見出し画像

【機能アップデート】1paperの翻訳エンジンがDeepLに変わりました。

ファイマテクノロジー

本記事では、1paperの翻訳AI(翻訳エンジン)のアップデートについて報告します。

これまで、『論文翻訳AI 1paperの翻訳エンジンにDeepLを採用してほしい』、というお声を複数のユーザー様からいただいていましたが、このたび、翻訳エンジンをGoogle TranslateからDeepLへ移行しました。 DeepLは様々なメディアで高い評価を得る、高精度なAI翻訳サービスです。

DeepLの採用により、訳文が文中のコンテクストにおいてより自然で、かつ読みやすい日本語になったと感じていただけると思います。

論文翻訳AI 1paperは、アップロードしたファイルをまるごと翻訳できる、論文に特化した自動翻訳サービスです。1paper独自の技術により、1文ずつ文章をコピー&ペーストしたり改行削除したりする手間をかけることなく、表やグラフ以外の文章を自動で連結して日本語化します。また、翻訳結果をWordファイルとしてダウンロードすることや、マイページに保存しておくことが可能です。

新しい翻訳エンジンの導入でますます便利に

以前は機械翻訳の精度も十分でなく、さらに原文(英語)で読む事を重視する風潮などを理由に、AIによる自動翻訳を許容しない雰囲気もありましたが、最近は学生さんも含め、DeepLなどの無料ツールを使って効率的に文章理解を目指すことが定着してきました。英語が苦手ではない人でも、母国語版記事を参照すれば理解を深められる場合があります。
1paperは、英語論文を読みやすくすることで、研究開発に集中できる環境づくりをサポートしたいとの思いから、AI技術者自身が、自分と想いを同じくする技術者・研究者のために開発したツールです。

1paper でDeepL版の翻訳機能を利用するのに追加料金はや設定は必要ありません。ぜひ、リニューアルした翻訳品質をお試しください。

※2022年7月1日以前の翻訳結果は従来の翻訳AIを使用したものです。同じファイルを再翻訳してもDeepLによる結果は得られませんのでご了承ください。

1paperの無料トライアルはこちら

毎月2本以上論文翻訳される方はこちら


ファイマテクノロジー
株式会社ファイマテクノロジーは『テクノロジーで働くヒトを助ける』をミッションに、AI(人工知能)、ディープラーニングを活用したサービスや人材育成支援を提供する名古屋発のスタートアップです。