Tamiko/ フィドラー

アイルランド、イギリス諸島、アメリカに広がるフィドル音楽について、音楽史から練習方法ま…

Tamiko/ フィドラー

アイルランド、イギリス諸島、アメリカに広がるフィドル音楽について、音楽史から練習方法まで幅広く書いています。一番人気は『「ケルト音楽」を検証する』です。HP:https://fiddletamiko.com/

マガジン

  • 民俗音楽雑記

    幅広い民俗音楽のお話です。

  • フィドルを学びたい方へ

    Tamikoが主催するフィドルクラブ大阪やレッスン、音楽イベント、レッスン内容の記事など。

  • 私自身のフィドルの話

    フィドル体験記を書いています。

  • アイリッシュ事始め!

    民俗音楽の世界にようこそ!アイルランドの音楽を始めるにあたって役に立つお話をまとめました。

  • 「ケルト」と音楽の関係がよくわかるマガジン

    アイルランド音楽のことを、なぜ「ケルト音楽」と呼びかえる必要があるのでしょうか?そこから生じるさまざまな疑問を解いていきます。

最近の記事

  • 固定された記事

音楽之友社より待望のフィドル教本が出版されました

2022年2月に出版された本は、Complete Irish Fiddle Player, Pete Cooper著 (1994年 MalBay出版) の翻訳版で日本語で読める初のフィドル教則本となります。私が翻訳を手掛けました。原書は初版から28年間のロングセラーとなっていて、すでに世界中で多くの人々に親しまれているフィドル教則本です。 こちらが原書です。 フィドル教本として最適 伝統音楽が身近にある環境で育った人でない限り、本書はアイリッシュフィドルを学ぶのに最適な

    • 民俗音楽に息づくアマチュアリズム

      アマチュアというと、『広辞苑』には「職業としてでなしに趣味や余技として携わる人。愛好家。」とあり、”しろうとの手慰み””下手の横好き”というように、プロに対して甘いというニュアンスが込められます。けれども、民俗音楽の世界では、プロ的な活動をしている著名な音楽家が別に本業を持っていたり、無名のアマチュアがまるでプロのような演奏をしたりするので、そのような定義がかみあわないことに気が付きます。 プロとは、すなわちフルタイマーミュージシャンのこと 現在でも民俗音楽の世界では、音

      • 「アイリッシュフィドル講師養成講座」開講

        フィドルを習いたい方が増えています。しかし、フィドルを教えられる講師の方がまだまだ少ない現状です。そのような現状に応えるべく、ヴァイオリン講師向けのアイリッシュフィドル講座が開講されます。フィドルをお教室に取り入れ、生徒さまのより幅の広いニーズに応えてみませんか。楽器を楽に構えファーストポジションで弾くフィドルの奏法は、身体に優しく、幅広い年齢層の方に喜ばれます。フィドルを装飾音やボウイングといった要素で理解していく内容となっているので、効率よく学ぶことができるコースとなって

        • フィドルが上達する練習方法 ~基本編~

          時間を忘れて楽器を練習することは楽しいことですよね。そして、どんな人でも練習するからには上手くなりたいと望んでいます。そこで、大人から楽器を始めた独学者のほとんどが知らない、できていない練習ノウハウを一挙公開します。 限られた時間の中で効果を上げる具体的な練習方法とは? また、練習によって身体を壊さないことも大事な観点です。今回はその両方に適った練習方法を6箇条にして、「フィドルが上達する練習方法 ~基本編」としてお伝えします。 こうした楽器練習のノウハウは、本来、レッス

          有料
          250〜
          割引あり
        • 固定された記事

        音楽之友社より待望のフィドル教本が出版されました

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 民俗音楽雑記
          Tamiko/ フィドラー
        • フィドルを学びたい方へ
          Tamiko/ フィドラー
        • 私自身のフィドルの話
          Tamiko/ フィドラー
        • アイリッシュ事始め!
          Tamiko/ フィドラー
        • 「ケルト」と音楽の関係がよくわかるマガジン
          Tamiko/ フィドラー
        • アイルランドとイギリス諸島の民俗音楽史まとめ
          Tamiko/ フィドラー

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          音楽の歴史を狭めることで見えなくなるもの

          「民間伝承(folklore)は、三世代(一世代=約30年、つまり約90年)以上にわたって伝承されてきた有形無形の文化である。」という定義を拡大解釈して、民俗音楽の歴史を現在からたった三世代までしか遡らないとする人がいます。三世代以上と三世代までとでは全く意味が違います。伝統的な音楽の歴史がたったの90年!というのはいったいどういうことでしょう。そこに隠された意図を読み解きます。 音楽の起源についてはすでに定説がある 20世紀初頭の民俗音楽研究は、自国の民族的な卓越さを鼓

          音楽の歴史を狭めることで見えなくなるもの

          私のレッスンスタイル

          私のレッスンスタイルは、トラッドの先生のやり方を取り入れながら、日本の方にも受けて頂きやすいように私なりに工夫したものです。つまり、私のオリジナルになります。 ピート・クーパー先生のスタイル 私は、ピート・クーパー先生のレッスンをグループと個人で2年半受けてきて、こういうクラシックとはまったく違うスタイルのレッスンが日本にもあったらいいのに、と強く思うようになりました。(「フィドルクラブ大阪」の誕生の経緯については、こちらをご覧ください。) 先生はロンドンの名物フィドル

          私のレッスンスタイル

          民俗音楽における「楽譜」の存在とその役割

          アイルランド音楽において、曲は聴き覚えで伝えられてきました。そもそも楽譜が読めない奏者もたくさんいます。だからといって、この音楽の世界に楽譜が全く存在しなかったか、というと決してそうではありません。もし、民俗音楽の音楽家が旋律を紙に記すことも、出版された楽譜を見ることもなかったら、音楽は今よりずっと内容の乏しいものになっていたでしょう。民俗音楽においては、クラシックとはまた違った楽譜の果たした大きな役割があったのです。 民俗音楽の「楽譜」はクラシックのとは種類が違う アイ

          民俗音楽における「楽譜」の存在とその役割

          クラシックギター音楽と民俗音楽のクロスオーバーの新発見をしたかも!?というお話

          民俗音楽研究は、クロスオーバーの発見の歴史と言っても過言ではありません。研究者が範囲を広げて調べてみると、「その地で生まれた固有の音楽」と思われた歌や曲が他の地域でも見つかることがよくあるからです。そして、それぞれの曲の年代が推定できると、曲のたどってきた軌跡が分かり、人々の暮らしぶりまで想像できることもあるのです。 民俗音楽での地域間のクロスオーバー アイルランドとイギリス諸島のクロスオーバーの例は、枚挙にいとまがありません。例えば、アイルランドのリール曲の有名なものは

          クラシックギター音楽と民俗音楽のクロスオーバーの新発見をしたかも!?というお話

          セッションが伝統になるまで

          今日のアイルランド音楽は他のどの国よりも、パブでのセッションが音楽シーンの中心となっています。初心者から世界ツアーを行うプロまで、自分たちの楽しみのためにこの非公式な集まりに参加し、曲を交換します。こうした現状から、「アイルランドでは、ずっと伝統的にパブでセッションが行われていた」と思われても仕方がありません。それでは、いったい、いつ頃からパブでのセッションがアイルランドの「伝統」になったのでしょうか?  18世紀から20世紀初頭までの音楽シーンと演奏形態 かつて、ダンス

          セッションが伝統になるまで

          「フィドルクラブ大阪」初心者のクラス

          フィドルの楽器初心者のための大人のクラスです♪ 最初からフィドル奏法で学べる少人数制のグループレッスンになります。楽器を始めたい方、クラシックとは違う気軽な音楽をしたい方、楽器演奏の基本を見直したいフィドル経験者もご参加頂けます。みんなでわいわいしながら、楽器を構えるところから始めて、フィドルのテクニックを入れていきます。曲に入れば、トラッドの美しいエアや楽しいダンスチューンも弾いていきます!基礎を大事にしながらゆっくりと進めていくコースレッスンになります。 初心者のクラス

          「フィドルクラブ大阪」初心者のクラス

          現地ミュージシャンが「ケルト」を使わない訳とは

          ご存知のように、「ケルト音楽」というのは音楽産業界のマーケティング戦略における商標パッケージです。その功罪についてはさておき、音楽産業界に身を置く現地ミュージシャンはみな、その用語を使って業界に忖度しているか、というとそうでもないようです。教えの現場とミュージシャンのHPからそのことを検証し、音楽産業と音楽家、あるいは、現地と日本のギャップについて考えてみました。 教えの現場から~私が習ったフィドルの先生たち 私は2002年から2年半の間に、現地で25人の先生からフィドル

          現地ミュージシャンが「ケルト」を使わない訳とは

          フィドルパーティー2023 Presented byフィドルクラブ大阪

          フィドルパーティは無事に終了しました。また、来年、行いましょう。 開催方法などについて、ご意見・ご感想があればお寄せください。 フィドルパーティーとは、生徒のみなさんお一人お一人が主役となるカジュアルな音楽会のことです。フィドルのソロ、デュオ、バンド、セッションといったさまざまな形式で、仲間と一緒に音楽を楽しみましょう! 日時: 2023年12月3日(日) 開場・集合14:00、開演14:30 終演16:30  ※完全撤収16:55 みなさまのご協力をお願いします。

          フィドルパーティー2023 Presented byフィドルクラブ大阪

          私のnoteの記事が、アイルランド音楽の海外の有名サイトで紹介された件

          私のnoteを読んでくださっているみなさん、いつも、ありがとうございます!私は、かねてから、自分の書いたものを時間が出来たら英訳して現地の人からの反応を聞きたいと思っていました。それが先日、日本の音楽家から紹介されるという思いがけない形で実現しました。ページまるごと翻訳できるGoogleのAIの翻訳機能が使われて、アイルランドの伝統音楽では有名な「The Session」というサイトで、多くの方に読んでいただく機会を得たのです。 「The Session」というサイトについ

          私のnoteの記事が、アイルランド音楽の海外の有名サイトで紹介された件

          『フィドルが弾きたい!』参考音源

          聴き覚えで伝えられてきた民俗音楽では、どのような演奏(音源)から曲を習ったのかが重要になります。本書で名が挙げられている演奏や元曲と思われるアルバムを探してみました。本書と併せて、こうした伝統的な音楽家による素晴らしい演奏を参考にしてみて下さい。レッスンを受講されている方は、音源を聴いて耳なじんでおかれると有意義なレッスンとなること請け合いです。随時アップしていきます! 1.The Irish Washerwoman Paddy Glackin, In Full Spat

          『フィドルが弾きたい!』参考音源

          ロマ、トラベラーズ、放浪の音楽家たち

          家族単位で移動するロマやトラベラーズ、また放浪の音楽家たちは、常に社会の偏見にさらされてきたため、これまで正確に知られていなかったり、正しく評価されてこなかったりしました。けれども、民衆の歌やダンス音楽を語る上で、ヨーロッパとイギリス諸島において、その音楽的展開に彼らが果たした役割はかなり大きなものでした。ハンガリー、イギリス、アイルランドにスポットを当てて、彼らの活躍ぶりを見ていきましょう! (注:インド・ヨーロッパ由来のロマとアイルランドのトラベラーズは別系統とされ、呼

          ロマ、トラベラーズ、放浪の音楽家たち

          フィドルクラブ大阪

          フィドルクラブ大阪(セッション練習会・月1のグループレッスン) 活動スケジュール: ■土曜クラス:第2土曜日 15:00~16:30〈90分間〉 3月9日、4月13日、5月11日 ■日曜クラス:第4日曜日 15:00~16:30〈90分間〉 3月24日、4月28日、5月26日 場所:難波CITY南館前多目的スペース(地図)大阪難波駅より徒歩3分 ※3月24日(日)は会場がKOKO PLAZA 大阪青少年センター(新大阪駅より徒歩7分→アクセス)になります。 参加費:各

          フィドルクラブ大阪