開いているピアノ
見出し画像

開いているピアノ

サマースクールが終わった。
8歳から21歳までの若きピアニストたちが
轟千尋先生の音楽劇「わたし、ピアノすきかも」の舞台を目指して、音作り、役作りに挑んだ6日間。

画像11

だいたいの曲は夏休み前に渡していたけれど、
休み中はレッスンのないフランス‥‥

初日に個人レッスンで譜読みをし直し、
全員で台本読みをして

3日目からは
皆で意見を出しながらリハーサルを重ね、
どんどん形にしていった。

画像3


サマースクールの醍醐味はたくさんあるけれど、
特に毎年実感する点がふたつある。

ー 毎日何度もピアノに向かうことで、
日々のお稽古の大切さを実感する。

ー 皆で一緒に頑張ることで普段以上の力を発揮する。

ピアノという孤独な楽器も、
一緒に聴きあったり
弾いたりすることで刺激を受け合い、聴く力や
曲を仕上げるスピードがぐっと上がる。
これまでにチェロやクラリネットなど
他の楽器との講習会もしてきたけれど、
ピアノだけでも楽しめる方法はたくさんある。

画像6

特にこの音楽劇の楽譜には
物語に沿って
効果音を入れたり、
ソロの曲に少し音を足して連弾の喜びを味わうことが できたり、

と皆で楽しめるオマケがたくさん付いていて嬉しい。

効果音では「落とす」「転ぶ」「叩く」など
実際の音と聴き比べながら
弾き方を工夫するということを覚えた。

少し音を加えて簡単にできる連弾をしていたら
ズルい!私もしたい!という子がいて
小さな鉄琴を加えたり、アレンジもどんどん広がる。

劇にも全員が参加できるように
ナレーターや配役を決めた。
シナリオを読みながら

「今、読みながら自然に状況や気持ちを
読み取って声の出し方を変えたよね?
点や丸で息つぎをしないと、何言ってるかわからないし、苦しいよね?
音楽も同じ、譜読みしながら
意味を汲み取って、すぐに音色を変えよう。
フレーズがわかったら息つぎもしよう。」

というと、皆ハッとした顔ですぐに反応した。

画像4

( 日本語も書いてくれた!)

画像5

たかきみやさんの温かい素敵なイラストも
プロジェクターで写すことにした。
リハーサル中、大画面のイラストに
小さな子達が、C’est beau セ・ボー!きれい!

と見惚れていて可愛いかった。

弾きながらナレーターを聞き、絵を見ることで
緊張せずに物語に浸れた、という子もいる。

画像7

そして迎えた本番。

くまさんの上着、猫耳、妖精さんの羽、

などアクセサリーも自ら持ってきて、

役名で呼び合い、

「わたし、ピアノすきかも」の世界に

すっかり入り込んでいる。

主役は、マリルーちゃん、

自慢の金髪をミミと同じ髪型にし、

長い台詞もぜんぶ覚えて、役になりきっている。

画像7

観客席の親御さんからも拍手喝采、

なんて素敵な作品、とたくさん嬉しい言葉を頂いた。

画像8

さて、音楽劇の最初の方に

「とじたままのピアノ」という小さな曲がある。

弾いてもらえないピアノの悲しみ、

淋しさの表れた曲で、たった2段なのに

メロディもハーモニーも心に沁み、 

感情を込めて弾く勉強ができる。

画像9

コンサート前に、ある女の子が

こんなプレゼントを贈ってくれた。

「私のピアノがまだ開いているのは

あなたのおかげです」とあって

Googleで訳したという日本語もついている。

一日中のサマースクール後に、夜おうちで

作ってくれたのだそうだ。

思わず涙が込み上げた。

そうか、皆のピアノを開けておく、

それが私の仕事なんだな

と、思った。

画像10

どうしても実現したかった企画に

楽しく取り組んでくれた講習生の皆、

翻訳、舞台づくりに協力してくれた家族や友人に感謝!

轟千尋先生、Mimi in France 🇫🇷 、一歩前進です。

画像11








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
M E R C I 😆
南フランスの小さな村にピアノ教室をひらきました。 音楽、本、ヨガの暮らし。