見出し画像

iPad Air 5 を使い始めて僕が感じるメリット4選

開発の本質

最近長文が多くなる傾向にあったのでサクサクいきます。

4月にiPad Air3からiPad Air5に買い替えました。そこからの変化です。


■書いて考えることが増えた

頭の中のことをブワーっと書き出すことで自分の考えていることが整理できて、「やりたいこと」と「やるべきこと」が体系的に捉えらえる。

この点に魅了されて、特にiPad Air 5を買ってからは「書く」ことが増えました。

「書いて考えること」「書きながら考えること」が増えた感覚です。

これは「やりたいこと」から「そのためにやるべきこと」を体系的に導き出せるのでスムーズなアウトプットに繋がると感じています。

ここは余談ですが…Apple Pencil第2世代。

僕は絵を描かないし、別に純正のApple Pencilではなくとも文字書くだけならサードパーティー製の安価なものでいいかな、とか最初は申してましたが…

いや、純正はやはりいいです。サードパーティー製には戻れない…

この点も「書く」ことに対してより前向きになった理由かと思います。


■以前に考えていたことを見直すことが増えた

メモアプリやノートアプリに書いたこと(ブレスト的な?マインドマップ的な?)を簡単に、むしろ自然と残しておけるので、ある一定の期間をおいて見直すこともあります。

紙に書いたものなら見返すこともなかったメモも、iPad内で簡単に見返すことができるのが良い点

紙のノートや手帳使ってた時期でもそういうことはありましたが、ノートが2冊目を迎えると寸断される。また、やっぱり見返す頻度で言うとiPadでのメモの方が圧倒的に多いです。

というか、そのアプリを使うと自然と目に入るんですよね。以前書いたものが。

「あー…残ってんなあの時のアレ。。。」

目にするたびに思うわけです。

でも、いつの日か「あ!これならイケるかも⁉︎」ってなるのを待ってるに近い…

煮詰まったアイデアをずっと頭の片隅に置いておく感覚に近いです。本当に頭の片隅に置いておくだけだと「いつか忘れる」のだけど…そうはならないのが良いところ。

単純にLogとしても「見直す行為」は楽しいですけどね!

以前考えていたことが案外悪くないと感じたり…
むしろ考えが甘すぎて「その時」と「現時点」での自分の成長を感じたり…

そういう自分Logです。


■本を読むだけじゃなくて『読書メモ』を取るようになった

読みながらメモを取ることの利点。

読むだけじゃなく書くことで記憶の定着が全然違います。

より効果的にアウトプットに繋げられる!

読みながら書く、おすすめです。最初は大変だけど、慣れればそれすら楽しいです。

■欲しかったものを使う、仕事に活かすことでさらに前向きに仕事に向かえている!!

好きなものを使うと仕事もさらに楽しい。

何より…

何かに手を付けたくなる、何かやりたくなるんです。iPad使って。

「やらないと行けないワケではないけどやりたいこと」に1番スムーズに取り掛かれる感覚です。

これは相乗効果でもあるんですが…

他にできることはないか?と知りたくなる!やりたくなる!

そして新しい知識をインプットして実際に活用してみて…

これ便利だなぁ、が嬉しいんです。

色んな仕事に良い変化をもたらしてくれます。


■これからやってみたいこと 〜with iPad〜

①3DCGを学びたい!
②NFTをもっと知って1歩踏み出したい!
③DX推進とは?もっと学ぶことで活かしたい!
④地元・高知で自己実現できることって何かあるのか?と考え中…学びをiPadで!
⑤先日実家で言われたことなのだけど…所有している土地にいい杉が育っていると…。何か作って形にしたい、とぼんやり考えております。
⑥父の趣味の「高知城周辺の木・植物の成長記録」をiPad管理する方法を模索中…

ざっと今はこんな感じでしょうか!

やりたいことはたくさんあります!
iPadなら可能性は無限大とも感じています!


使うこと自体が楽しい。
こういうデバイスがあるってことは自分にとって幸運なことと感じています。

ほんと魅力溢れた不思議な板(Pad)です…

この記事が参加している募集

スキしてみて

おすすめガジェット

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!