 2009/10/10ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 昨日9日ぶりに昭和基地に帰って来た。リュッツ・ホルム湾の奥にあるスカーレンという沿岸露岩帯での観測旅行の帰りに悪天でラングホブデで足止めを食い、昨日も地吹雪の中で行きの雪上車のトレースを辿りながらの帰還となった。 今回のスカーレン旅行をもって、この一ヶ月半続いた連続野外生活もようやく一段落。野外での気の抜けない生活、数日間基地に戻って

            フィールドアシスタント見習中

            #10年前の南極越冬記 2009/9/10 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ ラングホブデから無事に帰って来た。心配していた悪天候の予報も外れ、気持ちの良い陽気の中、計画していた全てのミッションを終えることができた。それにしてもここまで予報が外れるのも珍しい。 定時交信の中でも向こう2日間の天気情報を教えてもらうのだが、それまでずっと崩れるとの予報が出続けていたのが、前日の晩の定時交信で「明日が崩れるとの予報は

            リーダーの心得

            #10年前の南極越冬記 2009/9/2 ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ いよいよ明日から4泊5日の予定で、ラングホブデの観測旅行に出る。今回のオペはこれまでと違って、僕にとっては特別な意味合いがある。初めてリーダーとして野外に出ることになるのだ。この半年の間に何度も野外に出て来たが、常に「自分がリーダーならどうするか」ということを頭に置き、それぞれのリーダーや越冬経験者の元で経験を積んで来たつもりだ。旅行中に

            定時交信のお作法

            #10年前の南極越冬記 2009/8/29ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ 今週は2パーティが野外オペに出ているので、基地には普段の2/3の人数しか残って居ない。今回は僕も珍しく基地でお留守番。人数が少なくて寂しいので、シェフの発案でみんなで一つの大テーブルを囲んでの食事になった。おまけにMWF以来のコース料理!みんなでワインで乾杯なんかもして、楽しい晩餐会になった。「留守番もいいなあ!」なんて思ったけど、僕は来

            人員装備“異常アリ”

            #10年前の南極越冬記 2009/8/21ちょうど10年前になる。当時、僕は越冬隊員として南極にいて、こんなことを書いていた。 ◇◇◇ やってしまった・・。長期で野外に出ると、僕らは毎晩昭和基地と無線で定時交信を行うのだけれど、50次では初めて「人員、車両、異常アリ」を報告することになってしまった。しかも「人員」の異常は、僕自身なのだ。 事の起こりはこうだ。雪上車の故障による作業の遅れで1日延泊になった、4泊5日のS16オペの4日目、昼飯の時間に、前日から少し元気が無か