マガジンのカバー画像

noteの使い方を学べる勉強会の一覧はこちら

53
noteの使い方に悩むクリエイター向けのnote勉強会の開催予定をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

【参加無料】創作についてまなべる勉強会を定期開催しています

定期的に、noteをもっとたのしむための勉強会をオンラインで開催しています。毎週、さまざまなテーマごとに開催しているので、目次から、ご自分の気になる回を探してみてください。 【7/4(月)13時 / 20時】だれでもサブスクがつくれるnote新機能「メンバーシップ」の説明会を開催しますだれでもnoteで月額制サブスクリプションをつくれる新機能「メンバーシップ」。プラン審査のお申し込みが7/1(金)に始まります! 7/13(水)のリリースに向けて、開発チームより機能や活用イメ

スキ
791

【アーカイブ公開中】今、世界のサッカーはどうなっているのか。欧州サッカーの現状と日本のこれからの立ち位置を解説する「#noteサッカー勉強会」を開催します。

2022年11月に開催されるサッカーワールドカップ。フットボールファンの方はもちろん、普段サッカーを見ないスポーツファンであっても楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。 そこで、noteではサッカーをより楽しく、詳しく見るための「#noteサッカー勉強会」を開催します。本大会に向けて、サッカーを楽しむための準備をしましょう! 5月27日(金)20時から開催する第1回は倉敷保雄さん、小澤一郎さん、中山淳さん、粕谷秀樹さんをお招きして、目前に迫った欧州チャンピオンズリ

スキ
135

【アーカイブ公開中】 学校関係者向け note勉強会を開催します!

2022年5月12日(木)、学校関係者のかたに向けてnoteの活用方法をご案内する、note勉強会を開催します。 ▽アーカイブはこちらからご視聴いただけます noteでは2020年から「学校支援プログラム」を提供しています。小学校・中学校・高等学校・特別支援学校を対象に、法人向け高機能プラン「note pro」を無償提供するプログラムです。2022年3月末時点で、108校のnote proアカウントが開設されています。 ホームページとしての利用から、探究学習やICT教育

スキ
60

【4/20(水)20時】ビジネスパーソンのためのnote勉強会を開催します!一緒に入社エントリや今年度の目標を書いてみませんか?

4月から新年度がはじまりますね。 新社会人の方や、新天地での仕事が始まる方など、新しい環境に身をおくひとも多いと思います。 4月からの新生活を応援するために、4月20日(水)20時から、ビジネスパーソンを対象に、おすすめのnote活用方法をお伝えする勉強会を開催します! 前半では、仕事やキャリアに役立つnoteの活用方法を、具体的な事例をご紹介しながら説明します。企業名や本名を出して発信するときに気をつけたいポイントなども、お話しする予定です。 後半は、ワークショップを

スキ
45

【アーカイブ公開中】「クリエイターの仕事に役立つ法律知識」講座を開催します!#安心創作勉強会

インターネットで発信するときに必要な知識、考え方を学ぶ、オンライン勉強会シリーズ「安心創作勉強会」。 第四回として、弁護士でしろしinc.CEOの山田邦明さんを講師にお迎えし、創作活動に関連した法律知識を集中的にまなぶ勉強会を開催します! 今回の勉強会で扱うのは、クリエイターなら知っておきたい法律知識。 知っているだけで仕事の幅を広げることができたり、自分の作品の権利を守れたり。実用的な知識を初心者向けにわかりやすく解説します。 たとえば、、、 ・作品を創った瞬間に手

スキ
118

【2/1(火) 20時】noteサブスク説明会──有料配信、コミュニティ運営のはじめかたと参考事例

noteには「定期購読マガジン」「サークル」という月額課金制(サブスクリプション)でコンテンツ販売やコミュニティ運営をするための機能があります。すでにnoteでアカウントをお持ちの方は、新たにアカウント登録をする必要がなく、手軽にはじめることができます。 これらの機能を活用して、有料メルマガやファンクラブ、オンラインサロンなどをはじめてみたいひと向けの説明会を開催します。 説明会は毎月第一火曜日に定期開催しますので、ご都合のあう日程にお申し込みください。 【説明会の内容】

スキ
94

※終了|noteやTwitterの発信力を上げる「#イベントレポート講座」

こちらのイベントは終了しました。ご視聴いただいたみなさん、ありがとうございました!アーカイブ動画は、下記よりご覧になれます。 noteやSNSで、魅力を伝えきれずもどかしい。 多くの人に読まれる文章力がほしい。 そう思うことはありませんか? オンライン配信のイベントが増えている今、その様子や見どころを書く「イベントレポート」は、読者ニーズも高く、発信力を上げたい人におすすめの練習チャンスです。 そこで、今回は、noteやTwitterで発信力を上げたい人向けのイベントレ

スキ
122

※終了|【10/7(木)20時】「30分で記事を書く準備ができるワークショップ」を開催します!

「記事を書きたい!」と思っていても、なかなか書きはじめられないときが、誰にでもありますよね。 そんな方に向けて、みんなで集まって記事を書く準備をするワークショップを10月7日(木)20時から開催します! 30分間のワークショップで、みなさんが書きたいと思っているテーマを掘り下げ、記事の切り口を見つけ、構成をつくることをお手伝いします。 当日は、noteのディレクターが、スライドを使って考えるポイントをご説明。みなさんには、チャットを通し、ご自身ならではのテーマ、考えたこ

スキ
53

※終了 VRを楽しむ人向けの #note勉強会 を開催します!【9/16(木)20時】

VRの技術を使って映像などの作品を制作している人をはじめとした、VRにかかわるすべてのクリエイターに向けて、9月16日(木)に「VRを楽しむ人向けのnote勉強会」イベントを開催します! 株式会社HIKKYは、世界最大規模のVR(仮想現実)イベント「バーチャルマーケット」を運営しています。当日は、バーチャルマーケットのアートディレクターを務めるHIKKYのさわえみかさんに、VR業界の最新情報についてお話いただきます。 後半では、noteディレクターの並木さんより、個人クリエ

スキ
38

※終了【9/1(水)20時】安心創作勉強会 第2弾「クリエイターが知っておきたい 仕事受注のきほん」を開催します

こちらのイベントは終了しました。 アーカイブ動画はこちらからご覧いただけます。 参加者の感想 noteを含めインターネットで発信するときに必要な知識、考え方をまなぶ、オンライン勉強会シリーズ「安心創作勉強会」。 著作権をテーマにお届けした第一弾に続き、第二弾として『クリエイターが知っておきたい 仕事受注のきほん』を開催します! 依頼主と直接仕事のやり取りをするフリーランスでは、仕事の請け負い方や進めかたが特殊です。あたらしくフリーでの仕事をはじめた方などは、慣れないな

スキ
173

【8/30(月)20時】noteサブスク説明会をオンラインで開催します。

noteには「定期購読マガジン」「サークル」という月額課金制(サブスクリプション)でコンテンツ販売やコミュニティ運営をするための機能があります。すでにnoteでアカウントをお持ちの方は、新たにアカウント登録をする必要がなく、手軽にはじめることができます。 これらの機能を活用して、有料メルマガやファンクラブ、オンラインサロンなどをはじめてみたいひと向けの説明会を開催します。 説明会では、それぞれ機能の概要や事例、はじめるときに考えてほしいことなど、継続するために必要なステッ

スキ
36

※終了【9/8(水)19時】すきなnoteを紹介しあい、楽しむイベント『第一回noteビブリオバトル』を開催します!

「noteを読むのがすき」というみなさん!そのnote愛を思いきり語り合ってみませんか? 9/8(水)に、『第一回noteビブリオバトル』をオンラインで開催します! ビブリオバトルとは、参加者同士で自分の気に入った本を持ち寄り,その本の魅力を紹介し合うゲームです。今回はそのnote版。 3分間の持ち時間で、あなたのすきなnoteについて、自由に紹介してください。参加者で投票を行い、いちばんすてきな紹介をしてくれた方には、noteからささやかながら賞品もプレゼントします。

スキ
99

【8/10(火)20時】「30分で記事を書く準備ができるワークショップ」を開催します!

「記事を書きたい!」と思っていても、なかなか書きはじめられないときが、誰にでもありますよね。 そんな方に向けて、みんなで集まって記事を書く準備をするワークショップを8月10日(火)20時から開催します! 30分間のワークショップで、みなさんが書きたいと思っているテーマを掘り下げ、記事の切り口を見つけ、構成をつくることをお手伝いします。 当日は、noteのディレクターが、スライドを使って考えるポイントをご説明。みなさんには、チャットを通し、ご自身ならではのテーマ、考えたこ

スキ
56

【7/29(木)20時】漫画家・イラストレーター向けの「noteマンガカテゴリ勉強会」を開催します!

7月29日(木)20時から、漫画家・イラストレーターを対象にした、noteを活用したインターネットでのコンテンツ発信の方法をお伝えする勉強会を開催します! noteでは、創作マンガやコミックエッセイなど、たくさんのマンガが毎日投稿されています。マンガカテゴリのページもリニューアルされ、みなさんの作品がより多くのひとに届く仕組みづくりもはじまりました。 今回は、「noteでコンテンツを投稿しているけれども、なんだかうまく読者に届いていないな」とお悩みのひとや、「マンガやイラ

スキ
44