日々の営み01

日々の営み。

若葉の勢いが凄まじい。花見に浮かれていたのが遠い昔のようだ。

自然は、今日も粛々と時を刻んでいるが、熊本を中心とする地震被害は、日を追うに従って拡大している。友人知人の中には、現地入りして支援に当たっているケースも多い。僕はようやく自ら関わるプロジェクトで、ひとつの支援の仕組みを提案したところだ。

こうした空気に包まれると、僕らは得てして自粛ムードになる。その憐憫の情は尊ぶべきものだが、感情以外の視点で言えば、実はマイナス面は数知れず。震源地から少し離れたわが日田市でも、宿泊や飲食のキャンセルが相次いでいる。被災した人々をおもんばかって、経済のサイクルまで鈍化させて、結果苦しむ人が増えるというのは、はていかがなものか。
僕自身、数年前の日田周辺を襲った水害で、2回避難を経験した。しかし、その時世間の皆さんに自粛して欲しいなんて、これっぽっちも思わなかった。不幸にも訪れた災厄。当事者も、周辺も、そこからの早急の回復を願うのだが、それは日常への回復に他ならない。日々の営みの大切さをいまこそ思い返そう。日常、それは僕らが拠って立つところなのだ。

今日は、COOP WEBLABOの戦略会議。夜は、ヤブクグリの会議だった。

画像1

・大地を揺らした恐ろしい自然も、美しい若葉を繁らせる自然も同じもの。

画像2

・戻るべき日常を護ること。振幅の起点たる日常を中心に置くことが肝要。

画像3

・夜明けは必ずやって来る。明けない夜はない。希望と共に歩いて行こう。


事業プロデューサー/クリエイティブディレクター/コピーライター/福岡デザイン専門学校特任講師/大阪芸術大学客員教授/ブンボ株式会社代表取締役/ヤマメのフライ釣り師/鮎の友釣り師。大分県日田市在住。https://bunbo.jp/

この記事が入っているマガジン

プロデューサーはペテン師か?

  • 260本
プロデューサーはペテン師か?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。